日々の贈り物(私の宇都宮生活)

aprodite.exblog.jp
ブログトップ

タグ:公共施設 ( 55 ) タグの人気記事

e0227942_21361834.jpg
面白いという評判だった宇都宮美術館の今回の企画展。
最終日にようやく訪れることができた。
この企画展の何が素晴らしいって、写真撮影可能なエリアもあったことですね。
訪れた人がその写真をSNSにアップするので結果として集客にも繋がるし、良かったのでは?


e0227942_21392983.jpg
展示室へ向かう長い通路に並ぶ封筒。宛名は宇都宮美術館。
日本各地から送られたようで、様々な切手が面白い。
これは一体何かしら?と思っていたらスタッフさんが説明してくれた。
この封筒にはそれぞれ短冊が入っていて、それを会期中一日ひとつずつ風鈴につけてぶら下げていったとか。


e0227942_21415510.jpg
最終日なので、下げられた風鈴がずらりと並ぶ。タイトルは「風贈り」


e0227942_21450291.jpg
中央ホールで一際目立っていたのは、折りたたみ可能な花瓶たち。
これ、先日行ったギンザシックス4Fのお店で販売しているのを見たわ。
こんな風に並ぶとカラフルで美しいわね~。


e0227942_21474096.jpg
一列に並んだ風車が風を受けて一斉に回り出す。
正面から見るとガラスに映って沢山の風車が回るように見える。
タイトルは「風形(ふうけい)」


e0227942_21492037.jpg
ガラスケースに反射する木漏れ日が美しい。
「木漏れ日の中で読書していたら蝶々がやってきた。ふと目を上げると木々の緑が鮮やかだ」そんなイメージで写真を撮る。
タイトルは「時間の標本」


e0227942_21532167.jpg
これは面白いと思った銀色のカップ。
鏡のように周囲を映し込むので、見る角度によっても何を下に敷くかでも全く違う表情を見せる。


e0227942_21561062.jpg
個人的に、モノは無駄に美しいほうが良いと思うし、そういうモノが好き。


e0227942_21585995.jpg
ギンザシックスで見たこの時計は黒だった。
見惚れるほど美しくて、家に戻って夫に力説するほどに。
白も悪くない・・・でも、黒の妖艶な美しさは忘れられない。


e0227942_22010113.jpg
そして遊び心も大切。デザインは生活を豊かにしてくれるわね。

珍しく夫が今回の企画を気に入ったようで「面白かった」と。
10月8日から始まる次回企画展も面白そうなので、また訪れましょう。


e0227942_22155066.jpg
宇都宮美術館の公式サイトはこちら


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-09-24 22:19 | Comments(2)
e0227942_21501587.jpg
宇都宮美術館では9月4日(日)までクワクボリョウタ展が開催されていた。

彼は第11回宇都宮エスペール賞を獲得。(この賞は期待の若手芸術家に贈られるもの)
今回の作品は2点だけだったけれど、光と影のインスタレーションはとても印象的でずっと見ていたいくらい。
もう会期が終わってしまったので、もしまた開催されるなら是非足を運んでくださいね。
子供から大人まで楽しめる内容でした。


e0227942_21561420.jpg
9月18日からはスターウォーズ展が開催されるようなので、それは混雑するでしょうね。
美術館には殆ど興味の無い夫が「次はスターウォーズだって!」と嬉しそうにチラシを手にとっていたし。

宇都宮美術館の公式サイトはこちら


e0227942_21582853.jpg
さて、美術館の駐車場に車を止めたまま、この看板に従って砂利道を歩いていくと


e0227942_21591996.jpg
目の前に広がるキバナコスモスの群生!
9月4日付けの下野新聞によると、美術館の来館者に楽しんで欲しいと近くの農家の方が個人で整備されているそうで。
3500平方メートルの広いコスモス畑はほぼ満開。
手入れが大変でしょうに・・・頭が下がるわ。


e0227942_22030393.jpg
今月末頃までは楽しめそうなので、美術館を訪れるついでにキバナコスモスを愛でるのも良いかも。
個人の敷地ですので、マナーは守りましょうね。


e0227942_22050763.jpg
美術館を後にして、夕焼けにならないかな~と鬼怒グリーンパークへ移動。
思ったほどは焼けなかったけれど、すっかり秋の空。
コスモスといい雲といい、季節は着実に移り変わっているのね。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2016-09-06 22:17 | お出かけ・名所 | Comments(0)
とうとう友人の栃木県観光ツアーも最終日。
あまり時間がないので、近くで楽しめるようにと向かったのは

e0227942_17031774.jpg
広~い公園が気持ちいい宇都宮美術館。


e0227942_17040851.jpg
ハートを抱いた片羽の天使にご挨拶して


e0227942_17050186.jpg
石段をのぼって美術館へ。


e0227942_17055042.jpg
ちょうど、印象派からエコール・ド・パリの絵画が展示してあるので良かった。


e0227942_17065153.jpg
私のお気に入り、絵の具のチューブの作品の話をしながら


e0227942_17073130.jpg
館内へ。
ここは広すぎないのでゆっくりまわってもそんなに時間はかからないし、混雑していないので自分のペースで鑑賞するのにぴったり。


e0227942_17123315.jpg
ちょっと優雅な時間を過ごして、宇都宮最後のランチに向かいましょう。
リクエストは和食。・・・では、ここから近いあそこかな?

宇都宮美術館
企画展 9月20日~11月23日
開館時間 9:30~17:00 月曜休館(ただし祝日の場合は翌日休館)
観覧料 大人900円
宇都宮市長岡町1077  TEL.028-643-0100
公式サイトはこちら

いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。
 
by vivian-style | 2015-11-09 22:16 | お出かけ・名所 | Comments(0)
以前、高橋洋直さんにインタビューした時、加蘇芸術村の話を教えてもらっていた。
で、今月20日(土)そのオープニングセレモニーが開催されると聞き、どんなものかと思い切って訪れてみた。
鹿沼の西の端、宇都宮からは遠いように感じるけれど、場所は簡単。
鹿沼街道をどこまでも道なりに進めば良いだけ。

e0227942_00063197.jpg
式典の途中でやっとたどり着く。
天気が良くて周囲の緑が綺麗ね。ここは加蘇コミュニティセンター。

この「加蘇芸術村」とは、加蘇地区の県道沿いに現代アートを3つ設置し、地元の神社や滝などの自然と共にアートと位置づけて観光客に廻ってもらおうと言う趣旨だそうで。


e0227942_00083085.jpg
式典が終了し、まずこちらに設置してある高橋洋直さんの「nexus」について本人の説明を聞く。


e0227942_00135096.jpg
このアシナガバチは人の家のそばに巣を作って共同体を形成することから、人も集まるような場所になって欲しいとの思いを込めて作成したそうで。
写真では伝わりにくいのだけれど、本当に完成度の高い美しい作品なんですよ。
少し高いところにあるので見にくいけれど、この精巧な蜂を是非見てくださいね。


e0227942_00162771.jpg
様々な質問に丁寧に答える高橋さん。
蜂の巣の作成は同じことの繰り返しで飽きてしまうので、別のものを作って気分を変えていたとか。


e0227942_00193529.jpg
次の作品は車で更に西へ移動して。
こちらは稲葉友宏さんの「生きること」
R293美術展で私が注目した若手の作家さんで、高橋さんの大学の先輩でもあるという。


e0227942_00262064.jpg
彼の作品は、実体から宙に溶けて行くようなものが多いのだけれど、これは逆。
地面から受けたエネルギーが実体化していくような、そんなイメージ。
本人に聞いたら、生き物にとって立つと言うことは即生きることに繋がるのでと。
(因みにこの脚は地中に1mほど埋まっています)
自然の色に負けないように白く塗装。経年で変色したり錆びたりする変化も楽しんで欲しいとか。


e0227942_00370471.jpg
更に車で先へ進んで「そば処久我」の敷地にある文星芸大の吉田利雄准教授による「SOBANOMI KOYOMI」
この辺りは蕎麦の実の産地であることから、モチーフにしたと。
で、面白いのは


e0227942_00403150.jpg
中を覗くとこんな風に先端に穴が開いているのが見えるんです。
これは、新蕎麦の出来る頃(11月)の正午、太陽の光がここから入って地面に星型の光が出来るようにだそうで。
なんてロマンチック!


e0227942_00430613.jpg
ピンク色にしたのは、景色とのコントラスト。
形も、見る人によってハートとか様々に見えたら良いと。
この形を綺麗に溶接するのはとても大変だったそうです。

さて、現代アートはこの3点。
ここで目にした久我のポスターがあまりに素敵だったので、そのモデルになった場所を教えてもらって行ってみました。


e0227942_00464506.jpg
それがこちら。
一般のお宅のようだけれど、時間帯と天候によってはとても素敵な写真が撮れそう。

で、これで帰ればよかったのだけれど、アートの一つになっている「大滝」を見たいと夫が言うので向かったら


e0227942_00502987.jpg
こんな山道。路肩は崩れているし、落石はあるし・・・そもそも対向車が来たらどうしろと?
「大丈夫、大丈夫」と助手席でお気楽な夫。


e0227942_00521121.jpg
何とか駐車場までたどり着いたけれど、軽装では危なそう。
熊も猿も鹿も出そうだし。
実際、ここまで来る途中、夫が鹿と目が合ったと大喜び。

また日を改めて再度挑戦ということで、戻ることにしたわ。次回・・・あるのかなぁ。

いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。
 
by vivian-style | 2015-06-22 22:16 | イベント・セミナー | Comments(0)
「地道にこつこつ」・・・NHKの朝ドラじゃないけれど、息子が生まれてからお祝いやお年玉でいただいたお金は全て息子の口座に貯金してきた。
さすがに18年も続けるとある程度の金額になり、

e0227942_20274135.jpg
その貯金を大学の留学プログラムに使いたいと本人が言うので。
目的地はアメリカ。
大学の説明では「これからのエンジニアは海外で活躍することも視野に入れて、できれば早い段階で海外に出て刺激を受け、大学生活を有意義なものにしてもらいたい」と。
まあ、そんなに都合よくなるかどうかは別にして、これも良いチャンスかと。
出発する日、見送りと言う名目で成田までついていったのは


e0227942_20341294.jpg
第1ターミナルビルにある展望デッキから飛行機を撮るため。
柵が邪魔かな~と思ったけれど、


e0227942_20353798.jpg
ところどころにこうして撮影用に柵が切れているところがあるので大丈夫。


e0227942_20381510.jpg
昔と違って航空会社も増えて、こんなプリントされた機体があったりして楽しいわね。


e0227942_20393208.jpg
久しぶりに国際便の飛行機を見たけれど、ジャンボジェットと言われていた機体が減り、小ぶりなものが主流なのかな?


e0227942_20411511.jpg
「おもてなし」というコトバが浮かんだ光景。


e0227942_20420569.jpg
この辺りにはなぜかアオサギが多くて、こんな大きな身体がエンジンに巻き込まれたら大変と、ちょっと心配になるほど。


e0227942_20431159.jpg
あれは何かしら?・・・と思って見ていたら


e0227942_20435257.jpg
「Together!」と誘ってもらった。さすが成田、英語だわ。
「No!」と即座に断ったけれど・・これは何だったのかしら? 聞けば良かったな。


e0227942_20465080.jpg
これは着陸する飛行機。
こんなに白煙を上げながら着陸していたら、あっという間にタイヤがダメになりそう。


e0227942_20483342.jpg
あれが多分、息子の乗った飛行機。見送る鳩と私。


e0227942_20501176.jpg
飛行機の離発着はいくら見ていても飽きないけれど、いつしか太陽も傾いて。
そろそろ家に帰らないとね。

この前日、写真クラブの撮影会で「飛行機の写真は作品になりにくい」という話が出たな~。
それでも、楽しかったから良しとしよう。

いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。
 
by vivian-style | 2015-05-31 22:11 | お出かけ・名所 | Comments(0)
e0227942_22310103.jpg
今月23日、カトリック松が峰教会聖堂でチャリティコンサートが開催された。


e0227942_22443108.jpg
良い感じの夕焼け空。どんなコンサートになるのか楽しみね。


e0227942_22315922.jpg
この日は2回公演で、昼間は都合が付かなかったので夕方からの公演を聴きに。
チケットは前日に急遽プレイガイドで購入。


e0227942_22332162.jpg
演奏前は写真を撮っても良いとのことだったので、今回は2階席から。
聖堂内部には大谷石がふんだんに使われていて、漆喰の壁や木製の家具と合って雰囲気があるわね。


e0227942_22343939.jpg
曲目はJ.アルカデルトのアヴェ・マリアとSir.E.エルガーのアヴェ・マリアをピアノ伴奏で宇都宮第九合唱団の皆さんによる合唱。


e0227942_22363637.jpg
そして、祭壇の向こうに見えるパイプオルガンの伴奏で、プロの声楽家さん達と合唱団の皆さん、指揮富澤裕さんによるC.F.グノーの聖チェチーリア荘厳ミサ曲をキリエ等6曲。
アンコールは同じくグノーのアヴェ・マリア。
土曜日の夜のひと時、心穏やかに聴くミサ曲は癒し効果抜群!
この聖堂でパイプオルガンの音色と共に心地良い時間を過ごせて幸せ。


e0227942_22413948.jpg
ほんの1時間程度の短いコンサートだったけれど、魂が洗われるってこういうことねと思えるほど心身ともに軽くなって家路に着いた。

またいつかここで開催されるコンサートが聴けますように。

いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。
 
by vivian-style | 2015-05-25 22:48 | イベント・セミナー | Comments(4)
久しく県庁の直売会に行っていないと思って、過去の記事を調べたら1年半ぶり。
何だかどんどん月日の経つのが早くなっている気がするわ。

e0227942_09291777.jpg
以前は外に出ていたお店もなくなって、ずいぶん縮小したように感じる。
一通り簡単に見て写真も撮らずに帰るつもりだったのだけれど、


e0227942_09311060.jpg
この巻きうどんを見て方針転換。これは何?

いただいた資料によると明治の頃から栃木県北部では保存用として作られていたそうで。
ロール状なので、食べる時に好きな太さにカットして使うのだと。
材料が小麦粉なので焼いてスイーツにも使えるし、お料理の得意な人ならいろいろ応用できそう。


e0227942_09354715.jpg
冷蔵庫で1週間、冷凍すればさらに保存できる。
これ1本で約4人前700円(税込)。
来月の直売会にも出店するんですって。実物を見たい方は是非。


e0227942_09381185.jpg
巻きうどんを作るところが減ってきて伝統が途絶えそうだったところを「NASU no Maki-Udon」として盛り上げようと頑張る小山田さん。
上河内サービスエリアや那須のホテルエピナールの売店でも購入できるとか。


e0227942_09544406.jpg
日本では珍しい肉用ホルスタインを飼育している前田農場のレトルトカレーを持つ専務の前田さん。
肉用ホルスタイン? 
去勢したオスで、およそ2歳、肉質は赤身が多く癖がないそう。
牧場直営のレストランFarmer's Cafeが大田原にあって、案内を見せてもらったら美味しそう~。
いつか行ってみたいわ。


e0227942_10050121.jpg
こちらの立派なメロンはJAはが野のもの。
毎年恒例の「メロンまつり」がJAはが野真岡流通センター内特設会場で行われるそうで、
日程は6月1,6,7,10,13,14日9:00~14:00、完売した時点で終了と。

メロンは買ってすぐに食べるより、少し日を置いたほうが良いそうですよ。
保存は冷蔵庫ではなく常温で。
食べごろの見極めは、おしりの辺りが柔らかくなってきたら。
食べる1時間前に冷蔵庫で冷やして、食べる直前にカットするのが一番美味しく食べられるんですって。
ウチでは丸ごと1個のメロンを買うことがないから知らなかったわ。


e0227942_10132929.jpg
お店の数は少なかったけれど、収穫もあったしとちまる君にも会えたし満足。
この直売会は、原則毎月18日(土日の場合は直近の金曜日)10:00~13:30に栃木県庁1Fロビーで開催されますので、興味がありましたら是非。
6月は15日(月)開催です!

いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。
 
by vivian-style | 2015-05-19 22:04 | イベント・セミナー | Comments(0)
e0227942_00242938.jpg
佐野市文化会館で今月14日から開催されているR293美術展2015。
そのチラシにどうしても実物を見たいと思う作品があったので夫を誘って訪れた。


e0227942_00265132.jpg
受付で立派な図録をいただく。入場料300円でこれでは赤字じゃ…?
っていうか、この日はレセプションパーティーがあるので入場無料だし。
写真もOKって素晴らしい。


e0227942_00293337.jpg
これは夫が凄く気に入っていた新村優子さんの「くつした」
癒されたいのかしらねぇ。


e0227942_00312125.jpg
図録では分かりにくかった太田丈夫さんの「ヤミノアカルサ」
この組み合わせで完成形かな?


e0227942_00330755.jpg
川辺雅規さんのガラスの作品は、図録と随分イメージが違う。
この作品にはもっとちゃんとした照明が必要じゃないかな。


e0227942_00354331.jpg
青木克純さん(写真手前)の写真の作品。
お話を伺いたかったのだけれど時間がなくて残念。


e0227942_00391054.jpg
奥に見える絵画はcafe199ののだたけしさんの作品。
そして手前は稲葉友宏さんの「白昼夢」
・・・・・・!
チラシに乗っていた稲葉さんの作品がどこにも見当たらない。図録にもない。
それを楽しみに来たのに。
でも、ショックを受けている場合じゃないわ。


e0227942_00443368.jpg
急いでレセプション会場へ。


e0227942_00451870.jpg
作家の皆さんが座って作品に対する思いなどを話されている。
作品制作の裏側を聞くことって殆どないから興味深い。


e0227942_00482677.jpg
アーティストトークの後はケーナ奏者のRenさんによるセレモニーコンサート。


e0227942_00495898.jpg
元数学の先生だったというRenさん。
演奏も素晴らしいのだけれど、ビジュアルも素敵。目の保養ね~。

コンサートの後はアーティストを囲んでの懇親会。
一般客が殆どいない中、私は出席しましたよ。


e0227942_00535031.jpg
稲葉さんに、出展しなかった作品の話を聞きたかったし。
現在は大平町にアトリエを構えて制作活動をされているそう。
他の作品の写真を見せてもらったら、どれも素晴らしい作品で。
ただ、展示場所を選ぶかな。
今回の作品もそうだけれど、背景も合わせてトータルで展示しないと魅力が半減してしまうのよね。
発想が面白いし、今後の活躍に期待大。

様々な手法のアートが展示されていますので、皆さんも興味がありましたら是非。

R293美術展2015 ~私たちは、どういう場所に生きているのか~
 5月14日(木)~28日(木)
 10:00~17:00
 月曜休館
 入場料300円(高校生以下無料)
 佐野市文化会館展示室A・B・201会議室

いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。
 
by vivian-style | 2015-05-17 22:10 | イベント・セミナー | Comments(0)
益子・秋の陶器市(11月1~4日)の開催に向けて、益子の情報を少しずつアップしていこうと思います。
まず、益子で一番のお気に入りの場所と言っても過言ではないワグナー・ナンドールアートギャラリーへ。

e0227942_22480228.jpg
共販センターの駐車場に車を停めて約150mほどこんな細い坂道を歩く。


e0227942_22503624.jpg
最初に、風に吹かれている聖徳太子にご挨拶。
この像は逆境に立ち向かうナンドール氏のよう。

ワグナー・ナンドール(1922.10.7-1997.11.15)
 ハンガリー出身。建築学・解剖学・彫刻を学ぶ。
 第2次世界大戦に志願し重症を負う。
 ハンガリー動乱からスウェーデンに亡命。
 そこで秋山ちよさんに出会い結婚、1969年移住のため来日。
 1970年、縁あって栃木県益子町にアトリエを建設。
 彫刻家、建築家、哲学者


e0227942_23003906.jpg
入口はこちら。
受付で名前と住所を記入したら入館料を支払う。
まずナンドール氏とちよさんの2人で建てた!アトリエでDVDを視聴して人となりを知る。
これによって、彼の作品を貫く哲学が容易に理解できるようになる。
こちらのアトリエに展示してあるハンガリアン・コープスは圧巻。
館内は撮影禁止なので写真はありませんけれど、魂の叫びが聞こえるようで必見。


e0227942_23075210.jpg
庭に展示してある作品は撮影OK。
この鋳造ステンレス製の美しい作品はエターニティ。


e0227942_23102367.jpg
竹やぶではモーゼが道を切り拓いている。


e0227942_23110922.jpg
私のお気に入りの作品、母子像。


e0227942_23121850.jpg
祈り続けるガンジー。


e0227942_23125525.jpg
そして様々な思いがよぎる哲学の庭。
ナンドール氏の哲学が凝縮されたようなこの作品の前で今の世の中を思う。

私は文化・宗教などの相違点よりも、各々の共通点を探しているのです。
共通点を通してしかお互いに近づくことは出来ないのです。


秋季展
10月15日(水)~11月15日(土)
開館時間 10:00~16:00(入館~15:30) 月曜休館
入館料 大人1500円  高校・大学生1000円  中学生以下無料
栃木県芳賀郡益子町益子4338  TEL 0285-72-9866
公式サイトはこちら


e0227942_19113586.jpg
84歳になるナンドール夫人のちよさんは、今もお元気にこちらで働いています。

いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになりますので、どちらでも(両方でも)応援ポチお願いしますね~。
  にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ

by vivian-style | 2014-10-17 23:28 | お出かけ・名所 | Comments(0)
e0227942_21553462.jpg
この印象的なハシビロコウの目に誘われて、上野動物園へ。
8月9日までは閉園時間が延長になって20:00となる。


e0227942_21293072.jpg
日差しの和らいだ16:00頃到着。


e0227942_21293631.jpg
真っ先に終了時間の早いゴリラのところへ向かったのだけれど、写真は間に合わず・・・。
肉眼では可愛らしい赤ちゃんが見えたのだけれど。
で、近くのトラ・ライオンのところへ。
暑いけれど、夕方で少し気温が下がったせいかちゃんと起きてるわ。


e0227942_21294182.jpg
お客さんもまだまだ多いわね。


e0227942_22093939.jpg
サル山では、子猿達が仲良く遊んだり


e0227942_22113207.jpg
お母さんに甘えたり。


e0227942_22133254.jpg
ホッキョクグマはお気に入りのボールでずっと遊んでいるし


e0227942_22134272.jpg
アシカは大きな目に空を映して寝そべっているし。


e0227942_22185529.jpg
こちらも瞳に空が映っているけれど、哀愁を帯びて感じられるのはその身体のわりに檻が小さく感じられるからかな?
長いまつげが印象的なヘビクイワシ。
名前のせいで、子供達には「怖いー!」って言われて。


e0227942_22222179.jpg
ワオキツネザルの辺りまで来ると随分日が落ちて暗くなってきた。


e0227942_22241072.jpg
スカイツリーも夕焼けを反射して茜色に鈍く光る。


e0227942_22324715.jpg
アイアイの所は殆ど暗くて、唯一赤いライトが付いている場所だけ撮ることができたけれど、真っ赤だったので色を抜いてみた。
アイアイの顔ってイメージとかなり違う。
「おサルさんだよ~♪」という歌のせいか、もっと猿みたいな顔だと思っていたわ。


e0227942_22362440.jpg
外は肉眼ではもうこの暗さ。早くハシビロコウを見に行かないと。


e0227942_22374119.jpg
ポスターのようなハシビロコウを期待していたのに、ガラスの部屋の中だし真っ暗だし。
たまたま誰かがつけた赤いライトで浮かび上がったけれど・・・すごく残念。


e0227942_22392838.jpg
19:00過ぎているけれど、まだまだ人がやって来る。
最後にお決まりのあそこに行かないと。


e0227942_22405130.jpg
で、パンダ舎。気持ち良さそうに寝てるわね~。
もう一頭は・・・?


e0227942_22424144.jpg
ご機嫌で笹を食べていました。
このパンダの前は人だかりができていて、人の切れ目を狙って後ろから撮っていました。
望遠レンズで良かった~。


e0227942_22455678.jpg
JR上野駅へ向かって歩き出したら大きな朧月。


e0227942_22481509.jpg
国立西洋美術館の地獄門が闇に浮かんで良い雰囲気。


e0227942_22482036.jpg
夜の動物園は、涼しいし見るだけなら楽しいけれど、写真を撮るのは一苦労。
このイベントは今週末までなので、機会がありましたら是非。
夕方から蚊が出るので、お子さんは虫除けスプレーをしておいたほうがいいかも。

上野動物園の公式サイトはこちら

いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになりますので、どちらでも(両方でも)応援ポチお願いしますね~。
  にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ

by vivian-style | 2014-08-12 23:05 | お出かけ・名所 | Comments(0)

素敵な時間を過ごせますように


by vivian