日々の贈り物(私の宇都宮生活)

aprodite.exblog.jp
ブログトップ

2017年 11月 27日 ( 1 )

e0227942_22051857.jpg
日が落ちて森の中のカフェに灯がともる。


e0227942_22063048.jpg
この日、朗読を聞きに宇都宮アルプスの森の京屋茶舗さんへ。
暗い時間に来るのは初めてなので、景色がとっても新鮮。
開演まで時間があるのでカメラを持ってあちこち散策。


e0227942_22093244.jpg
敷地の一角には居心地の良さそうなテント!


e0227942_22100822.jpg
テラスからお店のほうを見る。
夏ならテラス席も気持ち良いでしょうねぇ。


e0227942_22115136.jpg
ようやく席について、ブルーベリーマフィンと香ばしいゴボウのほうじ茶をいただく。
この時はどうしてブルーベリーなのか分かっていなかったけれども。


e0227942_22132697.jpg
開演。
アコーディオンの藤野由佳さんの演奏で始まる。
そのメロディはどこかヨーロッパの街角を髣髴させるような、軽快な中にも哀愁が滲む。


e0227942_22170171.jpg
青木ひろこさんによる安房直子作「あるジャム屋の話」の朗読。
ある若者が会社を辞めてジャム屋になったけれど売れなくて、ある晩営業から戻ると作業小屋に美しい雌の鹿がいた・・・という話。


e0227942_22205726.jpg
ところどころに挿入される鉄琴の音色がアクセントとなって物語が進んで行く。


e0227942_22214700.jpg
物語を聞きながら、ついつい結末を想像してしまう。
こうだったら良いのにな・・・という願望と、こうなったら悲しいな・・・という思いとが交錯する。


e0227942_22240216.jpg
悲しげなメロディが奏でられ、やはりそんな簡単にハッピーエンドになるはずがないのかもと思い始めたところで


e0227942_22252809.jpg
「あぁ、良かった」と胸をなでおろすラスト。

ブルーベリーマフィンは、物語を聞いた後でようやく納得。なるほど。
本当にあっという間の1時間。
今回も素晴らしい朗読と演奏をありがとうございました。

・・・という訳で、私も来年から朗読講座を受けることにしました。
私の場合、こうして読むことよりも呼吸法や声の出し方を学ぼうと思って。
さて、どんな風になるのかしら。今からとっても楽しみだわ。


営業時間 11:30~15:00 17:00~21:00(週末のみ) 月曜・火曜定休
宇都宮市大網町917-2  TEL.028-678-9069


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2017-11-27 22:35 | イベント・セミナー | Comments(0)

素敵な時間を過ごせますように


by vivian