日々の贈り物(私の宇都宮生活)

aprodite.exblog.jp
ブログトップ

那須 二期倶楽部 ~早春期宿泊でちょっとリーズナブルに~

これは2ヶ月も前の記事。
なかなかアップするタイミングがなかったのでようやく。

e0227942_21184257.jpg
栃木県に来て、噂には聞いていた二期倶楽部。
ここで開催されるイベント「山のシューレ」は訪れた事があるけれど、宿泊は初めて。
今回は友人のツテでちょっとリーズナブルに宿泊できると言うので5人で訪れた。
この時期、本館はクローズしているので、東館でのチェックイン。


e0227942_23131833.jpg
手続きが済むのを待つ間、スパークリングワインのサービス。


e0227942_23153440.jpg
案内されてコテージへ。
5人なので、2階建てと平屋のコテージをコネクティングで使用することに。


e0227942_23240167.jpg
2階建てのほうは吹き抜けのリビングで凄く天井が高い。
床暖房が2階のフロアにまで入っていてとても暖かいし。


e0227942_23245561.jpg
こちらが平屋のほうのリビング。
奥に見えるソファがベッドになる。


e0227942_23254659.jpg
ベッドはこんな感じ。
シンプルだけれど、ちょっとしたところに工夫がしてあって使い易い。


e0227942_23265029.jpg
館内着とパジャマとソックス。
この季節にこのパジャマでは寒くないかと思ったけれど、十分だったわ。


e0227942_23284879.jpg
外に出る時に羽織れるようなコートも付いて。
食事とか、大浴場とかみんな外を歩かないとたどり着けないので、このコートは便利だったわ。


e0227942_23303558.jpg
一通り備品を確認したら、再びリビングへ。
ウエルカムメッセージと


e0227942_23311890.jpg
フルーツとスパークリングワインが用意されていて感激。


e0227942_23332077.jpg
翌朝、少し早めに起きてチェックインの時に予約しておいた朝の散策に参加。


e0227942_23342557.jpg
案内してくださるスタッフさんの説明を聞きながら広い敷地を歩く。


e0227942_23350058.jpg
平地ではとうに咲き終わった福寿草がこれから。


e0227942_23355034.jpg
温室ではキッチンで調理される野菜が育っている。


e0227942_23363304.jpg
途中で見かけた不思議な形に削られた木の実はリスがかじったものだとか。
ここの森にはリスが棲息しているそうだけれど、その姿は見られなくて残念。


e0227942_23381503.jpg
散策して少しお腹がすいたところで朝食。
テーブルに用意されているのは新鮮な卵。
事前に洋食か和食かを選べたので、和食を選んでおいたのだけれど


e0227942_23400022.jpg
その前に、こちらで好きなものを好きなだけどうぞと。


e0227942_23403650.jpg
飲み物は・・・とチェックしていたら、またしてもスパークリングワインを発見。
朝から目が覚めそうね。


e0227942_23412715.jpg
そんな訳で、スパークリングワインに合いそうなものをチョイス。
ここは控えめにしておかないとね、和食セットがどのくらいの量か分からないし。


e0227942_23425246.jpg
2段重でやって来た和食セット。


e0227942_23432978.jpg
俯瞰で見るとこんな感じ。
ご飯はお粥か白米かを選べたのでお粥にしてみた。
おかずは少しずつ色々なものが食べられて、しかもどれも私にちょうどいい味付けで嬉しいわ。


e0227942_23452963.jpg
私にとって、一日分の食事を摂ってしまったかも・・・と言うほどの量。
お腹が苦しくて動けません(><)


e0227942_23464482.jpg
そんな訳で、前夜、夜食用にと持って来ていただいたいなり寿司は、友人に持って帰ってもらったわ。

ここのスタッフは皆さん接客が素晴らしく、滞在中本当にリラックスできて大満足。
ホスピタリティって凄く重要な要素ね。もちろん金額もそれ相応だけれど。
次は夫と一緒に泊まれたら良いなぁ。

二期倶楽部の公式サイトはこちら


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)





by vivian-style | 2016-05-12 23:56 | お出かけ・名所 | Comments(0)

素敵な時間を過ごせますように


by vivian