日々の贈り物(私の宇都宮生活)

aprodite.exblog.jp
ブログトップ

2017年 05月 04日 ( 1 )

いただいたチラシのタイトルにある「あわい」とはどんな意味だろうと調べました。
あわい《間》人と人との間柄、モノとモノとの間、コトとコトとの時間的な間。by goo辞書

e0227942_10372211.jpg
この日、南宇都宮の悠日カフェで開催された朗読と音楽と人形によるセッション。
朗読と音楽の組み合わせはよくあるけれど、そこに人形が加わるとどうなるのか凄く楽しみ。


e0227942_11075005.jpg
開演。満席で、皆さんの期待の高さがうかがえる。


e0227942_11104422.jpg
夏目漱石の夢十夜から第一夜。
朗読は「私、死にます」と始まる。観客は一気に夢十夜の世界へ。
主人公の女性にも男性にも見える人形の動きが妖しく艶やかで目を離すことができない。


e0227942_11225184.jpg
第九夜。人形は幼い子へと変わる。
動きはまさに幼児のそれで、幾多の糸をよどみなく操る人形師の山本由也さんは人形制作もされているそう。


e0227942_11264351.jpg
朗読は青木ひろこさん。
いつも素晴らしい朗読で、物語の持つ世界を更に広げてイメージとして聴衆に伝えられる力に感動させられる。


e0227942_11300478.jpg
音楽はアコーディオンの藤野由佳さん、マリンバとパーカッションの佐藤由香さん。
二人の演奏に合わせて


e0227942_11321172.jpg
いたずら好きな妖精が箱の中から登場。
最初は舞台の上で自由に遊びまわっていたのだけれど、やがて客席に下りて


e0227942_11332948.jpg
観客で遊び始める。


e0227942_11352378.jpg
再びステージに戻ってもこの通り。
コミカルな場面の次は一転して


e0227942_11364970.jpg
薄物をまとった手足の長いどこか憂いを秘めたように見える彼女の物語。


e0227942_11380654.jpg
風のようにふわりと宙を舞い、


e0227942_11384705.jpg
しなやかに踊る。
幻想的な美しさに、私はただただ見とれるばかり。


e0227942_11444350.jpg
休憩後「プラテーロとわたし」から抜粋の朗読が始まる。


e0227942_11462580.jpg
「プラテーロ」「パセリのかんむり」とロバのプラテーロの楽しい話が続く。
4本の脚、耳や目や口、動かさなければならないパーツが多すぎるのに操る山本さんの表情は殆ど変わらない。


e0227942_11505652.jpg
「月」そしてプラテーロの「死」


e0227942_11520526.jpg
青木さんの声が心に響く。


e0227942_11530037.jpg
「憂愁」プラテーロの魂が昇華されていくように


e0227942_11535545.jpg
聴衆も救われる。


e0227942_11543699.jpg
素晴らしい舞台をありがとうございました。
本当は皆さんに色々お話をうかがいたかったのですけれど、外では突然の雷雨。
急いで帰らないと。

後日うかがったらリハーサルは一度きりだったそうで、よくあれだけ合わせられたものだと感心せずにはいられない。
今秋、京屋茶舗でアコーディオンの藤野さんと朗読の青木さんによるコラボもあるそうですよ。
興味がありましたら足を運んでみてくださいね。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-05-04 22:03 | イベント・セミナー | Comments(0)

素敵な時間を過ごせますように


by vivian