日々の贈り物(私の宇都宮生活)

aprodite.exblog.jp
ブログトップ

2017年 07月 03日 ( 1 )

6月24日(土)から7月10日(月)まで益子のつかもとギャラリー作家館で藤原郁三さんの個展が開催されています。

e0227942_21453790.jpg
とある平日の午後2時頃、ようやくギャラリーにたどり着いたら藤原さんが帰ろうとしているところ。
急いで駆け寄ってうかがったら「誰も来ないから帰ろうと思って」と。こらこら。


e0227942_21501386.jpg
おかげでご本人の解説付きでゆっくり作品を見て歩くことができたからラッキー。


e0227942_21545153.jpg
会場入口で優しく来場者を見守る薬師如来。
細長くて繊細。立たせたまま焼くのは大変そう。


e0227942_22225160.jpg
薬師如来の反対側で来場者を睨みつける邪鬼。
いい面構え。そして手足の何と力強く生き生きとしていることか。


e0227942_22300669.jpg
塚原さんの邪鬼は粘土の塊から彫り出しているので、凄く重い。

釉薬を使わず、あえて焼き物の原点である復元させた穴窯に薪をくべて焼く。
熱で溶け始めた粘土の表面に灰がかかり反応してガラス質に変わる。


e0227942_23145708.jpg
焼き物は窯から出すまでどう変化するか分からないそうで、作品になるのは全体の約1/3とか。
これは3回焼いたもので、より一層黒く色づき表面が融け始めている。
それがまた良い風合いとなって。


e0227942_23332188.jpg
藤原さんが邪鬼にこだわるには理由がある。

彼によると鬼には3種類あって、鬼に生まれたもの、鬼になったもの、そして鬼にさせられたもの。
元は仏教が興る以前のインドの位の低い神様だったのに、いつの間にか四天王の眷属として踏み台にされ、しまいに鬼にされ。

その鬼にされてしまった彼らの「今に見ておれ!」という気概を表情に込め、そして


e0227942_23542857.jpg
いつか解放して元の神様の姿に戻してやりたいと。

藤原氏は大阪出身。大学時代は日本画を学び、あの平山郁夫氏の第1期生。
日本画を学ぶうちに日本画の原点はエジプトの壁画であるとフレスコ画やモザイクを学び、やがて日本の文化に根ざしたものをと探しているうちに出会った陶壁。
仕事としての陶壁、そしてその材料を使って自由に創作できる邪鬼。


e0227942_00034680.jpg
30年前、邪鬼を作り始めた頃大腸がんになり、その後胃がん前立腺がんと。
でも、本人がそうと言わなければ全く気付かないほどお酒もたしなみ普通に食べ。
「ラクして良いことなんてない。苦労と思わずやりがいと思えば大変じゃなくなるよ」と優しく微笑む。

ほんの少し話をうかがうつもりが、気付けば結構な時間になってしまっていて。
お付き合いいただき、ありがとうございました。

彼の陶壁の作品は栃木県内の各所、鬼のオブジェは鬼怒川周辺、川治温泉ではかわじいが見られます。
今年8月4日には、鬼怒川温泉駅前の広場でSLの陶壁の除幕式があるそうですよ。


e0227942_00150303.jpg
実物の質感は写真ではなかなか伝わりにくいですね。
10日(月)まで個展が開催されていますので興味がありましたら足をお運びください。
木曜日はお休みです。

つかもとギャラリー
益子町益子4264  TEL.0285-72-6634
開館時間 9:00~17:00

いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-07-03 22:02 | イベント・セミナー | Comments(2)

素敵な時間を過ごせますように


by vivian