日々の贈り物(私の宇都宮生活)

aprodite.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

e0227942_11130151.jpg
ニコニコ本陣近く、玉藻小路のこのお店を訪れるのは2回目。
前回も今回もなぜか大雨の日。


e0227942_11144451.jpg
美しい花たちに誘われてお店の中へ。


e0227942_11152232.jpg
花屋さんだけれど雑貨もいろいろ置いてあって、つい手にとって見てしまう。


e0227942_11161362.jpg
使いやすそうな木工作品や


e0227942_11164749.jpg
皮革細工の小物たち


e0227942_11171455.jpg
そして、アイアン作家の高橋洋直さんの作品まで!
写真に撮るのを忘れてしまったけれど、サイトウダイスケさんの磁器もあって品揃えが私好み。


e0227942_11202985.jpg
フラワールームが気になって中を覗き込んでいたら「入っていいですよ」と店主さん。


e0227942_11215312.jpg
花を見ていると気分が華やぐわ~。


e0227942_11230469.jpg
鹿沼のhanadokoro ennさんの姉妹店なので、こちらで購入したものを鹿沼店で受け取ることも可能です。


e0227942_11264535.jpg
営業時間 11:00~19:00 月曜・第1第3火曜定休
日光市今市754  TEL.0288-87-4346


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-06-30 22:02 | 花を愛でる | Comments(0)
e0227942_21202374.jpg
ちょっと変わった複合施設、さあどぷれいす蔵。
店名でナビに案内を頼んだら反対側の住宅地に案内されてしまって途方にくれそうになり・・・五代小学校のすぐ北側にお店を発見。
無事にたどり着いて良かった。


e0227942_21374361.jpg
ランチメニューはこれだと抽象的で想像できないから、とりあえず入りましょう。


e0227942_21234608.jpg
入口を入ると正面には2階の着付け教室へ向かう階段、右手はパーティルーム、そして左手がカフェ。
靴はここで脱ぐのね。
お客さんが多いときに入れる棚がないと大変なのでは?と、ちょっと心配になってしまったわ。


e0227942_21263453.jpg
ともあれ、スリッパに履き替えて店内へ。


e0227942_21283067.jpg
カフェにしては重厚な感じの木製の家具と壁紙。


e0227942_21294188.jpg
各テーブルには京都の金平糖の入った瓶が置かれていて、ご自由にどうぞと。


e0227942_21305857.jpg
ランチのサラダ。コリコリとしたはるさめ?の食感が良いわ。


e0227942_21324740.jpg
私が選んだのは、蔵の赤ランチ、和風ビビンバ丼とお味噌汁。


e0227942_21333974.jpg
よくかき混ぜてくださいねと言われた通りに、かき混ぜていただく。
思いのほか具がいっぱいで、食べごたえがあるわね。


e0227942_21345575.jpg
食後に紅茶をいただいてまったり。

店名の由来は、家でもなく職場でもない、くつろげる第三の居場所という思いを込めて名付けたそう。
テーブルもちょっと大きめで、間隔も広くとってあるから落ち着けるかも。
この近辺でランチできるところが他に思いつかないので覚えておきましょう。
ごちそうさまでした。


e0227942_21423662.jpg
営業時間 11:00~14:30 17:30~22:00 日曜定休
宇都宮市五代2-12-32  TEL.028-653-5234


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-06-29 22:02 | 平日ランチ | Comments(0)
この30年、良いか悪いかは別にして妊娠中を除いてほぼ体重が変わらないので、服を買いかえることもあまりない。
けれども、さすがに年齢と共に似合う服が変わってきたように感じる今日この頃。
そんな時に、たまたま目にしたタイトルの講座。
ウチは賃貸の古いマンションで収納スペースが少ないから、持つ服も必要最小限。
何かヒントが得られたらと訪れた。

e0227942_21405706.jpg
この日の講座は住宅展示場の中の一条工務店さんのモデルハウス内で。
これは面白いシステムね。
モデルハウスも見られるし講座も受けられるし。


e0227942_21432632.jpg
講師は勝連さおりさん。
骨格スタイルアドバイザーであり、スカーフコーディネーターや整理収納アドバイザーなどの資格を持つ。
彼女のブログはこちら
クローゼットの中の着ない服と向き合うことによって、余計な服を持たない(買わない)ようにしましょうと。


e0227942_22202541.jpg
似合うファッションを選ぶメリットは次の通り。
・スタイルが良く見える
・着やせして見える
・若々しく見える
・ムダ買いがなくなる
・コーディネートがラク

(写真のモデルは整理収納アドバイザー等の資格を持つ小堀愛生さん)


e0227942_21475890.jpg
それを踏まえた上で、各自骨格スタイルの自己診断をする。
大雑把に分けて骨格スタイルは「ストレート」「ウェーブ」「ナチュラル」の三つに分かれるとか。
自分のタイプが分かったら、そのタイプに合うファッションを購入すれば間違いがないそう。
もしも既に持っているものが合わなくても、着こなし方で似合うように出来るんですって。
因みに私はナチュラルタイプ。
なるほど~と思う部分と、そうかな?と思う部分があったので先生にうかがったら、ウェーブよりのナチュラルかも・・・と。

「なりたい自分」をゴール設定にすると、ファッションは決めやすいとのコトバに目からウロコ。
最近迷っていたのは「なりたい自分」が明確になっていなかったからなのかと自己解決。

そんなこんなで、あっという間に講座が終了。
モデルルームの中を見学させていただいてセンターハウスへ。


e0227942_21561388.jpg
まるでカフェのようなコーヒーとスイーツ盛り合わせをいただきながら展示場の説明や講座の案内を聞く。
これで講座料たったの500円。
小さいお子さんのいらっしゃる人も受講できるように託児(300円/人)もあります。


e0227942_22103881.jpg
テーブルの上のメモスタンドにはこれから開催される講座のスケジュール。
西川田総合住宅展示場の公式サイトのイベント情報からチェックしてみてくださいね。
申し込みは開催1ヶ月前からになります。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-06-28 22:31 | イベント・セミナー | Comments(2)
以前からずっと訪れたいと思っていた日光金谷ホテルのランチに友人と。

e0227942_21052168.jpg
せっかくなので、メインダイニングのランチにしましょう。


e0227942_21193047.jpg
通されたのは大きな窓際の席。光がたっぷり入るから写真が撮りやすい。


e0227942_21061433.jpg
まず、ランチのパン二人分。


e0227942_21085522.jpg
ミックス野菜のクリームスープ。
この器はノリタケね。家紋を入れてあるから特注かしら。


e0227942_21122269.jpg
これは友人の頼んだ若鶏と蟹入りベシャメルコロッケ トマトソース。
料理長自ら一つ一つ丁寧に作っているんですって。


e0227942_21144067.jpg
これは私の頼んだメイン、日光虹鱒のソテー 金谷風。
粉をつけて揚げてから炒め煮にしてあるそうで、別添えのソースをかけなくても十分味が滲みている。


e0227942_21181038.jpg
デザートは白桃のソルベ。
薄い桃色で写真に写すのがちょっと難しい。
紅茶を飲んでしばしまったり。
さて、館内の写真を撮りながら散策しましょうか。


e0227942_21230640.jpg
これはメインダイニングの柱の飾り。


e0227942_21235379.jpg
ちょっと変わった造りだと思ってスタッフさんに伺ったところ、元々ここはエントランスだったそうで。
別館を建てたときに、建物の高さを合わせるため土地を掘り下げて地下1階を1階エントランスにして、こちらを2階レストランにしたんですって。
それは大変な工事だったでしょうねぇ。


e0227942_21272210.jpg
ゆったりとくつろげそうなロビー。
その一角に置いてあった


e0227942_21280028.jpg
かぶり猫。この猫、頭にかぶって記念写真が撮れるんです。
もちろん私たちも撮りましたよ。


e0227942_21294462.jpg
登録有形文化財に指定された日光の老舗ホテルだけあって、どこを撮っても趣があるわ。


e0227942_21304257.jpg
さて、たっぷり写真を撮らせていただいたし、友人は撮影のコツをつかめたかしら?

日光金谷ホテルの公式サイトはこちら


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-06-27 22:02 | 平日ランチ | Comments(0)
e0227942_20481180.jpg
朝から土砂降りだったこの日、カメラを始めたばかりの友人と撮影の練習をしようと訪れたのは日光の田母沢御用邸。
ここだったら建物内は撮影OKだし濡れずに済むから。


e0227942_20505302.jpg
入口で栃木パスポートを提示すると入園料が団体扱いとなり100円値引きされる。
雨のおかげで緑が濃い。


e0227942_20523728.jpg
普通だったら通り過ぎてしまうような通路も、写真を撮り始めるとなかなか進まない。


e0227942_20542142.jpg
音を立てて雨が降る。湿度を帯びた空気がひんやりとまとわり付く。


e0227942_20570087.jpg
そんな空気をよそに、嬉々として写真を撮りまくる私たち。


e0227942_20583192.jpg
古いガラスを通して見る景色は、ちょっと不思議な雰囲気。


e0227942_21001270.jpg
楽しそうに激写する友人も撮る。


e0227942_21021839.jpg
写真が良いかどうかは別にして、久しぶりにのんびり撮影できてリラックス。


e0227942_21034374.jpg
雨は止む気配もないわね。
気付けば2時間半も!建物内で撮影していたわ。
お昼もまわってしまったから、ご飯を食べに行きましょうか。


e0227942_21062612.jpg
開園時間 9:00~17:00(冬季~16:30) 火曜休園
入園料 高校生以上510円 小中学生250円
日光市本町8-27  TEL.0288-53-6767
公式サイトはこちら


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-06-26 22:02 | お出かけ・名所 | Comments(0)
e0227942_00174067.jpg
8月26日に朗読会を開催する阿部早苗さん。
会場は駅東の呉服店 伊澤屋さんの2階で、雰囲気を盛り上げるために和灯屋さんの灯りをお借りすると言うので同行させていただいた。
(こちらの照明で有名なのは、南宇都宮の悠日カフェのステージに飾ってある大きな月ですね)


e0227942_00242253.jpg
まず、様々な灯りを見せていただく。
これはゴジラじゃなくて、小さいからコジラ。
針金の骨組みで不織布を貼ってある。


e0227942_00252381.jpg
球形に形作った和紙の外側にコウゾで枠を作る。
コウゾの枠は見かけより丈夫でメンテナンスもさほど難しくないとか。
和紙のムラによって、肉眼で見ると球体が満月のようにも見える。


e0227942_00283602.jpg
作家は鎌田泰二さん。
遊び心とアイデア溢れる作品の数々に、時間を忘れて見入ってしまう。


e0227942_00304572.jpg
こちらは趣味で作っているバードマンたち。
人形の材質によって調整が必要なようで、すごく熱心に取り組んでいるのが見て取れるのだけれど・・・趣味ですよね?


e0227942_00350833.jpg
鎌田さんは知識を出し惜しみされないので、聞いたら何でも教えてくださる。良いのかしら。


e0227942_00355471.jpg
これは通常使用している「タイコウゾ」
日本のコウゾは高価なので、安価なタイのものを使っているそうですよ。


e0227942_00373238.jpg
そのコウゾを広げると、こんな風にまるで布のようになっている。
これを叩いて繊維を短くしてから紙漉きをするそうで。

こうして話をうかがっている間にも電話やメールで仕事の依頼が入ってくる。


e0227942_00400673.jpg
そんなお仕事の一つが、宇都宮の灯ろう流し。

7月12日は宇都宮が空襲を受けた日なので、その犠牲者を追悼する灯ろう流しに鎌田さんの作ったこの黄鮒を流すんですって。
その他にも市民の皆さんの作った手作り灯ろうも流すそうで、鎌田さんの指導する手作り教室を7月1日(土)13:00~宇都宮中央生涯学習センターで開催。
親子での参加歓迎とのことなので、興味がありましたら6月28日(水)までにピースうつのみや(TEL.028-621-8778佐藤)へお申し込みくださいね。

過去の写真を見せていただいたら幻想的でとっても素敵だったので見に行きたかったのだけれど、その日はどうしても都合が付かなくて。来年こそは・・・!


e0227942_00504846.jpg
さて、8月の朗読会当日はどんな照明になるのでしょう。
大森さんの三味線も入るし、今から楽しみで仕方ないわ。

和灯屋の公式サイトはこちら

そうそう、8月16~20日には小山市のまちかど美術館で鎌田さんの灯りやからくり人形が展示されるみたいです。
こちらも楽しみですね。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-06-25 22:02 | 雑貨・インテリア | Comments(0)
e0227942_23195061.jpg
少し前にウォータドリッパーを購入したので、最近コーヒーはそれで淹れている。
おかげでコーヒー豆をあっという間に消費してしまうので、豆を買おうとカレイドコーヒーさんへ。

お店に入ったら知り合いがいてびっくり。まさかここで出会うとは。凄い偶然。


e0227942_23224806.jpg
ふと目に入ったアレンジメントフラワーたち。
店主さんにうかがったら2周年だそうで。それはおめでとうございます~!


e0227942_23241939.jpg
事情を話して水出しに合うコーヒー豆を選んでもらおうと思ったら、味見してみてと渡されたブラジルとコロンビア。
何杯でも飲めそうな癖のないブラジルと、独特の余韻の残るコロンビア。
・・・ここはやはりコロンビアの方が私にはしっくり来るかも。


e0227942_23271823.jpg
実は、もっと気になる豆もあったのだけれど、それは味見できないので次回にしましょう。
水出し用に挽いてもらう間、あちこち撮らせていただく。


e0227942_23291143.jpg
コーヒーの道具って本当に美しい。


e0227942_23295516.jpg
オプションで取り付けた水滴の落ち口←そんな名前なのかどうかは分からないけれど。
水出しコーヒードリッパーは、これ1台しかないからフル稼働だそう。
オブジェとしても美しいから、いつか広いキッチンの家に住めたら置きたいなぁ。


e0227942_23321812.jpg
紅茶をドリップで落とすとどうなるのか試しているところ。
(うちのドリッパーは、まさにこれ)
後で味見させていただいたけど、微かに風味だけが残る感じ。
紅茶はドリップじゃないほうが良いかもしれないわね。


e0227942_23343575.jpg
これは2周年記念のプレゼント品。豆がなくなり次第配布終了だそうなので、お早めに。
これ、ブラジル ピーベリーですよ! そんなことはどこにも書いてないけれど。
私なら自己主張しちゃうな~と思いながら、店主さんの謙虚さに感動しました。
だからこその2周年?
3周年にはハワイコナも良いなぁ。期待しています。

営業時間 13:00~19:00 火曜、第2第4水曜定休
宇都宮市関掘町51-3  
公式サイトはこちら


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-06-24 22:37 | コーヒー・紅茶 | Comments(0)
e0227942_22183253.jpg
本日(23日)から26日までの4日間、ウェアノートさんではアクセサリー作家角山由美(すみやまゆみ)さんの個展が開催されている。


e0227942_22223924.jpg
この日は角山さんがいらっしゃったので話をうかがう。
最初の頃はビーズのアクセサリー製作、やがて


e0227942_22251192.jpg
シルバーも扱うようになり、他の素材も使うようになってきたそうで。
繊細で美しいアクセサリーの数々。手間をかけて丁寧に作っているのがうかがえるわ。


e0227942_22255644.jpg
絹糸とシルバーの組み合わせ。これも素敵。


e0227942_22280398.jpg
こうしている間にも次から次へとお客さんがやって来る。


e0227942_22285286.jpg
会期中は商品が補充されるのかどうか聞きそびれてしまったので・・・


e0227942_22301335.jpg
気になる商品がありそうでしたらお早めに。
彼女(future antiques)の公式サイトはこちら


e0227942_22305470.jpg
ついでに夏物の服もチェック。
自然素材の服が多くて夏にはぴったり。


e0227942_22320588.jpg
出会いのパワースポットと化しているウェアノートさんで、また素敵な出会いがあった。
これからより一層楽しくなりそうな予感がするわ。

そして、この一週間で2回サップ(SUP)という単語を聞いたから、これはどこかで体験してこないと。


e0227942_22343220.jpg
営業時間 11:00~19:00(日曜祝日~18:00)
宇都宮市中今泉3-7-15 ark's1F  TEL.028-678-2483
公式サイトはこちら


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-06-23 22:45 | 雑貨・インテリア | Comments(0)
埼玉県幸手市の権現堂堤は、春は菜の花と桜、そして今の時期はアジサイの名所。

e0227942_17475538.jpg
今月20日、9時前に現地に到着。さすがにまだ人は少ない。


e0227942_17494269.jpg
アジサイの花は種類も多く、まだまだ綺麗。


e0227942_17504896.jpg
被写体を探しながら周辺をのんびり歩く。
午前中、木陰には涼しい風が吹いていたけれど、お昼が近くなるにつれて気温が上がってきた。
同時に、人出も随分増えたわ。


e0227942_17545137.jpg
あら、あちらでは皆さんが何やら真剣に・・・何を狙っているのかしら?


e0227942_17560747.jpg
私と同じように不思議に思った通りすがりの人が、先生の撮った写真をのぞきこんでいる。
私も後で見せてもらいましょう。


e0227942_18073807.jpg
さて、お昼も過ぎて暑さで集中が切れてきたし、そろそろ帰る時間ね。
アジサイにも様々な表情があるんだな~と改めて思った撮影会。
家の近所の公園にも撮りに行こうかな。

権現堂堤の辺りには自動販売機がないので、訪れる際は必ず飲み物を持参しましょう。
食べ物も数に限りがあるので要注意です。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)





by vivian-style | 2017-06-22 22:11 | 花を愛でる | Comments(0)
e0227942_21462851.jpg
いつも四季桜さんの蔵で開催されている「南の蔵の会」
今回はユニオン通りのリストランテチヒロさんでイタリアンとのコラボ。
日本酒でイタリアン・・・どんな会になるのか楽しみ。


e0227942_21495932.jpg
メンバーが揃うのを待つ乾杯用のにごり生酒「冬の華」。


e0227942_21513719.jpg
乾杯~!
見た目によらず、微炭酸で飲みやすいにごり生酒。


e0227942_21542568.jpg
前菜は炙りカマスと初夏野菜のカルパッチョ、煎り酒のグラニータ。
カルパッチョの下のグラニータは凍らせてあって、それを崩しながらいただく。


e0227942_22002875.jpg
今年5月、ロンドンで審査が行われた「IWC インターナショナル ワイン チャレンジ SAKE部門」四季桜さんの「万葉聖」がゴールドメダルを獲得。
それを記念して急遽ラインナップに追加され、私たちも一緒にお祝い。
自分の好きな蔵のお酒がこうして世界で評価されるのはとても嬉しいこと。
本当におめでとうございます。


e0227942_22055540.jpg
あ、久々に見かけた彼。
話をうかがったらレベルアップして戻ってきたそうで、これからの活躍が楽しみね。


e0227942_22070681.jpg
ブーリア産ブラータチーズ 桃と塩トマトのカプレーゼ 四季桜のマリナート。
イタリアンのシェフが日本酒に合うようにと一つ一つ熟慮してくれているのがうかがえるわ。


e0227942_22093601.jpg
飲み比べは純米酒のとちぎの星と純米吟醸酒。
フォカッチャの塩気が日本酒にこんなにぴったりだったなんて。


e0227942_22105637.jpg
作り方を聞いて感動した喜連川産 鮎の春巻き 胡瓜のサルサベルデ。
魚の内臓を一度取り出して、味をつけて戻してから春巻きで巻いて揚げているとか。
何もつけなくても、このままで十分美味しい。


e0227942_22143211.jpg
お料理が出るたびにテーブルで自ら説明してくれる仲山シェフ。
お客さんの質問にも丁寧に答えてくれる。


e0227942_22160079.jpg
自家製カラスミのスパゲッティーニ。そして


e0227942_22171880.jpg
凄く盛り上がった江別豚のロース粕漬け 塩釜焼きの塩釜を開ける瞬間。


e0227942_22190136.jpg
分厚い塩釜からかたまり肉が顔を出した。
一度厨房に戻って


e0227942_22202625.jpg
自家製唐辛子ペーストと共にお色直しして再登場。
食べられるヤングコーンのひげに覆われてよく見えないわね。


e0227942_22214437.jpg
ひげの下はこんな感じ。しっとりと柔らかい。


e0227942_22230829.jpg
私のお気に入りの純米大吟醸「今井昌平」の原酒。
こういうワイングラスを使うと、一段と香りが立つ。


e0227942_22251223.jpg
マンゴーのぜんざいと練乳のニョッキ 酒粕のかき氷掛け。
これは斬新な一品。シェフの発想の豊かさに感動だわ。


e0227942_22273784.jpg
〆は濃い目のコーヒー。余韻に浸りながらゆっくりいただく。

素晴らしい宴を共にした参加者の皆さん、仲山シェフ、スタッフさん、そして企画してくれた今井さん、本当にお世話になりました。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-06-21 22:38 | お酒・女子会 | Comments(0)

素敵な時間を過ごせますように


by vivian