日々の贈り物(私の宇都宮生活)

aprodite.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

e0227942_22150174.jpg
済生会病院へ行くたびに気になっていたお店、鮨割烹いいじまさん。
店の外観がちょっとお高そうな雰囲気なので今まで近寄らなかったけれど、


e0227942_22155729.jpg
外に出ているボードを見たら、もしかしてリーズナブル?
思い切って夫と一緒に暖簾をくぐる。


e0227942_22202592.jpg
あら、こんな注意書き。
こんな風に書かなければならないようなコトがあったのかしらと思いながら店内へ。


e0227942_22231964.jpg
小上がりのテーブル席は掘り込み式なので、膝の悪い人でも大丈夫。
壁の絵が華やかで綺麗ね。


e0227942_22245831.jpg
私の頼んだ海鮮丼セット。土曜日なのに、これで1080円(税込)ですよ!
サラダ、香の物、茶碗蒸し、お味噌汁、杏仁豆腐、そして


e0227942_22293897.jpg
海鮮丼! さすが鮨割烹、美味しくて嬉しい。
他のメニューも気になるから再訪しようと夫。
夜もアラカルトだし、カウンター席があるから一人で訪れても良いかな?
ごちそうさまでした。

営業時間 11:00~14:00(LO13:30) 18:00~22:00(LO21:30) 水曜定休
宇都宮市竹林町978-6  TEL.028-666-8004


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-07-31 22:39 | 休日ランチ | Comments(0)
e0227942_21343023.jpg
この日は用があって、表参道スクエアから常に行列している宇都宮みんみん本店と正嗣宮島店を横目にボロンゴさんへ。
表のボードを見るとランチは全て800円。
少しは空いているかもと時間をずらしたおかげでカウンター席に座れたけれど、店内にはビジネスマンらしい人がいっぱいでほぼ満席。
ランチには女性が多いお店ばかり入っていたので、景色が新鮮だわ。


e0227942_21425209.jpg
ランチに付くサラダ。大き目のお皿にたっぷり。


e0227942_21434242.jpg
時間が遅かったせいでメインはスパゲティかドリアしか残っていなかったので、ドリアを選択。
熱々ですぐには食べられないから、写真を撮りながらのんびり。
このドリア、一見量が少なそうに見えるけれどボリュームたっぷり!
これなら男性のお客さんが多いのも納得ね。
もちろん時間をかけて食べ切ったけれど、次回からは少なめでってお願いしましょう。


e0227942_21524812.jpg
店主さんと話をしていたら、食後のコーヒーの写真撮るのを忘れていたわ。
この内容で800円って凄くリーズナブル。マチナカなのに。
そうそう、こちらの店主さんも素敵な写真を撮るんですよ。
そのうち店内に写真が飾られるようになるかも?
楽しみにしていますね。ごちそうさまでした。


e0227942_21392209.jpg
営業時間 11:30~14:00(LO13:30) 17:30~23:00(LO22:00) 日曜祝日定休
宇都宮市宮町2-15 ボロンゴビル  TEL.028-307-2876


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-07-30 22:03 | 平日ランチ | Comments(2)
e0227942_10004478.jpg
益子の城内坂入口にある日下田(ひげた)藍染工房さん。
母屋は住居と藍染めの作業場兼用の茅葺屋根。
栃木県指定文化財になっている築200年の建物は、あの震災にも耐えた。
作業場には愛知県常滑焼の180リットル入の藍ガメが72個、土の中に埋められている。
全部稼動していないのはどうしてかと思ったら、微生物のために休ませながら順番に使っているとか。
この工房の主、日下田正さんは9代目で1939年生まれ。
民芸運動の濱田庄司、柳宗悦、河井寛次郎らを直接知る数少ないうちの一人とのことで、話をうかがう会が催された。


e0227942_10275711.jpg
ほんの軽い気持ちで訪れたところ、ライターさんと学芸員さんもいらっしゃって本格的。
彼らの質問は的確で、しかも学芸員さんの博学なことったら!
こんなに頭の切れる女性がいるのは嬉しい事。きっと努力の違いね。


e0227942_10200952.jpg
資料を見ながら順を追って話をうかがう。
聞くほどに、イメージと現実のズレを感じる。
「民芸」というコトバに対して、あるいは「民芸運動」に対してモノをつくる職人さんや作家さんには様々考えるところがあると思うのだけれど、根本はシンプルで後世のためだったのではなかろうか。

私が聞いた濱田氏のエピソードの中で印象的だったのは、川崎出身の濱田氏が益子に来た時、地元の若者たちを集めて「焼き物はこれから盛んになる。他の仕事もこれから必要とされるから手仕事を頑張ろう」と声を掛け、彼らの収入になるようにそれぞれ仕事の注文を出したこと。
日下田さんのお父様(8代目)には手織りの作務衣を注文したとか。

この夜の日下田さんの話はライターさんが記事にまとめて出すと言っていたので、そのうちどこかで目にする機会があるかもしれませんね。

現在の日下田さんは種子から綿を育て、紡いで織ることに重点を置いてる。
手間ひまかけて織りにこだわるのは、その質感と「未だに思うようにいかないことが多い。たまに上手くいくと嬉しい」ところにあるようで。
貴重なお話をありがとうございました。


e0227942_11522128.jpg
おまけ。
日下田さんを囲む会は、茂木在住の陶芸作家 和田さんの家で開催されたのですが、彼曰くこの「貫入(かんにゅう)」を知らない人が多いそうで。
これは「ヒビ」とは全く別物で、使用しているうちに変化していくものなんです。
これを「育てる」と言ったりするんですけれどね。
陶器を購入したお客様から「ヒビが入ってる!」と苦情を言われることもあるそうで。
少しずつ色んなことが忘れられているのでしょうか。
この日は、様々なことを考える夜になりました。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-07-29 22:28 | インタビュー | Comments(0)
前回はほんのちょっと立ち寄っただけのベルアンさん。
今回は友人と軽く色々つまみながら近況報告会をしましょうと訪れた。

e0227942_21562409.jpg
この日はアルコールは抜きなので、ジンジャーエールの辛口。
これなら食事と合うかも?


e0227942_21574651.jpg
自家製野菜ドレッシングのかかったグリーンサラダ。
ガラスのお皿が涼しそう。ウチにも同じようなお皿があるのを思い出したわ。
こんな風に使えばいいのね。


e0227942_21593205.jpg
二品目は野菜のキッシュ、サラダ添え。
ベルアンさんのメニューの中でも大人気だそうで、食べればそれも納得!
ただの野菜のキッシュと侮ることなかれ。


e0227942_22062343.jpg
因みに全部友人とのシェア。
店主さんが取り分け易いようにとカットしてくれるので助かるわ。


e0227942_22072222.jpg
これは店主さんオススメの牛ハラミ肉のステーキ、赤ワインソース。


e0227942_22083274.jpg
後姿も美しく、赤身肉は想像以上に柔らかく味も良い。
こんなに美味しい牛ハラミ肉ってなかなかないんじゃないかしら。


e0227942_22111652.jpg
最後はデザートで締めましょう。
木苺とキルシュのムース、プランタン。デコレーションも可愛らしい。


e0227942_22123986.jpg
これも店主さんに切り分けていただく。


e0227942_22131192.jpg
たっぷり目のコーヒーをいただいて、まったり。
夢のために頑張る友人を見ていると刺激になるわ~。
私ももっと頑張りましょう。
お会計をしたら、そんなんで大丈夫?と思うほどリーズナブルだった。
これなら気軽に立ち寄れそうね。ごちそうさまでした。


e0227942_22144948.jpg
営業時間 11:30~14:00 18:00~22:00 火曜定休
宇都宮市伝馬町2-22  TEL.028-638-3224


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-07-28 22:20 | 夜ごはん | Comments(0)
e0227942_22055134.jpg
今月20日、友人と一緒に小塚農園さんでブルーベリーを摘んでからランチをしましょうと向かったのは


e0227942_22073984.jpg
日光街道沿い、徳次郎の済生会高齢者ケアセンターに入っている六本杉珈琲さん。
昨年までサンセットロースターコーヒーさんが入っていたところ。


e0227942_22104574.jpg
談話室に隣接したカフェ。
光がたっぷり入って明るい店内。壁には大谷石が使われていてお洒落ね。
いつオープンしたのかうかがったら去年の12月26日と。


e0227942_22121920.jpg
メニューはこちら。最近マイブームのカレーにしましょうか。


e0227942_22132103.jpg
店主さんが一人で切り盛りしているので、涼みながら暫し待つ。


e0227942_22135666.jpg
ランチのサラダにしては思ったより量が多い。これだけでもおなかいっぱいになりそうよ。


e0227942_22144856.jpg
彩り野菜と五穀米のカレー。
根菜もたっぷり乗って、これはお腹に溜まる~! 
少なめでって言えば良かった・・・と、ちょっと後悔。時間をかけて食べきったけれど。


e0227942_22164550.jpg
食後にコーヒーで〆。
平日のせいか利用客もなくのんびりした時間を過ごさせていただいたわ。


e0227942_22182276.jpg
友人によると、本当はこちらのモーニングを食べたかったんですって。
ブルーベリー摘みに手間取って、モーニングのラストオーダーに間に合わなかったのよね。
いつか食べられますように。ごちそうさまでした。

営業時間 9:00~17:00 月曜定休
宇都宮市徳次郎町2479-1 済生会高齢者ケアセンター1F  TEL.090-9688-0343


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-07-27 22:24 | 平日ランチ | Comments(0)
e0227942_22074453.jpg
天気もあまり良くなかったこの日、奥日光の昼間の気温は20℃ちょうど。
すっかり身体が冷えてしまったので、知り合いに紹介された日帰り温泉施設に立ち寄りましょう。


e0227942_22091055.jpg
向かったのは湯元の奥日光小西ホテル。
通常の入浴料は1000円だけれど、ホテルの公式サイトからお得なクーポンもゲットできるので要チェック。
プラス300円でバスタオル・タオルも借りられるので、手ぶらでも大丈夫。

カラン8、ドライヤー3~4
泉質は硫黄泉。源泉の水温が高いので、加水して水温を調節。

ここのお風呂の醍醐味は、何と言っても露天風呂!
露天風呂の周辺には自然の林が広がっているせいか、野鳥達がすぐそばまでやって来るんですよ。
キジバトをはじめ、コゲラ、シジュウカラ、そして大好きなエナガ。
近視(0.2)の私がメガネ無しで認識できるほど近くまでやって来る鳥たちに、もう嬉しすぎて露天風呂から出られない~!

・・・ただの怪しい人ですね。
出る前にシャワーを浴びたけれど、翌日まで硫黄の香りに包まれていたわ。
何だか凄く効能ありそう。野鳥にも癒されたし。

日帰り温泉利用時間 7:00~10:00 13:00~21:00
日光市湯元温泉2549-5  TEL.0288-62-2416
公式サイトはこちら


e0227942_22210757.jpg
下りのいろは坂は霧が出始めて幻想的。
いい雰囲気になるようにカメラの設定を変えながら撮っていたら、夫の「鹿!」と言う声に目を上げれば


e0227942_22275861.jpg
こんなに近くでのんびりと草を食む鹿。カメラを向けられても動じる様子もなく。


e0227942_22291825.jpg
夏の奥日光は涼しくて快適。
また鳥たちに癒されに訪れましょう。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-07-26 22:33 | 日帰り温泉 | Comments(0)
夏休みに入ったばかりの日曜日だったせいか、それとも下界があまりにも暑いので涼を求める人が多かったのか

e0227942_17092856.jpg
日本野鳥の会栃木の探鳥会が開催される日の朝、赤沼駐車場の集合場所に着いたら雨にもかかわらず大勢の人が!
いろは坂を上りながら、こんな雨では中止かも・・・と危惧していたのに。
多すぎて3つのグループに分かれて探鳥することになった。


e0227942_17114844.jpg
最初に出迎えてくれたのはモズのメス。枝の向こう側で見にくいけれど。


e0227942_17123803.jpg
高い木の天辺辺りでさえずっていたカッコウ。
カッコウがなぜこんな姿なのかという野鳥の会のスタッフさんの説明になるほどと。
全ては託卵するためなのね。


e0227942_17150810.jpg
ウグイスのさえずりが戦場ヶ原に響き渡る。


e0227942_17170308.jpg
時々こういう先端に止まってくれるノビタキ。
初めて見たけれど絵になる鳥ね。


e0227942_17180817.jpg
川べりの木の茂みでエサを捕まえたニュウナイスズメのメス。


e0227942_17184091.jpg
マガモ。
この時期のマガモのオスはくちばしの色が黄色くなってメスのふりをする個体もいるそうな。


e0227942_17201828.jpg
こちらはオシドリのメス。
「オシドリ夫婦」って言葉があるけれど、本当のオシドリはオスもメスも浮気性なんですって。
それは知らなかったわ~。


e0227942_17231266.jpg
エサをくわえているアカハラ。


e0227942_17240629.jpg
ヒタキ類の幼鳥。


e0227942_17272623.jpg
時折雨が強く降って足元がぬかるんだりしていたので、早々に探鳥会は終了。
それでも野鳥の会のスタッフさん達のおかげで様々な野鳥が見られて幸せ。
彼らは知識も豊富で素晴らしいわ。


e0227942_17293990.jpg
解散した後も野鳥モードが止まらなくなってあちらこちらへ。
これはツバメの親子。


e0227942_17302487.jpg
さすがに奥日光は天気が悪いと気温が上がらない。お昼頃でも気温20℃ですよ。


e0227942_17305889.jpg
身体が冷えてきてしまったので日帰り温泉に入りましょう。


e0227942_17314864.jpg
その記事は明日アップしますね。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-07-25 22:20 | 鳥を愛でる | Comments(0)
沖縄旅行から戻って、夫の両親との会食会。
どこに行きたいか希望を聞いたら華月さんと。
当日予約で個室が空いていたから本当にラッキー。

e0227942_22015097.jpg
席に通されて最初に出されたこれは・・・何かしら?
山芋のすりおろしを蒸したものに餡かけのような。
聞きそびれてしまったけれど凄く優しい味で美味しかったわ。


e0227942_22031703.jpg
今回はたまたまこちらに来ていた夫の妹さんも一緒で賑やかに。
両親も嬉しそうで良かった。
予約した時にお料理も頼んであったので次々に並ぶ。
今回頼んだのは華月御膳2200円(税別)
その金額とは思えないような内容なので、とっても使い勝手がいいのよね。

では、一品ずつ見てみましょう。


e0227942_22051489.jpg
焼き物はみずほのポークの麹漬けとピクルス。


e0227942_22082783.jpg
抹茶塩でいただく揚げ物はもろこしかき揚と穴子の天ぷら。
このもろこしかき揚は皆さん気に入ったようで絶賛。穴子も柔らかくふっくら。


e0227942_22090494.jpg
小鉢はさっぱりした梅そうめん。


e0227942_22123436.jpg
そして、日本酒に合いそうな鰻柵。


e0227942_22091301.jpg
冷製のカツオの藁焼きには特製ポン酢をかけて。
やっぱり日本酒を頼めば良かった・・・と後悔することしきり。


e0227942_22152166.jpg
5種の握り寿司。おなかいっぱいだけれど、食べられてしまうからお寿司って凄い。


e0227942_22164257.jpg
ジュンサイのお味噌汁でホッと一息。


e0227942_22172881.jpg
デザートは巨峰のシャーベット白ワインがけと果物。
コーヒーで〆。

有り難いことに夫の両親は食欲があって、この量をあっという間に食べきってしまう。
長寿の秘訣はこういうところにあるのかもと毎回思わずにはいられない。
個室でのんびりできたし、そろそろ帰りましょうか。ごちそうさまでした。


e0227942_22242750.jpg
営業時間 11:30~14:30 17:30~22:00(日祝~21:30) 木曜定休
宇都宮市戸祭町3031-1  TEL.028-908-6530


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-07-24 22:27 | 休日ランチ | Comments(0)
e0227942_19421055.jpg
今回の南の蔵の会は、ちょっと趣向を変えてカクテルパーティ。
どんな内容になるのかワクワクするわね。
パーティだからちょっと気分を盛り上げましょうと、浴衣で参加。


e0227942_19443045.jpg
蔵から漏れる明かりに誘われて中へ。


e0227942_19461673.jpg
蔵の中には皆さんの熱気が溢れているわ。


e0227942_19473786.jpg
メンバーが揃ったところで宴の開始。
まず主催者の今井さんからの挨拶と


e0227942_19481697.jpg
カクテル担当のシニアソムリエ古川善信さんの紹介と挨拶。


e0227942_19511672.jpg
乾杯は、火入れしていない生詰めの季節限定特別純米酒。


e0227942_19525241.jpg
乾杯の音頭は入籍したばかりの彼。
ずっと母のように見守ってきただけに、とても嬉しく微笑ましく。


e0227942_19544159.jpg
「乾杯~!」
爽やかな味と香り。これは蒸し暑い夏にぴったりね。


e0227942_19560152.jpg
お弁当は和旬彩 右京さんのもの。これも凄く嬉しいわ。
最近お店に行けてないから、そろそろうかがわないと。


e0227942_19574824.jpg
蓋を開けると前菜から焼き八寸、煮物、天ぷら・・・と、日本酒の進みそうな肴ばかり。


e0227942_20004488.jpg
「サムライ」
グラスのふちの塩はお好みで。日本酒にカットしたライムを入れたもの。
香りも味も一段と爽やか。これはお洒落だし家でも実践できそう。


e0227942_20031993.jpg
「KINUGAWA」
ブルーキュラソーにフローズン日本酒?
目にも鮮やかでthe夏!って雰囲気。


e0227942_20050927.jpg
皆さんお待ちかね、今井さんのお母様のお赤飯。
とっても美味しくて毎回これも楽しみの一つ。有り難いわね。


e0227942_20070062.jpg
古川さん自ら、益子の農場ノートルダムで朝摘んできたブルーベリーの入ったカクテル
「Les myrtilles」
時間を置くほどにブルーベリーの味と色が日本酒に移って。
これも家で試したい一品。


e0227942_20110990.jpg
〆にいただいたのは大吟醸生酒。
濾過と火入れを一切行わず、蔵の中で醸した四季桜の”心意気”だそうで、しっかり受け取りましたよ。

この四季桜の南の蔵の会も、最初の頃は知り合いもなく一人で参加していたけれど、だんだんと和が広がり今ではすっかりファミリーのような。
六代目の「美味しいお酒のあるところに良い集まりが出来る」というコトバの通りね。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-07-23 22:00 | お酒・女子会 | Comments(0)
沖縄旅行から戻った翌々日、東京で開催されていたアイスショーへ。

e0227942_13160970.jpg
真夏の暑い沖縄からダウンの必要なスケートリンク。凄い気温差だわ。


e0227942_13175636.jpg
フィギュアスケートを生で観るのは凄~く久しぶり。
因みにスポンサーの車に乗って手を振っているのは解説もしているあの本田さん。
随分と(体型も)丸くなられて。この後、ショーで滑るんですけれど・・・やはり重いわね。

演技中は撮影禁止なので写真はありませんが、四季をモチーフに流れるように美しい演出と照明、そしてスケート。
スケートチームの群舞の見事さに感動し、ソロスケーターには目が釘付け。
生で見て改めて思うのは、とにかくハンパないスピード感。
これはTVではなかなか伝わらないわね。


e0227942_13301176.jpg
フィナーレからは撮影OK。
今回訪れたのは、東京公演だけ友人の娘さんがキッズスケーターで出演するから。
あの小さかった子がこんなに素晴らしいパフォーマンスを見せてくれるなんて!と、つい母心。


e0227942_13310276.jpg
最後はふれあいタイム。花束を渡す人達がリンクサイドでお目当てのスケーターに花を渡したり記念撮影をしたり。
荒川さんは相変わらずのクールビューティ。
パフォーマンスも美しかったわ。


e0227942_13325937.jpg
宇野君はさすが現役だけあって、抜群の安定感とオーラ。
シニアに上がったばかりの時はどことなく頼りなかったけれど、もうすっかり好青年。


e0227942_13343282.jpg
今回特筆すべきなのは町田君。バレエを基にしたパフォーマンス。
もしかしたら現役の頃より良くなった?と思えるほどの出来で、きちんとした大会で見てみたいと願わずにはいられない。

写真を撮り忘れたけれど小塚君も出演していて、スケートを続けていてくれたのかと嬉しくなり。
さすがにちょっとブランクがあったせいか完成度はまぁまぁだったけれど、やはり華がある。
他にも安藤美姫さんや村上佳菜子さん、期待の若手たちも出演して豪華なショー。
8月5,6日には日光の霧降アイスアリーナでも開催されるそうなので、興味がありましたら足を運んでみてくださいね。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-07-22 22:24 | 映画・舞台 | Comments(0)

素敵な時間を過ごせますように


by vivian