日々の贈り物(私の宇都宮生活)

aprodite.exblog.jp
ブログトップ

2017年 06月 25日 ( 1 )

e0227942_00174067.jpg
8月26日に朗読会を開催する阿部早苗さん。
会場は駅東の呉服店 伊澤屋さんの2階で、雰囲気を盛り上げるために和灯屋さんの灯りをお借りすると言うので同行させていただいた。
(こちらの照明で有名なのは、南宇都宮の悠日カフェのステージに飾ってある大きな月ですね)


e0227942_00242253.jpg
まず、様々な灯りを見せていただく。
これはゴジラじゃなくて、小さいからコジラ。
針金の骨組みで不織布を貼ってある。


e0227942_00252381.jpg
球形に形作った和紙の外側にコウゾで枠を作る。
コウゾの枠は見かけより丈夫でメンテナンスもさほど難しくないとか。
和紙のムラによって、肉眼で見ると球体が満月のようにも見える。


e0227942_00283602.jpg
作家は鎌田泰二さん。
遊び心とアイデア溢れる作品の数々に、時間を忘れて見入ってしまう。


e0227942_00304572.jpg
こちらは趣味で作っているバードマンたち。
人形の材質によって調整が必要なようで、すごく熱心に取り組んでいるのが見て取れるのだけれど・・・趣味ですよね?


e0227942_00350833.jpg
鎌田さんは知識を出し惜しみされないので、聞いたら何でも教えてくださる。良いのかしら。


e0227942_00355471.jpg
これは通常使用している「タイコウゾ」
日本のコウゾは高価なので、安価なタイのものを使っているそうですよ。


e0227942_00373238.jpg
そのコウゾを広げると、こんな風にまるで布のようになっている。
これを叩いて繊維を短くしてから紙漉きをするそうで。

こうして話をうかがっている間にも電話やメールで仕事の依頼が入ってくる。


e0227942_00400673.jpg
そんなお仕事の一つが、宇都宮の灯ろう流し。

7月12日は宇都宮が空襲を受けた日なので、その犠牲者を追悼する灯ろう流しに鎌田さんの作ったこの黄鮒を流すんですって。
その他にも市民の皆さんの作った手作り灯ろうも流すそうで、鎌田さんの指導する手作り教室を7月1日(土)13:00~宇都宮中央生涯学習センターで開催。
親子での参加歓迎とのことなので、興味がありましたら6月28日(水)までにピースうつのみや(TEL.028-621-8778佐藤)へお申し込みくださいね。

過去の写真を見せていただいたら幻想的でとっても素敵だったので見に行きたかったのだけれど、その日はどうしても都合が付かなくて。来年こそは・・・!


e0227942_00504846.jpg
さて、8月の朗読会当日はどんな照明になるのでしょう。
大森さんの三味線も入るし、今から楽しみで仕方ないわ。

和灯屋の公式サイトはこちら

そうそう、8月16~20日には小山市のまちかど美術館で鎌田さんの灯りやからくり人形が展示されるみたいです。
こちらも楽しみですね。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-06-25 22:02 | 雑貨・インテリア | Comments(0)

素敵な時間を過ごせますように


by vivian