日々の贈り物(私の宇都宮生活)

aprodite.exblog.jp
ブログトップ

宇都宮乾杯ダイニング わいん ~上質な月替わりのランチ~

これは11月末に訪れた時の記事なので、今月はメニューが変わっていると思います。

e0227942_22062499.jpg
夜は数回訪れた事があるのだけれど、昼間は初めてのわいんさん。
入口のドアの前では香が焚かれて客人を出迎える。


e0227942_22073338.jpg
こちらのランチは完全予約制で、おまかせコースのみ。
気軽にふらっと立ち寄れないけれど、普段とは違う雰囲気を味わいたい時にぴったりかも。

さて、カウンター席に通されて最初に出てきたのは炙りシメサバ(関サバ)の土佐酢ジュレかけ。
炙りシメサバの味はもちろんのこと、


e0227942_22145030.jpg
敷かれた野菜の味の良さと言ったら。
さっぱりとした酸味で食欲をそそるわ。


e0227942_22155499.jpg
タラの白子ポン酢仕立て。
和食にしては珍しく、ポン酢に少量のオリーブオイルも合わせているそうで。


e0227942_22180063.jpg
煮穴子の棒寿司。
添えられたスダチを軽く絞って食べるのも乙なもの。
煮穴子にスダチ・・・その発想はなかったわ。


e0227942_22192247.jpg
美しいお椀の蓋を開けると、ダシの良い香りと共に


e0227942_22214882.jpg
蟹真丈。
これ、先日の田母沢御用邸のイベントでもいただいたけれど、凄く好きな味なのよね。


e0227942_22241257.jpg
鯛の昆布締めを加減酢と共に。
こうして改めて見直すと、さっぱり系の味付けが多いわね。
こってり系は胃もたれしてしまうので、とても助かるわ。


e0227942_22270097.jpg
鰆の味噌幽庵焼き、カブの唐揚げ、シメジの旨煮、カラスミ、ユリ根、揚げ銀杏。
いかにも秋らしい一皿。
それにしても、何皿出てくるのかしら・・・少量ずつとは言え、食べ切れるのかだんだん不安になってきた。


e0227942_22301456.jpg
海老芋、あわ麩、スケトウダラの卵の炊き合わせ。
ほうれん草とユズが彩を添えて。


e0227942_22322656.jpg
蟹とシメジと青海苔の炊き込みご飯がちょうど炊き上がった。
蓋を開けるといい匂い! こういう演出も良いわね。


e0227942_22341601.jpg
おかわりもできますよと声を掛けていただいたけれど、それは止めておきましょう。
炊き込みご飯と香の物とお味噌汁ですっかり満腹。


e0227942_22385536.jpg
食後に出していただいた黒蜜入りの水ようかん。
うかがったら、天草を煮出して寒天を作るところから・・・の「水ようかん」だったそう。
ランチのデザートでそれは手間をかけすぎでは?


e0227942_22404929.jpg
もくもくと真面目な店主の中村さん、ごちそうさまでした。

営業時間 昼12:00~ 夜18:00~ 火曜定休
宇都宮市駅前通り1-2-9 シティ第一ビルB1  TEL.028-666-4446


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2016-12-13 22:43 | 平日ランチ | Comments(0)

素敵な時間を過ごせますように


by vivian