日々の贈り物(私の宇都宮生活)

aprodite.exblog.jp
ブログトップ

タグ:日光 ( 124 ) タグの人気記事

この季節ならではの雪と氷を撮る撮影会で奥日光へ。

e0227942_21441131.jpg
まず華厳の滝へ向かう。


e0227942_21460148.jpg
夏場は大迫力で流れ落ちる水量も減り、水流の弱い所ではそのまま凍結してつらら状になっている。


e0227942_21462776.jpg
場所によってはこんな美しいブルーに染まっていて神秘的。
さすがに観光客は少ないけれど、この風景も今だからこそ。


e0227942_21483548.jpg
場所を中禅寺湖畔へ移す。立木観音の駐車場に車を止めて湖畔へ。


e0227942_21494333.jpg
壁にまるでカーテンのようにぶら下がる氷。見事ね~。


e0227942_21512757.jpg
そんな氷や景色を切り取ろうと真面目に撮影する皆さん。


e0227942_21521678.jpg
あ、遠くにカワアイサ発見! 私だってやる気は一応あるんですよ、その証拠に


e0227942_21533737.jpg
ちゃんと雪の結晶も撮っていますし・・・。「それだけ?」って突っ込みはなしで。


e0227942_21552437.jpg
紅葉の時期には観光客が絶える事のない竜頭の滝も今は静か。


e0227942_21564388.jpg
戦場ヶ原もモノクロの世界。


e0227942_21582066.jpg
冬木立が寒々しい。鳥の姿も見えないわ。皆どこへ行ってしまったのかしら。


e0227942_22001682.jpg
最後は湯ノ湖へ。
細かな雪が降りしきる。おまけにこの辺りは


e0227942_22011753.jpg
風が雪を巻き上げて地吹雪になる。綺麗だけれど、とっても寒いわ~。


e0227942_22021141.jpg
寒さに負けずにワニのような氷を撮ったり


e0227942_22030863.jpg
鳥(オオバン)を撮ったり。

良い写真が撮れたかどうかはさておき。
翌日行った整体で「ずいぶん無茶しましたね~」と半ば呆れられる程度に身体は酷使したようで。
さて、この冬の間にもう一度リベンジに行けたら良いな。


e0227942_22134453.jpg
今月13日(金)の栃木よみうりで発行している「とちよみ」に私の写真の先生のセミナーの告知が掲載されました。
当日参加も可能ですので、興味がありましたら足をお運びくださいね。
2月12日(日)ホテル東日本宇都宮、受付は13:30~、セミナー14:00開始、3000円。
本には掲載されなかったお得な話も聞けるそうです。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-01-28 22:18 | Comments(2)
e0227942_18434983.jpg
天然氷の切り出しから明治の館を経て、雪のある神橋はどんな感じかと見に行ったら、そんなに雪は積もっていなかった。


e0227942_18454902.jpg
寒い冬がまだまだ続きそうだけれど、こうして見ると少しずつ春が近づいているような。


e0227942_19253651.jpg
神橋の所の信号を渡って東照宮へ向かう階段の途中、見慣れない看板が目に入った。
「本宮カフェ」
こんなところにカフェがあったかしら?


e0227942_19275689.jpg
近づいてみると、日光二荒山神社発祥の地である本宮神社のすぐそば。
築約300年の古民家をカフェに改装し、昨年8月にオープンしたのだそう。


e0227942_21491478.jpg
せっかくここまで来たのだからと中へ。


e0227942_21501398.jpg
身体が温まるようにと頼んだ甘酒。
メニューを見ると、カフェというより甘味処というイメージ。


e0227942_21512268.jpg
テラス席では喫煙もできるようね。さすがにこの季節は寒そうだけれど。

東照宮近辺でコーヒーの飲めるお店が増えて嬉しいわ。
ランチもやっているようなので、いつか再訪しましょう。
ごちそうさまでした。


e0227942_21533381.jpg
営業時間 10:00~18:00 木曜定休(祝日の場合は翌日)
日光市山内2384  TEL.0288-54-1669


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2017-01-25 22:01 | ティータイム | Comments(0)
四代目徳次郎さんでの氷の切り出し作業を見学した後は、東照宮近くの明治の館さんへ。

e0227942_21540006.jpg
冷えてこわばった身体を少しほぐしましょう。


e0227942_21553064.jpg
お店の前庭には野生動物の足跡。これは何かしらね。
それにしても、こんな身近に野生動物が歩き回っているなんて! 素敵だわ。


e0227942_21573107.jpg
太陽の光が燦々と降り注ぐ店内。

明治時代、アメリカ人のF.W.ホーン氏(日本コロムビアの前身である日本蓄音機商会創設者)が建てたアメリカンスタイルの別荘を昭和52年に明治の館としてオープン。
平成18年に明治時代を代表する貴重な建造物として「登録有形文化財」に登録されたそう。


e0227942_21593635.jpg
名物のチーズケーキ「ニルバーナ」
ニルバーナ(日瑠華)とは、仏教用語の「最も優れたもの(悟りの境地)」という意味だそうで、「日に輝く瑠璃の如し」の想いをこめて日光山輪王寺門跡第81世柴田大僧正が命名したとか。
40年間レシピが変わらないというのも、ある意味素晴らしい。
紅茶と合わせてのんびりいただく。満足だわ~。


e0227942_22052458.jpg
さて、暖まったし外から鳥のさえずりが聞こえてくるからそろそろ出ましょうか。
ごちそうさまでした。

営業時間 11:00~19:30(LO)
日光市山内2339-1  TEL.0288-53-3751
公式サイトはこちら


e0227942_22030509.jpg
明治の館の敷地内には野鳥がいっぱい。
可愛らしい表情のハクセキレイ。


e0227942_22031895.jpg
雪を食べてご機嫌?なシジュウカラ。


e0227942_22033440.jpg
ちょこちょこ飛び回っていたコガラ。


e0227942_22034305.jpg
そして、どこでも見かけるヒヨドリ。

せっかくだから、このまま近辺を散策しましょう。
冬の日光もなかなか楽しいわ。

いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2017-01-24 22:12 | ティータイム | Comments(4)
今年も天然氷の切り出しの季節になりました。
第1弾の日は都合が合わなかったので、第2弾の日に一人で日光へ。
日の出前に家を出る。真っ白に冠雪した日光連山に朝日が当たって赤く染まる。
なんて美しいのかしら~! 
写真を撮りたいけど、高速道路を運転中。しっかり目に焼き付ける。

e0227942_22254462.jpg
日光支所の駐車場に車を止めて現場へ歩く途中、動物の足跡を発見!
これは何かしら? 


e0227942_22271027.jpg
今回もこんな雪道を歩く。滑り易いから要注意。


e0227942_22282965.jpg
現場に着いたら、まず番屋で四代目にご挨拶。
その後、池に向かう。この日は「下の池」の切り出し作業。


e0227942_22305286.jpg
こちらでは、絶妙な加減で氷をカットして行く。
これ、切りすぎると機械もろとも池に落ちてしまうので結構神経を使うらしいです。
機械が落ちるとエンジンオイルのせいでこの池の氷が全滅だそうで。それは恐ろしい。
因みに作業しているのは珈茶話のチビマスター。すっかりプロね。


e0227942_22333260.jpg
切り込みの入った氷をノコギリではがして


e0227942_22342823.jpg
木と竹でできたレールに氷を乗せて送る。
あ、四代目!


e0227942_22355822.jpg
途中で氷が止まらないように送る。


e0227942_22374284.jpg
ただし、スピードがつきすぎると氷が枠にぶつかって割れてしまうので、加減も必要。


e0227942_22390699.jpg
氷室では隙間なくきっちり氷を並べていく。これは難しい作業ね。


e0227942_22402847.jpg
ボランティアの皆さんが切り出し作業をしている間、那須烏山の梁山泊の広木さんが黙々と蕎麦を打ち続ける。
皆さんのお昼ご飯とお土産用に。
とにかく所作に無駄がなくて美しい。
一連の動きを見ていると「段取り」がいかに大切かが分かる。これは何事にも通じるわね。


e0227942_22442491.jpg
再び池へ。
氷はこのくらいの塊ずつ切り離されていく。
いっぺんに切り離してしまうと融け始めてしまうので。


e0227942_22461324.jpg
ウチの夫は「外で氷を作ったらゴミが入るんじゃないの?」と心配する。
でもね、氷って最初にこうして表面に張ると下に成長していくから、落ちてきたゴミを放置しない限り中に入り込む事はないんですよ。
氷の表面は毎日綺麗に掃除しているみたいだから、そんなに心配しなくても大丈夫。
その証拠に


e0227942_22495644.jpg
切り出されたばかりの氷はこんなに美しい。


e0227942_22504587.jpg
大量のおがくず。
切り出された氷は、売り物にならない規格外の蓋氷に囲まれ、更にこのおがくずで覆われる。
おがくずは氷から出る水分を吸って熱を放出するそうで。


e0227942_22552041.jpg
さて、いよいよ皆さんお待ちかねのランチタイム。
広木さんの打ち立て蕎麦や


e0227942_22562922.jpg
四代目のご家族の差し入れの天ぷらや豚汁など。
何もしていない私まで、またご馳走になってしまったわ。


e0227942_22583395.jpg
この日、NHKとテレビ東京の取材が入っていて、NHKは2月1日(水)の「ひるブラ」、テレビ東京は2月10日(金)の「ひるめし旅」で取り上げられるそうなので、興味がありましたら番組をチェックしてみてくださいね。
このドローンの映像も使われるのかしら?


e0227942_23033736.jpg
最後に、この日初めてお会いできた巨匠(左)とふぃふぁ山荘さん(右)、大変お世話になりました。
またどこかでお会いできますように。


最後まで読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2017-01-23 23:18 | イベント・セミナー | Comments(8)
大晦日からお正月にかけてのお参りは叶わなかったけれど、それでもやはり例年の行事なので日光へ。

e0227942_12524163.jpg
まず、輪王寺から。
今年は「いつもと少し違うこと」に挑戦することにしたので


e0227942_12541157.jpg
こちらのお線香をあげてみることにした。
火をつけずに刺すんですって。知らなかったわ。
立ち上る煙を何となく浴びて次の場所へ。


e0227942_13355481.jpg
東照宮は入場料が必要なのでパスして


e0227942_13371838.jpg
二荒山神社へ。
少し前にここを訪れた時、排水溝の水が凍っていたのにこの日は全然。
思いのほか暖かい日だったのね。


e0227942_13392518.jpg
列に並んでお参りを済ませたら


e0227942_13401542.jpg
今まで入ったことのない神苑へ。入場料200円。
この中はそんなに広くはないのだけれど、お楽しみがいっぱい!


e0227942_13503649.jpg
世界遺産の建物も見所ではあるけれど


e0227942_13512842.jpg
輪投げのできるところがあって


e0227942_13515516.jpg
3つのうち1つでも入れば運気良好!とか


e0227942_13525645.jpg
撫でると心穏やかになれる石とか


e0227942_13535820.jpg
縁結びのパワースポットとか


e0227942_20361736.jpg
「霊泉」と呼ばれる湧水があって、その水を飲むと健康になったり賢くなったりするとか。
この他にも、打ち出の小槌を振って縁結びをお願いするとか等々。


e0227942_13544019.jpg
こちらは重要文化財の化灯籠。
夜更けに怪しく変化(へんげ)して刀で斬りつけられたと伝えられ、無数の刀痕がついていることから「化灯籠」と呼ばれる。


e0227942_14000696.jpg
さて、一番の目的のお札をいただいたら


e0227942_14020810.jpg
東照宮のおみくじを引いて帰りましょう。


e0227942_14025242.jpg
参道には帰る人、まだこれから来る人。
お正月の三が日を過ぎてもお参りする人は絶えないのね。
さて、パワースポットをいっぱい歩き回ったから更に運気が上がったかしら。

いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-01-06 22:02 | お出かけ・名所 | Comments(0)
石奈多を後にして向かった日光。12月初旬なのに観光客が凄く多いわ。

e0227942_22371522.jpg
明治の館を目指したら、ウエイティングのお客さんがいっぱいいて断念。
温かいコーヒーが飲みたいわねと向かったのは


e0227942_22375863.jpg
東照宮宝物館に入っている上島珈琲店さん。
館内はとても暖かくて、寒さでこわばっていた身体がほぐれるよう。


e0227942_22381326.jpg
お腹がいっぱいだったのに、つい濃栗モンブランも頼んでしまった。
それにコーヒーはレギュラーサイズじゃなくて70円増しでたっぷりサイズ。
コーヒーカップが笑っちゃうほど大きくてカフェオレボウル並。モンブランが小さく見えるわ~。


e0227942_22384442.jpg
コーヒー単独では大きさは伝わりにくい・・・コーヒーフレッシュを置いてみたけれど、どうかな。
飲みきれるか心配だったけれど、癖のない味で意外に大丈夫。


e0227942_22563898.jpg
モンブランの断面はこんな感じ。
以前訪れた時の写真と見比べたら、パウダーシュガーがなくなってるわ。変えたのかしら。
さて、一息ついたし周辺を散策して帰りましょう。
ごちそうさまでした。

営業時間 8:00~17:00 不定休
日光東照宮新宝物館1F TEL.0288-25-6811


e0227942_22590661.jpg
日陰では氷が育って綺麗。


e0227942_22385645.jpg
空には茜雲。素敵な休日だったわ。

いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2016-12-24 23:10 | ティータイム | Comments(0)
日光自然博物館主催の初心者バードウオッチングイベント「オオワシ・オジロワシをさがそう!2016」に申し込んでから、この日を楽しみに待っていた。
運良く、初雪の降る前日の23日。

e0227942_22132766.jpg
朝、赤沼の駐車場に集合して低公害バスで千手が浜へ。
北海道では多く見られるオジロワシも、この辺で見られる個体数は1~2羽だとか。


e0227942_22203242.jpg
まず、オジロワシとはどのくらいの大きさなのか博物館の人が説明してくれる。
・・・随分大きいのね。


e0227942_22213697.jpg
オオワシとトンビの大きさの比較。
これだけ大きければ簡単に見つかるかと思うのだけれど、空は広い。
しかも上空高く飛ばれると識別も難しいかも。


e0227942_22235718.jpg
参加者は約30名。
会話を聞いていると、皆さん相当の鳥好きのよう。


e0227942_22250064.jpg
観察を始めてすぐオジロワシを発見!
遠すぎて画像が鮮明ではないけれど、手前がオジロワシ。奥に見えるのはノスリ。
遠近法以上に明らかに大きさが違う2羽。
それなのに、果敢にオジロワシに挑むノスリって・・・。


e0227942_22274448.jpg
近くの茂みにはオオアカゲラ。
他にもアカゲラやアオゲラもいたのだけれど、木の枝がかぶって写真がイマイチ。


e0227942_22294829.jpg
見慣れたコゲラ。他のキツツキ類と比べると小さくて可愛らしい。


e0227942_22310934.jpg
水上にはカンムリカイツブリ。
この後も観察を続けたのだけれど、とうとうオオワシには出会えなかった。
お昼頃解散となり、このまま家へ帰るのももったいないので


e0227942_22344165.jpg
湯ノ湖へ向かった。あら、トンビが何か捕まえたようね。


e0227942_22360069.jpg
こちらは空中で争うトンビたち。


e0227942_22370777.jpg
近くの木では逆さまに木を下りるゴジュウカラ。
本当はもっとゆっくり鳥を探したかったのだけれど、気温がどんどん下がってちょっとしんどくなってきたので帰ることにした。


e0227942_22395392.jpg
これはおまけ。
この日、自宅近くでみつけたイソヒヨドリのメス。
普通は海辺にいるような鳥が、こんな内陸ににまでたった1羽で来るなんて!
迷子なのかしら・・・と、ちょっと心配。

「オオワシ・オジロワシをさがそう!」のイベントは12月10日(土)中禅寺湖畔ボートハウスでも開催されるようです。
興味がありましたら日光自然博物館へ問い合わせてみてくださいね。

いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2016-11-28 22:54 | 鳥を愛でる | Comments(0)
日光の男体山が去年より26日も早く初冠雪した11月1日、たまたま撮影会で日光へ。

e0227942_16441821.jpg
明智平の駐車場から男体山を撮る。
紅葉と雪のコラボって、なかなか見られないかもしれないわ。
その代わり、物凄く寒い。
宇都宮を出るときは雨が降っていたし、この辺りでようやく曇り。
さて、どうなる事やら。


e0227942_16522966.jpg
いろは坂の途中の展望台からの眺め。
朝、天気が悪かったせいか、紅葉の時期に混雑していないいろは坂って珍しい。


e0227942_16550486.jpg
日光滝めぐりの最初は、やはり華厳の滝。
霧の状態を見ながらシャッターを押す。なかなかタイミングが難しいわ。


e0227942_16585615.jpg
今回は参加者が少なかったので、ゆったり撮影。
天候のせいで観光客が少ないのもラッキーね。あまり気を使わなくて済むし。


e0227942_17004328.jpg
これは、下りのいろは坂の途中にある展望台からの眺め。
ところどころに霧が出て、しっとりとした風情。


e0227942_17030508.jpg
やがて天気が回復して太陽が顔を出した。
さて、次は霧降の滝で撮影しましょうと車を降りたところ、先生が下りの展望台にレンズの入ったバッグを置き忘れてきたと・・・。
いろは坂は一方通行。再び上って下りて。・・・でもバッグはもうなかったわ。あらら。
念のため、届けを出そうと東照宮のすぐ近くの交番へ向かうと


e0227942_17064828.jpg
届いていたんですよ。素晴らしいですね。
どなたかが名前も名乗らずに届けてくださったそうで、本当に有り難いことだと胸が熱くなりました。


e0227942_17165729.jpg
そんなこんなで、霧降の滝はパスしてマックラ滝へ。
ここは日光隠れ三滝の一つだそうで、苔むした木々がそこかしこにあって、とても素敵な雰囲気の場所。


e0227942_17195627.jpg
ちょっとしたハプニングがあったけれど、楽しい一日だったわ。
色々と反省点も多かったので、来年この撮影会が開催されたらリベンジしようかしら。

いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2016-11-05 22:02 | お出かけ・名所 | Comments(4)
「氏家の蔵 風香主催、日光田母沢御用邸で紅葉を愛でながらわいんのお料理を堪能する宴」という非常に魅力的なお誘いを受けたので、10月30日(日)日光の田母沢御用邸へ。

e0227942_19224908.jpg
この時期の日光は美しい紅葉を求めてやって来る観光客が多いので、週末ともなれば周辺道路は大渋滞。
宴は12時開始なので、ちょっと早めに到着してカメラを持って辺りを散策。


e0227942_19262790.jpg
この付近の紅葉が見ごろになるのは、ほんの少し先かしら。
そうすると、より一層道路が渋滞してしまうかも。


e0227942_19275003.jpg
開場時間が近づいたので、そろそろ向かいましょう。
どんな内容になるのか楽しみね。


e0227942_19285747.jpg
入口正面には客人をもてなす花が活けられて。こういう心配りが嬉しいわ。


e0227942_19303407.jpg
迷路のような通路を抜けて一番奥へ。ここで受付。


e0227942_19331786.jpg
縁側に出て、日本庭園の紅葉を愛でる。
この日はとっても寒くて、長時間外にいるのはちょっと辛い。
でもその代わり、紅葉は進むでしょうね。


e0227942_19361074.jpg
これは受付で配られた宴の献立。
この建物は火気厳禁なので、火を使わずにこれだけのお料理を40人分出すのは凄く大変だと思うわ。


e0227942_19384306.jpg
開始予定時刻より少し送れて宴が始まる。
まず、わいんの中村さんによるご挨拶。


e0227942_22053417.jpg
最初に出されたのは向付と2段のお弁当。


e0227942_22063150.jpg
向付は平目の昆布〆。酸味の効いたタレといただく。
とても上品な味で、他のお料理にも期待が持てるわ。
2段重ねのお弁当を開けると・・・


e0227942_22090263.jpg
この通り。季節感があって、何て美しいのかしら。


e0227942_22100718.jpg
一の段にはぎっしりと詰まった目にも麗しいおかずの数々。


e0227942_22091928.jpg
2の段もこの通り。
少しずつバラエティに富んだ優しい味のおかずをいただけて幸せ。


e0227942_22360184.jpg
煮物椀は蟹真丈。温かくてホッとする味。


e0227942_22402505.jpg
食後には抹茶と水ようかん。
素晴らしい空間でゆっくり味わう贅沢。
こういう季節感溢れた大人のイベントが心地良いわ。
蔵風香さん、素敵な企画に誘っていただいてありがとうございました。
わいんの中村さん、美味しいお料理をごちそうさまでした。


e0227942_22443741.jpg
会場を後にされる皆さんも満足そう。

で、この後に向かったのが昨日の記事の吉見屋さんだったんですよ。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2016-11-02 22:52 | イベント・セミナー | Comments(0)
個人的に応援している日光在住の香川大介さん。
彼のギャラリーがようやく!仮オープンすると言うので、日光に行く用事があったついでに様子を見にうかがった。

e0227942_22314762.jpg
前回訪れた時とは随分と違う外観。
あの状態からようやくここまで・・・と思うと感慨深い。
本オープンは随分遅れているけれど。


e0227942_22342791.jpg
ギャラリーの中央に置かれた作品たち。
こんなに間近で作品を見られて、しかも本人の解説も聞けるなんて贅沢ね。
ギャラリーがオープンしたら製作の様子も見られるそうなので、それも楽しみ。


e0227942_22363979.jpg
Tシャツのデザイン依頼も受けるそうで、以前うかがった刺青Tシャツの話を思い出したわ。


e0227942_22381653.jpg
来月(今月?)は汐留のホテルの1室をプロデュースするそうで、その仕上がりも気になるところ。
こうして、どんどん活躍の場を広げていくのを聞くのも嬉しい。


e0227942_22403056.jpg
木工が大好きと言う香川さんの作った本棚は遊び心満載で凄く面白い。
これは是非、訪れて体感していただきたいところ。


e0227942_22415735.jpg
実際のギャラリーは現在こんな状態。
ご夫婦二人で古民家をリフォームしているので、なかなか進まないのよね。
来年の春には正式にオープンしたいそうだけれど。


e0227942_22564630.jpg
飄々とした、どことなく浮世離れした香川さんがメジャーになれますように。


e0227942_22580887.jpg
ギャラリー吉見屋の公式サイトはこちら
日光東照宮からも徒歩圏内なので、正式オープンが待ち遠しいですね。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2016-11-01 23:02 | 雑貨・インテリア | Comments(0)

素敵な時間を過ごせますように


by vivian