日々の贈り物(私の宇都宮生活)

aprodite.exblog.jp
ブログトップ

2017年 04月 30日 ( 1 )

桜の季節の京都は凄く混んでいるので敬遠しがちだけれど、ソメイヨシノが終わった直後は凄く快適。
この日はとっても頼りになる友人と一緒に京都散策ツアー。(これは4月25日に訪れた時の記事です)

e0227942_18144832.jpg
まず最初は、関東の人には殆ど馴染みのない原谷苑。
ここは花の開花状況によって入苑料が変動する。ピーク時が1500円。私達が訪れたときが800円。
それでも辺りの空気が薄桃色に染まるほどのシダレ桜の競演で見事!


e0227942_18221416.jpg
この広く美しい庭園が、個人のものであるとは俄かに信じがたい。
当初は身内だけでお花見をしていたそうで、やがて評判となり桜・梅・紅葉のシーズン中だけ一般公開しているとか。
因みに梅と紅葉のシーズンは無料だそう。


e0227942_18255197.jpg
駐車場がないし駅からもちょっと遠いのでアクセスはあまり良くないけれど、鳥のさえずりを聞きながら夢のような庭園を歩いていると心が軽くなるような。
観光客も殆どいないただただ静かで美しい場所。

因みに私たちは阪急西院駅からタクシーで訪れました。

原谷苑
京都市北区大北山原谷乾町36  TEL.075-461-2924
開苑時間 9:00~17:00(受付~16:30)


e0227942_18325727.jpg
原谷苑を後にして向かうのは仁和寺。
舗装された約2kmほどの山道を歩く。新緑が気持ちいい。写真は桜だけれども。


e0227942_18362937.jpg
ようやくたどり着いた世界遺産の仁和寺(にんなじ)の東門。


e0227942_18432864.jpg
中はこんなに広い~! 全部はまわりきれないからポイントだけ。


e0227942_18494111.jpg
重要文化財の五重塔は、上層から下層にかけて幅にあまり差が見られない姿が特徴だそう。


e0227942_18513082.jpg
国宝の金堂。
慶長年間造営の御所内裏紫宸殿を寛永年間に移築。
宮殿建築を伝える貴重な建築物だとか。


e0227942_18545487.jpg
これは通称「泣き桜」
京都の春の終わりを彩る遅咲きの桜で、御室桜の中で最後に咲くと案内にある。
しかも、この桜は仁和寺以外では育てられてなく境内にもこの一本しかない珍しい桜と。
そう言われて見れば、どこか儚く一層美しいものに見えてくる。
実際、この枝ぶりは珍しいし花も上品で愛らしい。


e0227942_19001320.jpg
最後に重要文化財の二王門。


e0227942_19021130.jpg
こちらは門の中で睨みを利かせる吽。


e0227942_19042101.jpg
無人の御室仁和寺駅から嵐山へ。
切符はどうするのかと思ったら、均一料金なので乗換えで降りる時に支払うシステム。


e0227942_19070223.jpg
あらぁ・・・嵐電の嵐山駅が随分と変わっていてびっくり! この円柱のライトは?
「キモノフォレスト」という600本の京友禅の光林だそう。


e0227942_19095700.jpg
とりあえず、渡月橋を渡りながらこの景色を見て公園で一休み。


e0227942_19115264.jpg
再び橋を渡って周辺を散策。どこへ行っても緑が綺麗~。そして観光客は少ない。


e0227942_19133418.jpg
有名な竹林を通り抜け


e0227942_19141601.jpg
何となくレトロな町並みを歩き


e0227942_19151522.jpg
途中、稲の絶品黒本わらび餅に舌鼓を打ち


e0227942_19175458.jpg
夕方の嵐電嵐山駅をチェックして大阪へ戻る。
この日、実に13kmも歩いていましたよ。さすがにちょっと足が棒。

ソメイヨシノは終わっていたけれど、八重桜や遅咲きの桜はまだまだ綺麗だったので、新緑も楽しめるこの時期がベストなんじゃないかと思うくらい。
観光客も少ないし。←ここ大切。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-04-30 22:04 | お出かけ・名所 | Comments(0)

素敵な時間を過ごせますように


by vivian