日々の贈り物(私の宇都宮生活)

aprodite.exblog.jp
ブログトップ

2017年 07月 02日 ( 1 )

e0227942_15143371.jpg
6月最後の土曜日。梅雨とは思えないような晴天の日に栃木市の西方音楽館へ。
ここで横山博氏によるピアノリサイタルが開催される。それもドビュッシー。

直前に横山氏に会えたので撮影の許可をいただく。


e0227942_15353136.jpg
西方音楽館は小ぢんまりしているけれど上質なホール。
地方の田舎から世界に向けて音楽を発信したいという思いが込められているそう。


e0227942_16065628.jpg
この日使用するピアノはスタインウェイ。どんな音を奏でるのかしら。


e0227942_16222481.jpg
さらっとさりげなく演奏が始まる。
横山氏はクラヴィコードやチェンバロのテクニックを応用。音との対話が繊細で美しい。

《ベルガマスク組曲》
それぞれの曲の終わりが面白い。そう言えば、こんな風に切れる音を最近聞いていなかった。
後で音楽に詳しい友人に聞いたら、横山氏のペダル使いは楽譜(原曲)に忠実で派手に響かせたりすることはないとか。

改めて当日渡されたプログラムを読む。
フルート奏者の川上哲朗さんの書かれた文章が熱い。
特殊な効果を狙った場所以外、ドビュッシーの楽譜にはペダルの指示が全く書かれていないんですって。


e0227942_17193453.jpg
楽譜をめくるタイミングって難しそう・・・


e0227942_21445852.jpg
私にとって今回の目玉とも言える《海》
ドビュッシーによる4手ピアノ連弾版。共演は羽賀美歩さん。


e0227942_17303047.jpg
これはドビュッシー自ら「演奏不能です」と口を滑らせた曰くつきの編曲。
そんな難曲にも関わらず二人で合わせたのがたったの11日だったという話なのに、きっちり仕上げていて・・・さすがプロね。


e0227942_17274905.jpg
4つの手が鍵盤の上を縦横無尽に行き交う様はダイナミックで、かつ艶っぽい。


e0227942_17433981.jpg
演奏後の挨拶で一瞬握手を交わしたのに、自分の行動に照れたのかすぐに手を離してしまう横山氏。
まさかの行動にカメラが間に合わない。
それにしても素晴らしい演奏の上に眼福。


e0227942_17483071.jpg
休憩を挟んで《前奏曲集 第2集》
一気に駆け抜けるように12曲。
全曲感想をメモ書きしていたのだけれど、同じ印象の曲が一つとしてない。


e0227942_17542361.jpg
素晴らしい演奏に、鳴り止まない拍手!
アンコールは2曲。
私の隣に座っていた女性は感動で涙が出たそうで。


e0227942_17555887.jpg
本当に心からの賛辞を。これからの活躍が楽しみですね。


e0227942_17580557.jpg
終演後、横山氏の弾いた曲の楽譜を見せていただく。(これは友人の持っていた楽譜です)
小さい頃のバイエル止まりの私には、頭の痛くなるような音符たちでした。

横山博氏のブログはこちら
何故そのブログタイトルと副題?という突っ込みはさておき、演奏会のスケジュールや今回の川上氏の文章もありますので興味がありましたら是非。

西方音楽館の公式サイトはこちら


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-07-02 22:02 | イベント・セミナー | Comments(0)

素敵な時間を過ごせますように


by vivian