日々の贈り物(私の宇都宮生活)

aprodite.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:お出かけ・名所( 209 )

夜桜撮影会 in 足利公園

4月4日、夜桜撮影会で足利市へ。

e0227942_21415910.jpg
まず、織姫神社へ向かったところ・・・


e0227942_21431250.jpg
本殿はこんな状況。これでは撮影に使えないわね。残念。
次に向かったのは足利公園。


e0227942_21441987.jpg
ここなら何とか撮影できそう。


e0227942_21450573.jpg
参加者も次々に集まってきて、皆さん熱心に撮り始める。


e0227942_21455364.jpg
夕方はどんどん光の状態が変わっていくので、のんびりしている暇はないんですよ。


e0227942_21464586.jpg
被写体を探しながら、とりあえず撮る。


e0227942_21471635.jpg
次第に光が弱くなって・・・


e0227942_21475360.jpg
もう限界ね。
次は夜桜撮影に切り替えましょう。


e0227942_21495054.jpg
これは試し撮り。この他にも様々なパターンで撮影。
反省点は多々あるけれど、きっといつかちゃんと撮れるようになるでしょう。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-04-06 22:16 | お出かけ・名所 | Comments(0)
今まで一度も訪れた事のなかったステンドグラス美術館へようやく。

e0227942_21564122.jpg
右がセントミッシェル教会、左がステンドグラス美術館・・・ではまず、教会へ。


e0227942_21574620.jpg
こちらの教会内は写真撮影OKとのこと。


e0227942_21584315.jpg
大きな木製のドアを開けると祭壇へと続く道。


e0227942_21594792.jpg
こちらでは結婚式はもちろん、コンサートも開催されるそう。
それに、プロポーズする人は30分貸切にもできるんですって!
それって素敵なサービスじゃない?


e0227942_22021249.jpg
祭壇の近くに置いてあった小物たち。


e0227942_22025614.jpg
アリスが白ウサギを追いかけているわ。


e0227942_22042942.jpg
美しいパイプオルガン。演奏が聴きたいところね。
さて、ステンドグラス美術館へ向かいましょうか。


e0227942_22054419.jpg
こちらは入館料1300円(大人)
写真撮影禁止。
パイプオルガンの生演奏と古いドイツ製のオルゴールの演奏が交互に行われているので、スケジュールを見て館内を移動すると良いかも。
パイプオルガンは教会2階に設置されているので、そちらに上がればすぐそばで演奏を見ることも出来るんですよ。
ドイツ製のオルゴールは2台。大きな円盤型のディスクは日本製だとか。
計4曲聴けるので、それもオススメ。
ステンドグラスがメインのはずだけれど、パイプオルガンとオルゴールの調べで大満足。
次は時間を気にせず一人でゆっくり訪れたいかも。


e0227942_22193072.jpg
これで那須の一泊旅行は終了。
雪が舞って寒い二日間だったけれど楽しかったわ。
さ、宇都宮へ戻りましょう。

ステンドグラス美術館の公式サイトはこちら


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-03-31 22:35 | お出かけ・名所 | Comments(0)
友人が取ってくれるこちらの早春期割引宿泊は今年が最後とのコトで、それならばと思い切って。
このために、お仕事も頑張ったし←ちょっと言い訳。

e0227942_21261295.jpg
宿泊はこちらのコテージ。
5人なので、メゾネットとフラットをコネクティングで。


e0227942_21275829.jpg
メゾネットのリビングは天井が高くて開放感がある。


e0227942_21283743.jpg
階段を上がるとクローゼットとベッド。


e0227942_21291237.jpg
デッキに出ると、隣のコテージが見えるわ。


e0227942_21295814.jpg
コーヒーとお茶のセット。手動式のコーヒーミルがお洒落。


e0227942_21310765.jpg
宿泊はコテージなので、お風呂に行くのも食事に行くのもこんな通路を通らなければならない。
部屋にもお風呂はついているけど、大きなほうが気持ち良いし。


e0227942_21330038.jpg
翌朝、目が覚めたら雪が積もっていた。あらまぁ。
他の皆さんが寝ている間にお風呂に行って、カメラを持って敷地を散策。


e0227942_21343889.jpg
早起きは三文の得! 木の上の丸い物体は何かしらとカメラでのぞいたらリス!
野生のリスを見るのは初めて。


e0227942_21363884.jpg
リスが撮れたし、とっても寒いから部屋に戻ろうかと思ったのだけれど


e0227942_21564463.jpg
目の前にアカゲラがやってきたり、他にもお馴染みの野鳥がいっぱいいてパラダイス。
幸せだわ~。


e0227942_21390002.jpg
雪がちらつく中、朝食は本館のレストラン。


e0227942_21395726.jpg
のんびりと食事をしてホテルを満喫。
十分リフレッシュできたわね。


e0227942_21412667.jpg
静かで居心地のいいホテルだったわ。お世話になりました。

二期倶楽部の公式サイトはこちら


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-03-30 22:01 | お出かけ・名所 | Comments(0)
e0227942_19051354.jpg
益子へは何度も足を運んできたけれど、路線バスに乗って訪れるのは初めて。
JR宇都宮駅西口から約1時間、運賃1150円。
益子町に近づくといきなり英語のアナウンスが入る。
この先はずっと英語バージョンの案内もあるのかと思いきや、それはない。
ともあれ、無事に城内坂に到着。
途中からずっと乗客は私一人だけになってしまったけれど、路線バスは意外に快適だったわ。


e0227942_19154045.jpg
今回の目的地は日下田藍染工房さん。
陶器市の時のような賑わいはなく、のんびり落ち着いた風情。


e0227942_19164206.jpg
入口に飾られている綿。
この意味がずっと分かっていなかったのだけれど・・・。


e0227942_19192538.jpg
訪れた時間には藍染の作業は行われていなかったので、工房内はとても静か。


e0227942_19212738.jpg
陶器市の時にはクローズされてしまうギャラリーに向かいましょう。


e0227942_19225857.jpg
2階の作業場では3人の女性が和気藹々と作業中。
邪魔にならないように、お話をうかがいながら写真を撮らせていただく。

こちらは、綿の実(コットンボール)から種を取っているところ。
ローラーを回すと、綿の部分だけ出てきて、種は手前に落ちる仕組み。
この道具はずっと昔からこの形だそう。
力は必要だけれど、良く出来てるわ~。

種を取った綿は打って繊維をほぐしたら


e0227942_19335718.jpg
紡ぎます。
コレがまるで魔法のよう。ただの綿から糸が出現してくるんですよ。
どうなっているのかしら?


e0227942_19353353.jpg
うかがったら、ほんの少しの手加減で糸の細さも変えられるんですって。
まさにプロフェッショナル!


e0227942_21535882.jpg
紡がれた糸は織られていきます。
リズミカルな音と共に。


e0227942_22001381.jpg
ここでは綿や麻、絹やウールも扱うそうで


e0227942_22011048.jpg
紡がれた糸は誰のものか分かるほど性格が出るそう。


e0227942_22024708.jpg
そう言えば、こちらは藍染工房。なのに綿から?


e0227942_22035921.jpg
日下田正(ひげた・ただし)さんに少しお話をうかがいましょう。

日本の綿の歴史は約400年。
江戸時代の頃に入ってきたそうで、それ以前は絹、麻、毛織物が中心だったとか。
綿は庶民の作業着として扱いやすいことからあっという間に広まり、真岡木綿のように素晴らしい布も生産されるようになる。
でも、機織が機械化され外国から安い綿が入ってくるようになると日本の綿文化が廃れてしまった。

その綿文化を後世に伝えようと、300坪の畑に綿の種を撒き、育て、収穫するところから始めて数十年。
夏の除草作業がきつくなってきたとおっしゃる日下田さんは77歳。
まだまだやりたい事がいっぱいあると語り、チャレンジを続けている姿勢に頭が下がるわ。


e0227942_22264818.jpg
日本の綿文化、知らない事ばかりで凄く勉強になりました。
因みに、福島県辺りが綿が採れる北限らしいです。


e0227942_22403762.jpg
うかがった日には、ちょうど鎌倉のギャラリーの方たちが打ち合わせに訪れていて、縁切り寺として有名な東慶寺のギャラリーで5月20日から1週間、日下田さんの個展が開催されるようです。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2017-03-09 22:42 | お出かけ・名所 | Comments(0)
若者が住みたい田舎ランキングで1位となった栃木市。
過去の記事を調べたところ、栃木市のマチナカを歩くのは2014年の秋祭り以来。
どんな風に変わっているのか楽しみね。

e0227942_19470821.jpg
訪れた日は、ひな祭りのイベント初日。
通りにはあちらこちらに雛人形が飾ってあって、道行く人の目を楽しませている。


e0227942_19492584.jpg
ポスターやチラシによると、週末ごとにイベントも企画されているよう。


e0227942_19504289.jpg
あ、レトロでお洒落な循環バス!


e0227942_19521356.jpg
一通り大通りを歩いてみたら、いつの間にか元の建物を上手く活かしたお店が増えていて


e0227942_19533127.jpg
食べられるお店の選択肢が増えている。
分かっていたら、栃木市でランチしたのになぁ。


e0227942_19541922.jpg
あら、映画「ALWAYS 3丁目の夕日」に使用されたALWAYSカマヤさんが閉店?・・・と心配して近寄ってお知らせを見たら、リニューアルのため2月1日から3月10日までクローズと書いてあった。


e0227942_19585753.jpg
江戸時代から宿場町・問屋町として栄えた栃木市には古い蔵造りの建物が沢山残っている。
耐震や設備の問題等からなかなか維持するのは難しいと思うのだけれど、こうして今でも活用されているのを見るのは嬉しい。


e0227942_20014470.jpg
最近は見かけなくなったこのタイプのポストも現役。


e0227942_20025033.jpg
さて、巴波(うずま)川の辺りへ。のどかな風景ね~と眺めていたら、後ろから夫が「ねぇ、クチモチって知ってる? 買ってみようよ」と。
何のことやら分からず振り返った私の目に入ったのは


e0227942_20064287.jpg
はい。くさ餅ですね。


e0227942_20081758.jpg
いつの間にか遊覧船の待合処も整備されていて


e0227942_20095071.jpg
コスプレして記念撮影出来るコーナーまで! これは楽しい。


e0227942_20111296.jpg
さて、いっぱい歩いて疲れたからちょっとお茶でもしましょうか。
その記事は明日。

あそ雛まつりは3月5日(日)まで開催されていますよ。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-02-24 22:21 | お出かけ・名所 | Comments(0)
今月8日から六本木の国立新美術館で開催されている展示を見に、急遽一人で東京へ。
本当は13日月曜日の午前中に行こうと思っていたのだけれど、人身事故やらが重なって都内の鉄道網は大混乱だったようで延期したんです。

e0227942_21595119.jpg
もうすぐ始まる草間さんのエキシビションに向けて木には水玉の布が巻かれている。
不思議な事に違和感ないわ。かえって可愛らしいくらい。


e0227942_22031470.jpg
何度訪れても面白い空間。時間があったら、ここでじっくり写真を撮りたいかも。


e0227942_22041804.jpg
目指す展示は1A。入場無料。


e0227942_22060961.jpg
受付で名前を記帳して、写真撮影できるか確認したところ「好きなだけ撮ってください」と。
なんて太っ腹な! これ、芸術系の学生には凄く勉強になるんじゃないかしら。


e0227942_22083859.jpg
今回私が訪れた目的は、ずっと陰ながら応援している鹿沼市在住の高橋洋直さんの作品を見るため。
「Moon is mine」
彼らしいテイストの詰まった作品。


e0227942_22132803.jpg
こんな風に動かせる作品もあったり


e0227942_22142496.jpg
心を奪われるほど美しい作品もあったり。
熱心に撮影していた彼が立ち上がった後、


e0227942_22152897.jpg
彼女の顔に見とれながら写真を撮っていたら、ガシャン!と音が。
振り返ったら、さっきの彼が床にカメラを落としてしまって・・・粉々に割れたのはフィルター?
カメラのストラップは首にかけておかないと危険(><) ヒトゴトじゃないわ。


e0227942_22190989.jpg
このところ気に入っている自撮り。
好いタイミングで老紳士が立ち止まってくれてラッキー!
上手く行ったわと思っていたのに、この写真を見た先生から「もう少し早く歩かないと」とダメ出し。

さて、お腹が空いたからいつものお店にランチに行きましょう。

そうそう、この企画展は20日(月)までですから、興味がありましたら足を運んでくださいね。
この日は他の展示室も入場無料で見られたので、とってもお得に目の保養が出来たんですよ。

いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2017-02-16 22:32 | お出かけ・名所 | Comments(0)
いつも遠くから眺めるだけの茨城県の筑波山。
今から40年以上前、まだ小学生だった頃に、家族で一度だけ登った事があるような。

きっかけは何だったか忘れてしまったけれど、話の流れで筑波山はケーブルカーで途中まで上がれるから行ってみましょうと友人に誘われたので喜んで。

e0227942_20464451.jpg
この近辺の駐車場は、一日駐車して500円。まずお参り。


e0227942_20482075.jpg
手水舎で清める。水が冷たいわ。


e0227942_20491510.jpg
とても重厚な山門をくぐって


e0227942_20500344.jpg
本殿へ。あら、大きな鈴が目立っているわね。
調べた所、筑波山神社は約3000年の歴史があるそうで、ご神体は筑波山。
西峰の男体山頂にイザナギノミコト、東峰の女体山頂にイザナミノミコトが祀られているとか。


e0227942_21135456.jpg
ケーブルカー乗り場の見晴台から霞んで見えた富士山。


e0227942_21145909.jpg
ロウバイも満開。


e0227942_21153412.jpg
ケーブルカーは往復1050円。20分ごとに運行。


e0227942_21184626.jpg
所要時間10分弱で山頂駅へ。下から登山道で上ってくる人達も大勢いる。


e0227942_21220906.jpg
まず、ここから見たかった宇都宮方面を。・・・あら、宇都宮はどこかしら?


e0227942_21240161.jpg
この日は、いろいろ事情があってこんなふざけた靴(ヒールだしサンダルだし)で来てしまった私。


e0227942_21271404.jpg
そんな私の目の前に立ちはだかる岩場。負けませんよ~!


e0227942_21281627.jpg
男体山頂から。この、どこまでも続く平らな景色は関西では見られないのよね。
次は女体山頂へ。同じように足場の悪い所を根性で登り・・・


e0227942_21334883.jpg
自己責任ですよ~の山頂。手すりも落下防止柵も何もないので風の強い日は怖いかも。


e0227942_21354391.jpg
でも、おかげで眺めは素晴らしい。霞ヶ浦から太平洋まで良く見える。
さて、お昼もまわったので戻りましょうか。


e0227942_21405052.jpg
途中、ケーブルカーの駅の近くには鳥撮りさんがいっぱい!
何を狙っているのか聞いたら、ハギマシコですって。
さすがに望遠レンズを持っていかなかったので鳥は撮れないわ・・・残念。
でも、周辺にはシジュウカラやエナガを始めとするよく見かける野鳥や、カシラダカやウソ、オジロビタキもいたりして野鳥天国。
ここが近かったらなぁ・・・。さすがに筑波山は宇都宮から遠かったわ。
ここまで連れて来てくれた友人に感謝。さ、ランチの出来る所を探しましょう。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2017-01-21 22:01 | お出かけ・名所 | Comments(3)
これまで写真クラブの撮影会で2回、個人的に1回訪れた大洗海岸。
いずれも波の状態や太陽の状態に恵まれず、思うような写真が撮れないまま。
今年こそはと午前2時に家を出て集合場所へ。今回も徹夜ですよ。頑張れ自分。

e0227942_14574343.jpg
着いてすぐに星空の撮影を始める。
急がないとどんどん空が明るくなって星が消えてしまうから。
あ、ラッキーな事に流星が入った。写真右端にうっすらと・・・見えますか?


e0227942_15024269.jpg
あっという間に太陽の光が星空を追いやる。
太陽はまだ雲から顔を出さないけれど、存在感は十分ね。


e0227942_15045198.jpg
太陽が顔を出すと、一気に景色が変わる。


e0227942_15053542.jpg
天国ってこんな感じかも・・・と思いながら、光に溢れた光景に目を奪われる。
見た通りに写真が撮れていたなら、きっとこの感動が伝わるのに。
波の音と太陽の温度と。4回目にしてようやく希望通りの景色が見られたわ。


e0227942_15080527.jpg
去年のクラブの撮影会はイマイチ気象条件に恵まれなかったけれど、今年は幸先が良いわね。


e0227942_15101343.jpg
波はあるけれど風はなく、覚悟したほど寒くもなかったので快適な撮影会。


e0227942_15112044.jpg
あっという間に太陽が上がり、光が変わってしまったのでお魚市場へ場所を移しましょう。


e0227942_15124263.jpg
残念ながら、漁港には漁から戻る船がなかったのでカモメたちの動きも特になかったけれども。
朝の5時から撮影を始めてこちらで切り上げたのが10時。一日が長いわ~。

この後、宇都宮に戻って向かったのが初市(だるま市)だったんです。
その翌日行った整体で「無茶しましたね」ってちょっとヒンシュク買いました(><)


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2017-01-14 22:02 | お出かけ・名所 | Comments(2)
大晦日からお正月にかけてのお参りは叶わなかったけれど、それでもやはり例年の行事なので日光へ。

e0227942_12524163.jpg
まず、輪王寺から。
今年は「いつもと少し違うこと」に挑戦することにしたので


e0227942_12541157.jpg
こちらのお線香をあげてみることにした。
火をつけずに刺すんですって。知らなかったわ。
立ち上る煙を何となく浴びて次の場所へ。


e0227942_13355481.jpg
東照宮は入場料が必要なのでパスして


e0227942_13371838.jpg
二荒山神社へ。
少し前にここを訪れた時、排水溝の水が凍っていたのにこの日は全然。
思いのほか暖かい日だったのね。


e0227942_13392518.jpg
列に並んでお参りを済ませたら


e0227942_13401542.jpg
今まで入ったことのない神苑へ。入場料200円。
この中はそんなに広くはないのだけれど、お楽しみがいっぱい!


e0227942_13503649.jpg
世界遺産の建物も見所ではあるけれど


e0227942_13512842.jpg
輪投げのできるところがあって


e0227942_13515516.jpg
3つのうち1つでも入れば運気良好!とか


e0227942_13525645.jpg
撫でると心穏やかになれる石とか


e0227942_13535820.jpg
縁結びのパワースポットとか


e0227942_20361736.jpg
「霊泉」と呼ばれる湧水があって、その水を飲むと健康になったり賢くなったりするとか。
この他にも、打ち出の小槌を振って縁結びをお願いするとか等々。


e0227942_13544019.jpg
こちらは重要文化財の化灯籠。
夜更けに怪しく変化(へんげ)して刀で斬りつけられたと伝えられ、無数の刀痕がついていることから「化灯籠」と呼ばれる。


e0227942_14000696.jpg
さて、一番の目的のお札をいただいたら


e0227942_14020810.jpg
東照宮のおみくじを引いて帰りましょう。


e0227942_14025242.jpg
参道には帰る人、まだこれから来る人。
お正月の三が日を過ぎてもお参りする人は絶えないのね。
さて、パワースポットをいっぱい歩き回ったから更に運気が上がったかしら。

いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-01-06 22:02 | お出かけ・名所 | Comments(0)

謹賀新年2017 ~初詣~

あけましておめでとうございます
皆様にとりましても素晴らしい年になりますように
今年もどうぞよろしくお願いいたします

例年大晦日の夜から日光詣でをしていたのだけれど、今回ばかりは腰の状態が不安で日光行きは諦めた。
でも、やはり区切りとしてお参りはしたい・・・と言う訳で、向かったのは

e0227942_21321248.jpg
県庁の近くの慈光寺さん。年越しはお寺で迎えたいし。


e0227942_21340489.jpg
赤門のところに刻まれた仏足石。


e0227942_21370783.jpg
門の中から来訪者に睨みをきかせる仁王像。


e0227942_21381750.jpg
門をくぐると腰痛の私にとって試練のような石段。・・・上れますように。


e0227942_21391249.jpg
祈祷をしていたお坊さんが皆さんにご挨拶を。


e0227942_21401007.jpg
信者の皆さんが立ち上がる煙を身体の悪い所にあてていく。


e0227942_21410678.jpg
私はこちらで除夜の鐘をつかせていただく。
夜のしじまに染み渡るような静かな音色。
私の煩悩も少しは消えたかしら。


e0227942_21443284.jpg
いろいろと思う所があり、先祖代々の蝋燭にに灯りをともしてみた。
今までほとんど意識してこなかったけれど、今年はご先祖様を大切にしましょう。


e0227942_21472164.jpg
さて、お寺でのお参りはこれで終了。
次は神社へ。一番近い二荒山神社はきっと凄く混雑しているでしょうから・・・


e0227942_21483774.jpg
今泉にある八坂神社へ。
お参りの人が行列しているけれど、ここなら階段もないしこのくらいの人数なら大丈夫。
それに、とっても雅な音楽が流れているわ。あれは何かしら?と近寄ってみたら


e0227942_21512345.jpg
まさかの雅楽の生演奏。なんて素敵なの~!


e0227942_21524853.jpg
お参りを済ませた全員にお神酒が振舞われ


e0227942_21533361.jpg
まだ温かいお赤飯が配られる。


e0227942_21540611.jpg
お守りをいただいたら御神米まで!
新年早々、心づくしが嬉しくてとっても幸せ。(モノにつられたわけじゃないですよ)


e0227942_21562721.jpg
ここはウチから自転車で来られる距離なので、これからも時々訪れてみようかしら。


e0227942_21585071.jpg
気合を入れて、早起きして初日の出も拝む。

今年は自分なりにチャレンジの年にしていこうかなと思っています。
さて、どんな年になるのでしょう。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-01-01 22:13 | お出かけ・名所 | Comments(4)

素敵な時間を過ごせますように


by vivian