日々の贈り物(私の宇都宮生活)

aprodite.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:お酒・女子会( 125 )

この日の夜、たまたまJR宇都宮駅に行ったらちょうど黒磯行きの電車があったので、そのまま乗って氏家へ。

e0227942_22030543.jpg
向かったのは今月オープンしたばかりのフレンチバルGOEさん。
少し前までユニオン通りのNORIONで店主をされていた五江渕さんが出したお店なんですよ。


e0227942_22114955.jpg
店内はこんな感じ。カウンターが5席とテーブルが5つ。


e0227942_22135273.jpg
お店の一角には開店祝いで贈られた花が所狭しと並んで、期待の高さが伺えるわね。


e0227942_22145836.jpg
和気藹々としているカウンターに私も入れていただいて・・・。


e0227942_22165890.jpg
ボージョレヌーボーの解禁日だったこの日、目的のワインを。
この一杯を飲むためだけに氏家まで来てしまったわ。
もちろん、五江渕さんがどんなお店を出したのか気になったし。


e0227942_22190795.jpg
まるでカフェのような可愛らしいメニュー。


e0227942_22201406.jpg
ワインのおつまみは前菜盛り合わせ。
船山ポークのパテ、ヤシオマスのカルパッチョ、キャベツのマリネ、サラダ。
一人で軽くつまむのにちょうどいい内容ね。


e0227942_22260498.jpg
これは隣の席に座っていた人が頼んだガトーショコラ。
写真を撮りますか?と言ってくれたので遠慮なく。
スイーツも気合が入っているわ。


e0227942_22274003.jpg
因みにそのご夫婦は小山でイタリアンのオ・ジラソーレをされているそうで。
小山方面のお店は詳しくないから、今度そちらへ行く時はうかがいましょう。


e0227942_22294393.jpg
さて、宇都宮行きの電車の時間だからそろそろ帰らないと。
店内に時刻表があったらきっと便利ね。
開店おめでとうございます&ごちそうさまでした。


e0227942_22311528.jpg
営業時間 15:00~24:00(閉店時間はいずれもう少し早まるかも) 日曜定休
さくら市卯の里2-24-1  ショップカードがまだないので電話番号不明


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2017-11-19 22:36 | お酒・女子会 | Comments(0)
季節ごとに開催される四季桜の南の蔵の会。
初期はその季節に1回のみの開催だったけれど、固定客も増えてきたので2回ずつの開催となった。
これは今月3日に開催された秋の会1回目の記事。2回目は11日に開催されることになっている。

e0227942_21493906.jpg
すっかりお馴染みとなったこちらの門。
さて、今宵はどんな宴になるのかしら。ワクワクしながら門をくぐる。


e0227942_21511997.jpg
まず最初はヴァイオリンの小山啓久さんとピアノの益子徹さんによる演奏。

今回の演奏のテーマは「愛」
題名に「愛」のついたクラシックの曲、愛をテーマにした映画音楽等々。
それにまつわる解説や小ネタをはさむ小山さん。
本人はトークが得意じゃないと言うけれど、どこかシニカルで英国人的な物言いに思わずフッと笑ってしまうわ。


e0227942_21595731.jpg
客席はこんなに近いので、音や振動がダイレクトに伝わってくる。
なかなかこんな機会はないわね。


e0227942_22010749.jpg
更に近くから写真を撮ろうと合間に移動したら、曲はチャルダッシュ。
まさかこんな間近でチャルダッシュを聴く(見る)ことになろうとは!
奏者の息遣いと共に弦の上で弓が踊る。何て贅沢なヒトトキ。


e0227942_22113938.jpg
ピアノの益子さんも小山さんと息がぴったり。
互いに引き立て合って素晴らしい。


e0227942_22140579.jpg
演奏が終わって、感動の余韻に浸ったまま宴の開始。
乾杯の音頭はお酒が全く飲めないと言うピアノの益子さんがお水で。


e0227942_22151393.jpg
乾杯~。
たった一人で参加し始めたこの会も、回を重ねるごとに知り合いが増え友人が増え。
人のご縁は有り難い。


e0227942_22322113.jpg
お酒はスッキリして癖のない「秋」から。


e0227942_22332225.jpg
お料理は一八さんの仕出。
この他にも、主催者の今井さんのお母様の特製お赤飯やけんちん汁、そして絶品!白菜の煮物も付いて。
どれも日本酒に合うのよね。気をつけていないと飲みすぎてしまうわ。


e0227942_22165665.jpg
場に華やぎをもたらす万葉聖は四季桜の生み出した銘酒。
これは本当に美味しいんですよ。惜しげもなく出していただいて嬉しいわ。

この他にも吟醸貴酒やはなのえん生、シークレットだった特別な蔵出吟醸酒が出てきて


e0227942_22361426.jpg
互いにお酌しあって和気藹々と。笑顔が溢れているわね。

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまい散会。
今回も素晴らしい時間をありがとうございました。


e0227942_22414416.jpg
お見送りしてくださる今井さん母娘。
とってもお世話になりました。

南の蔵の会への参加は一般に募集していますよ。
次は冬の会になるでしょうか。
時期が来たら今井さんのブログに告知されますから、チェックしてみてくださいね。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-11-10 22:56 | お酒・女子会 | Comments(2)
そう言えば、飲みに出ることもめっきりなくなった今日この頃。
この日、久しぶりに友人と待ち合わせしたのは

e0227942_22195100.jpg
ロベルトさん。
試しに家から歩いてみたら約20分。
ちょっと息が切れたけれど、歩くのにちょうどいい距離だわ。


e0227942_22220056.jpg
先に着いたので、オススメの白ワインを頼んで写真を撮りながら待つ。
グラスに彫られた模様が美しい。
店主さんが全部のグラスに自分で模様を入れたので、手間のかかったものが割れてしまうとショックが大きいそう。


e0227942_22243376.jpg
まず最初は、いつも頼むおまかせ前菜盛り合わせ。
味はもちろん、彩りも美しいから大好きなプレート。
ここに「コンビーフとピスタチオの大人ポテサラ」というポテトサラダが乗っているのだけれど「なぜ大人の?」と聞いたら「子供に食べさせるにはもったいないから」と。
このコンビーフ、缶詰じゃなくて手作りなんですよ。そこにピスタチオ。確かに贅沢だわ~!


e0227942_22254901.jpg
黒毛和牛グリルあごだし醤油。和牛がとても強いので


e0227942_22293365.jpg
それに合う赤ワインを選んでもらった。
「ダシの味がします」という不思議な紹介。
でも見事に和牛とマッチして、どちらも互いに引き立て合ってお見事。


e0227942_22312034.jpg
グラスには鳥が3羽。鳥好きの友人と二人で盛り上がる。
ほんの些細なことだけれど、とっても幸せな気分。

そうこうしていたら、カウンターの反対側に座っていた人が生チョコを頼んだ。
私たちと一人で来ていた女性と興味津々で見ていたら「お一つずつどうぞ」と分けてくれて。
ビターで大人な味の生チョコ。分けてくださったかたの優しさに心も温まる。


e0227942_22363550.jpg
そこで、私たちの頼んだイチジクと生ハムとチーズのサラダを他の皆さんにおすそ分け。
お肉の後にさっぱりして一層美味しく感じるわ。


e0227942_22393549.jpg
再び白ワイン。これも美味しいわ~。


e0227942_22400458.jpg
今度は別のお客さんからおすそ分けのピザ。
何だかこういうのって素敵じゃない?
カウンター7席だけのロベルトさんならではの交流ね。

この後、私の知り合いのグループがやって来て、そこでまた情報をいただく。
私の友人が関わっているプロジェクトの評判が良いらしく、褒められて私も嬉しい。
さて、あまり長居してもいけないわね。
ごちそうさまでした。

営業時間 12:00~15:00 17:30~23:00 日曜定休
宇都宮市塙田1-3-18  TEL.028-666-4689


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-10-28 22:54 | お酒・女子会 | Comments(0)
これは9月末の記事。

e0227942_22331424.jpg
この日、月に優しく見守られながら訪れたのは柳田の四季桜さん。


e0227942_22361654.jpg
南の蔵の会番外編が開催されるので。
今回はいつもと趣向を変えて日本酒のほかにワインも供されるとか。とっても楽しみね。


e0227942_22381379.jpg
徐々にメンバーも揃ってきた。


e0227942_22392873.jpg
席について、ワインと日本酒のリストをチェック。私の好きな日本酒が揃っているわ。


e0227942_22424243.jpg
まず、スパークリングワインで乾杯! 冷たく爽やかな飲み口。


e0227942_22505572.jpg
この宴を企画してくれた今井さんはソムリエの資格も持つ。
ワインは四季桜のお酒との飲み合わせも良いように選んでくれているのかしら。


e0227942_22552552.jpg
先付けとして出してくれたのは最近宇都宮のマチナカにオープンしたナチュラルチーズ専門店のフロマージュリー・フィルさんのチーズと生ハム和梨。


e0227942_22570896.jpg
お料理は茶寮やすのさん。
献立を見ているだけでワクワクするわね。そっと蓋を開けると


e0227942_22591836.jpg
目にも美しい秋色のお料理たち。


e0227942_23002268.jpg
次々に出てくるワインや日本酒を飲みながら、他の参加者と楽しくお喋り。
美味しいお料理やお酒で話も弾むわ。


e0227942_23041499.jpg
最後はブルゴーニュの赤ワイン。
赤ワインにとっても合うんですよと出されたデザートは


e0227942_23052287.jpg
まさかのアンコ。この組み合わせは思いつかなかった~。
本当に合うのね。びっくり。


e0227942_23070385.jpg
あっという間に楽しい宴も終了。
ご一緒してくれた皆さん、そして今井さん、お世話になりました。
次回の南の蔵の会も楽しみにしていますね。

南の蔵の会の告知は今井さんのブログに掲載されますので、興味がありましたらのぞいてみて下さいね。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-10-05 23:14 | お酒・女子会 | Comments(1)
e0227942_22280636.jpg
夜、飲みに行くこともあるけれど泉町はなかなか訪れる機会がない。
と言うか、独りで歩くにはちょっと気が引ける。

この日、友人に予約してもらって訪れたのは、以前から機会があったら行きたいと思っていた


e0227942_22302766.jpg
力造さん。入口を入るといきなりの階段。
酔っ払うと帰りは危険ね。


e0227942_22323603.jpg
店内はこんな感じで思ったより広い。


e0227942_22343980.jpg
鮮やかなお皿に盛り付けられた先付けは、手前からゴボウのもろみ漬け、レンコン、カボスの中にイチジクの白ワイン和え、裏ごした玉子の黄身に車海老、秋鮭と枝豆、カマスに泡立てた卵白と栗、銀杏をすりおろして揚げたものと焼きサツマイモ。
献立を聞いているだけで手間のかかっているのが良く分かる。
このお皿に、どれほどの食材が乗っているのだろう・・・。


e0227942_22435380.jpg
この内容なら迷うことなく日本酒を。乾杯はしにくいけれど。
はじめましての人も交えた女性4人の交流会。


e0227942_22452508.jpg
お刺身は中トロ、新サンマ、ハタ(スジアラ)。
美しい見た目通り、きちんと下処理されていて本当に美味しい。
日本酒が進むわね。


e0227942_22484900.jpg
蒸しスジアラのマツタケ・小松菜添え。
ダシがさっぱりと上品な味で、これは凄く私好みの一品。
今年初めてのマツタケかも。
実は、ここで既におなかいっぱいになってしまったのよね。


e0227942_22513125.jpg
京鴨モモ肉のローストにヒマラヤタケ、エノキ、シメジ。
ここまで全部一人分の量。
このお料理がどうしても食べ切れなくて、でも残して捨ててしまうのも惜しいから入れ物をいただいてお持ち帰りにさせていただいたわ。


e0227942_22574576.jpg
気さくでチャーミングな女将さんに日本酒を注いでいただく。
どのお料理も日本酒にぴったり。


e0227942_22523255.jpg
こちらのお店名物の焼きサバ寿司。
これは皆でシェア。
おなかいっぱいと言いながらも食べられてしまう。名物なのも納得。これは絶品!

お客さんが落ち着いたところで大将がご挨拶に来てくれた。
店名の由来を聞いたら大将の名前が力(つとむ)、力が造るから「力造」にしたと。
こちらも、もっと職人気質の気難しい人かと思っていたら親しみやすくて面白い。

美味しくて楽しい時間はあっという間。
遅くならないうちに帰りましょう。ごちそうさまでした。


e0227942_23075356.jpg
営業時間 18:00~24:00 日曜定休
宇都宮市泉町1-10 2F  TEL.028-627-0084 


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-09-16 23:17 | お酒・女子会 | Comments(0)
e0227942_22394068.jpg
画像加工していないのにこんなに夕焼けが綺麗だった8月も終わりのこの日、声をかけていただいて訪れたのは茶寮やすのさん。


e0227942_22422154.jpg
メンバーが揃うまで、女将さん自ら香煎(こうせん)を。
今回は特別な茶会とのことでちょっと緊張。やはり着物にすれば良かったかしら。


e0227942_22464385.jpg
メンバーが揃って一息ついたところで席へ。
その前につくばいで手を清める。


e0227942_22481345.jpg
最初に出された膳。添えられた献立を見ると「夏の夜の夢」とある。
改めて献立を見れば、戦国武将の名がそこかしこに。
「夏草や兵どもが夢の跡」
亭主から私たちへの謎かけは


e0227942_22524388.jpg
献立の下にヒントが書かれている。これは何と知的な遊びだろうか。


e0227942_22541699.jpg
最初のお酒は仙禽かぶとむし。
爽やかで瑞々しい日本酒はさくら市の酒蔵仙禽(せんきん)さんのもの。
これはサラサラと飲めてしまうので気をつけないと。


e0227942_22591905.jpg
回ってくる器から順番に取る。
これも全員が協力し合わないとうまく行かない。
これは生姜ご飯。
最初の膳に乗っていたご飯は「一文字」、もち米なのかと思うほどの食感だったのでうかがったら、炊き立てのご飯をかき混ぜずにすぐに器に盛り付けているそうで。
それはとても贅沢な。


e0227942_23025893.jpg
牡丹鱧、玉子豆腐、青実
美しい彩り、繊細な味付け。


e0227942_23050398.jpg
日本酒は福井県の一本義。この後、山形の十四代へ。


e0227942_23074489.jpg
お皿が回ってくる、自分の分を取り、次の人へ。
立派なお皿は丁寧に扱わないと。次の人が取りやすいように手渡さないと。
そんな風にそれぞれがそれぞれを思いやる。
女将さんと主客のやりとりを聞きながらナルホドそうかと勉強する。
これが本来のおもてなしの真髄なのかもしれない。


e0227942_23103764.jpg
だから、こんな風に人数分いっぺんに入った器が回ってくると、残りの人数も考えてきちんと取らないとね。
最後の人がいっぱい取らなくても済むように。


e0227942_23124199.jpg
白く見えるのは鱧の浮き袋を干したものだそう。
干すと20cmくらいの笛のような形になることから鱧の笛と呼ばれるそうで。


e0227942_23144945.jpg
女将さんが取り分けてくれているのは信玄貝と丸十。
「丸十」ってサツマイモを指すのだとご存知でしたか?
私は今回初めて知りました。サツマイモと言えば薩摩、薩摩といえば島津藩。
その島津藩の家紋が丸十だそうで。・・・家紋までは知らなかったわ。


e0227942_23182551.jpg
食事の最後は秀吉飯。秀吉の好物だったひき割り粥。

食事が終わったところで一度部屋の外へ。
鐘の音がして、再び部屋へ戻ると設えが変わりお茶席に。
それまで「夢」という掛け軸がかかっていたところには茶花が飾られていて部屋の空気も一変。


e0227942_23240928.jpg
菓子は葛饅頭。


e0227942_23245165.jpg
美しい所作でお茶をたてる様を見ながら静かに時間の流れを感じる。


e0227942_23255816.jpg
主客には夏らしいガラスの器。
一通りお点前をいただいたところで、順番にお茶をたてさせていただく。
利き手が逆な私はパスさせていただいたけれど。


e0227942_23275310.jpg
皆さんお上手。無謀な挑戦をしなくて良かったわ。


e0227942_23284697.jpg
私の言葉が足りなくて、この雰囲気が伝わったかどうか。
とにかく夢のように素晴らしい時間を過ごしました。
この日のメンバーと、女将さんはじめお店の皆さんに感謝。
本当にごちそうさまでした。

営業時間 11:30~14:00 17:00~22:00 月曜定休
宇都宮市鐺山町2044-1  TEL.028-667-7382
公式サイトはこちら


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-09-04 23:38 | お酒・女子会 | Comments(0)
e0227942_23271084.jpg
雨も降っていないのに上空に虹が見えたと言う日、夕焼けが怖いくらい綺麗ね~と思いながら訪れたのは


e0227942_23020281.jpg
ベルアンさん。
ドレッシングの容器を持ってきたので購入して帰りましょう。ついでに友人とお夕飯も。


e0227942_23031744.jpg
最初はスパークリングワインでさっぱりと。


e0227942_23042666.jpg
軽くピクルスをつまみながら、ゆっくりメニューをチェック。


e0227942_23053280.jpg
ズワイガニとアボカドのタルタル、バジルソースのサラダ。
もうね、ワインが進むわ。


e0227942_23070283.jpg
フランスの白ワインには苦手なものも多いのだけれど、これは凄く美味しかった南フランスのシャブリ。
店主さんのワイン選びは的確で安心して任せられるわね。


e0227942_23090699.jpg
思わず「わぁ~!」と声が出てしまった美しい一皿「サーモンをマリネしてグレープフルーツと白ワインビネガーのヴィネグレット」というやたら長い名前のメニュー。
お皿はウエッジウッド。このお料理にぴったり。


e0227942_23140132.jpg
オススメの赤をお願いしたらこちらを勧めてくれた。イタリア(シチリア)の赤。
これがお料理に合わせやすくて飲みやすい。


e0227942_23164917.jpg
赤ワインにはお肉で。鴨肉のロースト・・・だったと思う・・・。


e0227942_23184667.jpg
後姿はこちら。グリルされた夏野菜添え。


e0227942_23193362.jpg
今月は夜の外出を控えていたので久しぶりで美味しかったし楽しかったわ。
終始笑顔で対応してくれた店主さんもありがとうございました&ごちそうさまでした。

・・・で、肝心のドレッシングは受け取り忘れて、翌日いただきに行きました(><)

営業時間 11:30~14:00 18:00~22:00 火曜定休
宇都宮市伝馬町2-22  TEL.028-638-3224


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-08-29 23:27 | お酒・女子会 | Comments(0)
多くの人に改めてその存在の大きさを知らしめたロベルトの復旧工事終了後、初めての訪問。

e0227942_21344500.jpg
外観はほぼ元通り。店主さんも変わりなくてホッとする。


e0227942_21355208.jpg
これから家まで歩いて帰るから、景気づけにちょっとワインをいただきましょう。
おつまみは何にしようかしら・・・と、ボードを見ながらしばし考える。


e0227942_21374027.jpg
白ワインを頼んだら、こちらを勧めてくれた。
さっぱりと飲みやすいわ。


e0227942_21382835.jpg
いろいろ悩んで、おつまみに選んだのはラムレーズンクリームチーズ。
これが前菜のようなデザートのような。そして、赤ワインにも白ワインにも合いそうな味。
レシピをうかがったら、クリームチーズにラムレーズンと赤ワインと少量の砂糖を加えているそうで。
赤ワイン! 美味しいラムレーズンが手に入ったら、家でも作ってみようかしら。

さ、ちょっと気分が良くなったところで夜風に吹かれながら家まで頑張って歩きましょう。
ごちそうさまでした。

営業時間 12:00~15:00 17:30~23:00 日曜定休
宇都宮市塙田1-3-18  TEL.028-666-4689


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-08-24 22:07 | お酒・女子会 | Comments(2)
2年前のギャラリーハンナさんでのワークショップからのご縁が偶然にも繋がって誘っていただいた浴衣女子の会。
7月のとある週末、ちょっと緊張しながら訪れたのは

e0227942_22024328.jpg
マチナカにあるのに隠れ家のようなシテオーベルジュさん。
こちらは初めてだわ。


e0227942_22040089.jpg
「浴衣女子の会」と銘打っているだけあって、ドレスコードは浴衣。
浴衣姿の女性が揃うと、とっても華やか。


e0227942_22061558.jpg
メンバーが揃って宴の開始。
お料理は4000円(税込)、+2000円で飲み放題。


e0227942_22090978.jpg
最初に、星シェフからのご挨拶と簡単なメニューの説明。
どんなお料理が出てくるのか楽しみね。


e0227942_22124882.jpg
(大皿に乗っているのは全て4人分です)
最初に出てきたのは、オトワグループ名物の朝採りとうもろこしの冷製スープ。
まろやかでコクがあって・・・とにかく絶品!
この一品で乙女たちのハートを掴んだかも。


e0227942_22165523.jpg
帆立貝と生ウニのタルタルは野菜がたっぷり。


e0227942_22182416.jpg
北海道産の本マグロのカルパッチョ、ビーツ乗せ。
ローズ系の色で統一された美しい一皿。


e0227942_22202056.jpg
牛ハツのロースト。
鉄分が不足しがちな女性向け? 柔らかくてワインによく合う。


e0227942_22220083.jpg
イワシのルーロー、赤ピーマンのソースで。


e0227942_22234668.jpg
まるで撮影会のようだった伊達鶏の胸肉のロースト。
この後一旦厨房に戻って食べ易いようにカットされて戻ってくる。


e0227942_22254573.jpg
それがこちら。
何もつけずにこのまま食べるのが一番ね。

さてここで、自己紹介を兼ねて出されたお題を盛り込みながら一人ずつのスピーチタイム。
話し慣れていないからちょっと大変だったけれど、普段使わない頭を使うのも良い刺激になるわ。


e0227942_22285700.jpg
冷製スパゲティ。
この辺りまで来るとさすがにおなかがいっぱいだけど、美味しいからつい食べてしまう。


e0227942_22312163.jpg
デザートに桃のコンポートで〆。

隣に座っていたホスト役の女性と、シェフやスタッフさん達のやり取りを見ていて、これが「おもてなし」の真髄なんだろうなと。
沢山のことを学んだ素敵な夜でした。ごちそうさまでした&お世話になりました。

営業時間 18:00~24:00(日曜~23:00) 月1回不定休
宇都宮市曲師町1-7  TEL.028-632-0402
公式サイトはこちら


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-08-08 22:49 | お酒・女子会 | Comments(0)
e0227942_19421055.jpg
今回の南の蔵の会は、ちょっと趣向を変えてカクテルパーティ。
どんな内容になるのかワクワクするわね。
パーティだからちょっと気分を盛り上げましょうと、浴衣で参加。


e0227942_19443045.jpg
蔵から漏れる明かりに誘われて中へ。


e0227942_19461673.jpg
蔵の中には皆さんの熱気が溢れているわ。


e0227942_19473786.jpg
メンバーが揃ったところで宴の開始。
まず主催者の今井さんからの挨拶と


e0227942_19481697.jpg
カクテル担当のシニアソムリエ古川善信さんの紹介と挨拶。


e0227942_19511672.jpg
乾杯は、火入れしていない生詰めの季節限定特別純米酒。


e0227942_19525241.jpg
乾杯の音頭は入籍したばかりの彼。
ずっと母のように見守ってきただけに、とても嬉しく微笑ましく。


e0227942_19544159.jpg
「乾杯~!」
爽やかな味と香り。これは蒸し暑い夏にぴったりね。


e0227942_19560152.jpg
お弁当は和旬彩 右京さんのもの。これも凄く嬉しいわ。
最近お店に行けてないから、そろそろうかがわないと。


e0227942_19574824.jpg
蓋を開けると前菜から焼き八寸、煮物、天ぷら・・・と、日本酒の進みそうな肴ばかり。


e0227942_20004488.jpg
「サムライ」
グラスのふちの塩はお好みで。日本酒にカットしたライムを入れたもの。
香りも味も一段と爽やか。これはお洒落だし家でも実践できそう。


e0227942_20031993.jpg
「KINUGAWA」
ブルーキュラソーにフローズン日本酒?
目にも鮮やかでthe夏!って雰囲気。


e0227942_20050927.jpg
皆さんお待ちかね、今井さんのお母様のお赤飯。
とっても美味しくて毎回これも楽しみの一つ。有り難いわね。


e0227942_20070062.jpg
古川さん自ら、益子の農場ノートルダムで朝摘んできたブルーベリーの入ったカクテル
「Les myrtilles」
時間を置くほどにブルーベリーの味と色が日本酒に移って。
これも家で試したい一品。


e0227942_20110990.jpg
〆にいただいたのは大吟醸生酒。
濾過と火入れを一切行わず、蔵の中で醸した四季桜の”心意気”だそうで、しっかり受け取りましたよ。

この四季桜の南の蔵の会も、最初の頃は知り合いもなく一人で参加していたけれど、だんだんと和が広がり今ではすっかりファミリーのような。
六代目の「美味しいお酒のあるところに良い集まりが出来る」というコトバの通りね。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-07-23 22:00 | お酒・女子会 | Comments(0)

素敵な時間を過ごせますように


by vivian