日々の贈り物(私の宇都宮生活)

aprodite.exblog.jp
ブログトップ

2017年 10月 06日 ( 1 )

e0227942_21581592.jpg
先週の土曜日(9月30日)、栃木県総合文化センター3F古典芸能練習室で朗読家の青木ひろこさんが指導する「木の実」の朗読会が開催された。
舞台美術が宮沢賢治の世界を現しているようでとても印象的。


e0227942_22092325.jpg
第一部は一人ずつ宮沢賢治の作品を朗読する。


e0227942_22101601.jpg
朗読は、音読とは全く違う。間の取りかた、強弱のつけ方、そして声色さえも。


e0227942_22114124.jpg
時に歩き回りながら


e0227942_22140384.jpg
表情豊かに。


e0227942_22142895.jpg
読み手によって世界ががらりと変わるのも面白い。


e0227942_22204424.jpg
文字では読みにくい文章も、音となって流れるように頭に入る。


e0227942_22225621.jpg
休憩の後、第二部の最初は箏の演奏。曲は沢井忠夫作曲の「楽(がく)」
この曲が素晴らしく美しくて心が洗われるよう。

箏の演奏の後は木の実のメンバー3人による太宰治の「失敗園」の朗読。


e0227942_22273227.jpg
〆は青木ひろこさんの朗読。


e0227942_22283270.jpg
朗読を聞くたびにその奥深さに驚かされる。
そして、もっと色々聞いてみたくなる。

朗読会がもっと身近に一般的になっていきますように。


e0227942_22450692.jpg
さて、今回の舞台美術を手がけたのは


e0227942_22451661.jpg
織物作家の小口慶子さん。
草木染した絹糸を使用して、大胆に自由な発想で。
彼女の作品をもっと見てみたいと思いました。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-10-06 22:51 | イベント・セミナー | Comments(0)

素敵な時間を過ごせますように


by vivian