日々の贈り物(私の宇都宮生活)

aprodite.exblog.jp
ブログトップ

タグ:栃木パスポート ( 26 ) タグの人気記事

夏休みを利用して大阪から娘がやって来た。
彼女にとって栃木県は観光地。
どこへ行きたい?と聞いたら「いわむらかずお絵本の丘美術館」と。
私もそこは行ったことがないので、調べたら那珂川町。
では美術館めぐりをしましょう。

e0227942_14305868.jpg
「ネットの口コミ見てたら、ホンマにこの道の先にあるん?って場所らしいで」と娘。
本当にね、対向車が来たらどうしましょう。


e0227942_14331459.jpg
絵本の世界そのままの森の中に美術館はある。
8月頭の平日のせいか訪れる人も少なくてのんびりした雰囲気。

展示室は撮影禁止。
私達が訪れた時は、ネコの絵本、犬の絵本展が開催中。
絵本と共に展示されている原画を一つ一つ丁寧に見ていく。
気になる話がいくつかあったので


e0227942_14381311.jpg
併設されているショップへ。
こちらで絵本を購入することが出来るんです。しかもサイン入りの絵本も!
保育士をしている娘が真剣に選び始めたわ。
因みに、1000円以上の購入時に栃木パスポートを提示すると多少割引になるそうです。


e0227942_14412632.jpg
美術館の周辺も散策。
あちらこちらに巣箱が設置してある。この低さは誰のためかしら?


e0227942_14421710.jpg
あ、スケッチにあった里山ノーラ?

不意に鳥たちのさえずりが消えたので何事かと空を見上げていたら


e0227942_14431448.jpg
サシバが低空で飛行していった。近い~!

いわむらかずお絵本の丘美術館
入館料 大人900円 中高生700円 小学生500円 幼児300円
開館時間 10:00~17:00 月曜休館
那須郡那珂川町小砂3097  TEL.0287-92-5514
公式サイトはこちら



e0227942_14440979.jpg
次に向かったのは、廃校になった小学校の校舎を再利用した「もうひとつの美術館」
ハンディキャップを持った人達の芸術活動をサポートしている。


e0227942_14534217.jpg
栃木パスポートを提示すると入館料が割引になる。
今回は展示物の撮影OKとのことで、ラッキー!


e0227942_14552630.jpg
展示リストを見ながら作品を鑑賞していきましょう。
これは安藤栄作氏の作品。


e0227942_14555841.jpg
あ、この木の造形は以前栃木県立博物館で見たわと、ちょっと嬉しくなり。


e0227942_14590694.jpg
丑久保健一さんの作品が好きなのだと再認識。
改めてチラシを見たらもう亡くなられていたのね。ショック・・・。


e0227942_15040306.jpg
こういう木造の校舎って趣があるわね。
栃木県内を車で走っていると、時折廃校となって放置されている校舎を見かけるけれど、こんな風に何らかの形で再利用できたら良いのになぁと思ってしまう。
いろいろと難しいのでしょうけれど。

もうひとつの美術館
入館料 800円(大人) 500円(大学生) 400円(小中高生、70歳以上、障碍者)
開館時間 10:00~17:00 月曜休館
那須郡那珂川町小口1181-2  TEL.0287-92-8088
公式サイトはこちら



e0227942_15093685.jpg
最後に訪れたのは馬頭広重美術館。
確か3年前に訪れた時は、もっと建物が美しかった・・・と思う。
木の宿命なのか、風雨にさらされて変色したために美しさが半減したような。


e0227942_15183878.jpg
それでも構造の美しさは衰えず


e0227942_15191102.jpg
この辺りの景色は素晴らしい。


e0227942_15202521.jpg
今回こちらを訪れた一番の目的が、企画展のポスターにもなったこの絵を直に見たくて。
(画像は公式サイトより)
印刷では表現しきれない微妙な色使いは、やはり肉眼で見ないとね。
川村清雄氏の「なた豆に雀」
雀の胸の辺りのグラデーションの美しさに目を奪われたわ。
作品とは違うけれど、川村氏が花を活けている写真はカメラマンの技量の高さがうかがえて、これも必見。

こちらの美術館では入館時に栃木パスポートを提示するとポストカードがいただけます。

馬頭広重美術館
入館料 500円(大人) 300円(高大学生) 中学生以下無料
開館時間 9:30~17:00 月曜休館
那須郡那珂川町馬頭116-9  TEL.0287-92-1199
公式サイトはこちら


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-08-10 22:02 | お出かけ・名所 | Comments(0)
e0227942_20481180.jpg
朝から土砂降りだったこの日、カメラを始めたばかりの友人と撮影の練習をしようと訪れたのは日光の田母沢御用邸。
ここだったら建物内は撮影OKだし濡れずに済むから。


e0227942_20505302.jpg
入口で栃木パスポートを提示すると入園料が団体扱いとなり100円値引きされる。
雨のおかげで緑が濃い。


e0227942_20523728.jpg
普通だったら通り過ぎてしまうような通路も、写真を撮り始めるとなかなか進まない。


e0227942_20542142.jpg
音を立てて雨が降る。湿度を帯びた空気がひんやりとまとわり付く。


e0227942_20570087.jpg
そんな空気をよそに、嬉々として写真を撮りまくる私たち。


e0227942_20583192.jpg
古いガラスを通して見る景色は、ちょっと不思議な雰囲気。


e0227942_21001270.jpg
楽しそうに激写する友人も撮る。


e0227942_21021839.jpg
写真が良いかどうかは別にして、久しぶりにのんびり撮影できてリラックス。


e0227942_21034374.jpg
雨は止む気配もないわね。
気付けば2時間半も!建物内で撮影していたわ。
お昼もまわってしまったから、ご飯を食べに行きましょうか。


e0227942_21062612.jpg
開園時間 9:00~17:00(冬季~16:30) 火曜休園
入園料 高校生以上510円 小中学生250円
日光市本町8-27  TEL.0288-53-6767
公式サイトはこちら


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-06-26 22:02 | お出かけ・名所 | Comments(0)
この日、鳥を撮りに行こうと家を出たけれど、その前に腹ごしらえをと訪れたのは

e0227942_17422069.jpg
梁山泊さん。こちらで普通にお蕎麦を食べるのは初めて。


e0227942_17432921.jpg
入口にはこんな挨拶文が貼られていて、なるほどここはそういう場所なのね。


e0227942_17442032.jpg
メニューはこの4つだけ。
しかも栃木パスポートを提示すると、もりそばは300円、大もりは400円になるんですよ。激安。


e0227942_17460782.jpg
訪れた日は上手な方が当番?だったのか、とても美しい蕎麦。
きちんと水切りもされて仕事が丁寧だし、ワサビもちゃんとしたワサビで。
これで300円(税込)では申し訳ないくらいだわ。

最後にたっぷり蕎麦湯もいただいて。ごちそうさまでした。


e0227942_17490421.jpg
営業時間 11:00~14:00(都合により変更有り) 不定休
那須烏山市城東215-1  TEL.0287-83-8237


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2017-01-10 22:01 | 休日ランチ | Comments(0)
うつのみや花火大会の翌日、どうにもこうにも身体が思うように動かないので、夫に良さそうな日帰り温泉を調べてもらって向かったのは

e0227942_22143974.jpg
さくら市の、のどかな田園地帯にある


e0227942_22152340.jpg
松島温泉乙女の湯。ここはアトピーにも効くらしく、宿泊施設も併設している。

入館時に栃木パスポートを提示すると、バスタオルとタオルのセットを無料で貸し出してくれるので、手ぶらで行けるから便利。

内湯も露天風呂もカランから出るお湯も全て温泉。
アルカリ単純温泉で、疲労回復・筋肉痛にも効果があると書かれている。
洗い場に用意してある全身に使えるソープも特製。
とろみのある温泉だけれど、ほぼ無臭。
これなら髪を洗っても大丈夫ね。

男女共に、内湯と露天風呂が一つずつ。家族風呂もある。
施設は古いけれど、掃除が行き届いているので問題はない。
私は温度の低いお風呂じゃないと入れないので、この日の露天風呂のぬるい感じがちょうど良くて気が付けば40分もウトウトしながら半身浴。
おかげですっかり生き返った~!

(カラン10、ドライヤー3)


e0227942_22260818.jpg
入浴後、ようやく食欲も出てきたのでこちらの休憩所でご飯を食べましょう。


e0227942_22265134.jpg
温かい温卵うどん。
本当は、関東風のつゆのうどんは苦手なのだけれど、七味を効かせたせいかここの味が自分に合っていたせいか美味しく食べる事ができたわ。
もしかしたら、ただ単にお腹が空いていただけかもしれないけれど。
・・・前日のお昼に食べて以来だから、24時間以上食べていなかったし。


e0227942_22300314.jpg
営業時間 10:00~21:30 月曜定休(ただし月曜が祝日・振休の場合営業)
入館料 大人820円(16:00以降610円ハイシーズンを除く)
さくら市松島900  TEL.028-682-2266
公式サイトはこちら

日帰り温泉は久しぶりだったけれど、栃木県には沢山の日帰り温泉施設があるからまた温泉めぐりをしようかなぁ。

いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2016-08-15 22:43 | 日帰り温泉 | Comments(2)
那須塩原へ行った時、ちょっと観光でもしましょうと立ち寄ったのは

e0227942_17383734.jpg
まだ咲き揃っていないヒマワリ畑の向こうに見える


e0227942_17391535.jpg
美しい洋館の旧青木家那須別邸。
入館料大人一人200円。


e0227942_17405875.jpg
栃木パスポートを提示すると、こちらのポストカードがいただける。


e0227942_17421114.jpg
入口のすぐ横の部屋で燦々と太陽の光を浴びながら佇むチェストの上に飾ってあるのは


e0227942_17425539.jpg
外交官・外務大臣をつとめた青木周蔵子爵の娘さんの写真。
ちょっと調べてみたら、青木子爵は日本で一番最初に国際結婚をされたそうで、森鴎外の「舞姫」のモデルとも言われているとか。
家族の写真の展示してある部屋があり、そこには美しい奥方エリザベートの写真もあるので必見。
(館内はストロボを使用しなければ写真撮影可能です)


e0227942_17561907.jpg
往時、この辺りには鹿の群れがいたらしく、鹿狩りの名残がこうして壁に。


e0227942_17575880.jpg
この建物の設計はドイツで建築技術を学んだ松ヶ崎萬長(つむなが)男爵によるもので、ドイツの建築で多用されている工法が用いられていると案内に書かれている。


e0227942_18044310.jpg
そのため、一部こうして壁の中が見られるように展示してあったりして。


e0227942_18055450.jpg
畳の部屋は、やはり欠かせなかった?
窓も壁も洋風なのに、床だけが和風。


e0227942_18073680.jpg
古いけれど美しいフォルムの家具も展示してあって目の保養。


e0227942_18104312.jpg
平成8年~10年の解体・復原工事により建物の内外装を青木周蔵氏の生きていた明治42年とおおむね同じ状態に戻し、平成11年には国の重要文化財に指定されたそう。
道の駅「明治の森・黒磯」に隣接していますので、訪れ易いと思います。

開館時間 9:00~17:30(冬期~16:30) 月曜休館
公式サイトはこちら


e0227942_18192110.jpg
偶然にも、今日(11日)の下野新聞朝刊にこの建物に関する記事が載っていました。
栃木県北部の4市町が連携して明治開拓期の建物で日本遺産認定を目指すのだそう。
2017年2月の申請を目指すとあったので、上手くいきますように。

いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2016-08-11 22:05 | お出かけ・名所 | Comments(0)
一足早く夏休みを取った大阪に住む娘に合わせて息子も東京から来る事になり、夫が皆で温泉に行こうと張り切って予約したのが

e0227942_00121077.jpg
塩原温泉のホテルニュー塩原。
なぜここを選んだのか聞いたら、どうやら少し前に「マツコの知らない世界」という番組で取り上げられていて気になっていたからだそう。


e0227942_00194840.jpg
チェックインの時に栃木パスポートを提示するとスタンプが2個押してもらえて、尚且つ夕食時に使えるお酒のチケットが渡される。
そして、ここでも浴衣は一括してこちらに置いてあるので、自分でサイズと気に入った色柄のものを選んで持っていくシステム。


e0227942_00221093.jpg
部屋に向かう途中目に入ったマンガの棚。
後でどんなマンガが置いてあるのかチェックしたら、途中で読むのをやめてしまったハンターハンターやBLEACHや諸々が置いてあって凄く気になる・・・。
ここで読み始めてしまうと時間がいくらあっても足りなくなるので我慢。


e0227942_00252290.jpg
予約したのは、この「虹の架け橋」と名前の付けられた通路を通って行くリニューアル済みの部屋で、


e0227942_00292527.jpg
ベッドと畳の和洋室。
布団は既にセットして畳んであるので、寝るときに自分で広げるようになっている。


e0227942_00321339.jpg
一息ついたら皆でボーリング勝負。1ゲーム1人500円で靴代込み。
久しぶりにするボーリングでボロボロだったけれど、家族の中で私は夫に次いで2位。
現役大学生の息子にも勝って、ちょっといい気分。


e0227942_00353775.jpg
ボーリングですっかり盛り上がったので、次は卓球。
これは無料なんですよ。ラケット(シェイクハンド)とボールも用意してあって。
これも総当りで試合をした結果、高校時代に卓球部だった息子に次いでやはり私が2位。
バレエで鍛えているせいか、思ったより動けるわ。
いずれも最弱の娘は・・・いろいろ頑張れ。


e0227942_00401224.jpg
運動して汗をかいた後は温泉に入ってのんびり。
お夕飯の時間になったので、栃木パスポートでもらったサービスチケットを提示して


e0227942_00410849.jpg
いただいた日本酒。
うちの家族は私以外お酒が全く飲めないので独り占め。ふふふっ。


e0227942_00422437.jpg
お夕飯はバイキング形式。
安いホテルだから食事は全く期待していなかったのだけれど、思ったよりずっと内容が良くてビックリ。
採算が取れるのかとちょっと心配になってしまったほど。
薄利多売路線なのかしら?


e0227942_00445047.jpg
売店にはロボット君。子供達にも大人気だったわ。

この後、娘と二人でカラオケへ。1時間1人500円。
運動は全くダメだった娘だけれどカラオケは上手。どうやら歌い慣れているようね。


e0227942_00482170.jpg
翌朝早起きして、前日とは違うお風呂に入って朝食。
普段は朝からこんなに食べたりしないので完璧に食べすぎ。胃がビックリしてしまったみたい。 

それにしても、このホテルはテレビに取り上げられたのも納得なほどコストパフォーマンスが高い。
元々の期待値が低かったのも幸いしたのかな?
もしまた機会があるなら、是非再訪したいホテルだわ。

ホテルの公式サイトはこちら


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2016-08-10 22:27 | お出かけ・名所 | Comments(2)
e0227942_23321622.jpg
霧降高原で活動するアーティストさん達や飲食店さん達が協力して「芸術と食」が融合したアートフェスティバルが今月いっぱい日光で開催されている。

で、真っ先に向かったのはランチのできる日光くじら食堂さん。
期間限定のスペシャルランチ狙い。


e0227942_23510145.jpg
まず出てきたのは、前菜の盛り合わせ?
小さな小鉢に入った食材を一つずつ上から順番に食べていく。
・・・それぞれ味付けが変えてあって、こういう盛り付けも面白いわね~。
見た目以上に様々な食材が入っていて食べ応えがある。


e0227942_23533975.jpg
メインのふわとろたまごのオムライス、バジルソースと彩り野菜を添えて。


e0227942_23550483.jpg
「お皿をキャンバスに見立てた一皿」とメニューに書いてある通り、彩が華やかで綺麗~。
崩すのがもったいない・・・と言いつつ、野菜を適度に散らしながら食べていく。
少し濃い目のソースは、野菜やオムライスと共に食べると調度良いわ。
これが思ったよりボリュームがあって、おなか一杯。


e0227942_00010748.jpg
プチデザートはブランマンジェ。程よい弾力と優しい味で、これ凄く好き。
たっぷり入ったコーヒーを飲みながら、外から聞こえてくるウグイスやカッコウの声に耳を傾ける。

本当はもっとのんびりしていたいのだけれど、アートめぐりの時間がなくなってしまうからそろそろ行かないと。
ごちそうさまでした。


e0227942_00043398.jpg
営業時間 11:00~16:00  臨時休み有
日光市久次良町238-6   TEL.0288-53-2206
公式サイトはこちら
*駐車場は、お店の手前50mくらいの所にある広い空き地のような場所。
 行けばきっと分かります。

会計の時に、栃木パスポートを提示すると1冊に付き50円の割引があります。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2016-06-07 22:06 | 休日ランチ | Comments(0)
GW最後の土曜日、夫が温泉に宿泊したいと言って予約したのは伊東園ホテルズの一つ

e0227942_17291404.jpg
川治温泉の一柳閣本館さん。決め手は「365日同一料金」だったようで。
1泊2食付で1人約8000円(税別)くらい。
夫は格安の温泉ホテルに数多く宿泊できたほうが良いと主張し、私は数を減らしてでもある程度のところが良いという考えなので、なかなか折り合いが付かないのだけれど。

駐車場に車をとめてチェックインをしましょうと入口へ向かったら「栃木パスポート」ののぼりが見えた。
あら、こちらでも何か特典があるのかしら?


e0227942_17341946.jpg
いただいたのは1冊につきスタンプ2個とシェーバー。
これで漸くパスポートがランクアップできるわね。


e0227942_17365455.jpg
チェックインの時に、こちらで浴衣を選んで部屋にお持ちくださいと言われたので、サイズと色を選ぶ。
この方法はとっても効率的ね~と、思わず感心してしまったほど。


e0227942_17382751.jpg
予約しておいた和洋室の部屋。設備が古いのは仕方ないけれど、二人なら十分な広さ。


e0227942_17402640.jpg
ベッドもこんな感じ。
さて、外の景色は?とカーテンを開けたら


e0227942_17451566.jpg
・・・! いきなり目が合って、互いに驚いた。


e0227942_17420076.jpg
どうやらこの部屋の近くに巣があるらしく、無数のイワツバメが窓の外を飛び交っている。
なんて素敵な光景なの~!

本当は部屋でずっとイワツバメを眺めていたいのだけれど、夫が飽きてきたようなので周辺を散策しましょう。


e0227942_17464116.jpg
キセキレイの声に導かれて近くの川治ふれあい公園から川べりへ。


e0227942_17462148.jpg
この辺りの川は水が澄んでとっても綺麗。
河原に座ってじっとしていたら、水浴びをしようとハクセキレイがやって来た。


e0227942_17484168.jpg
少し離れたところでは、ツバメたちも飛びながら水浴び。
早すぎてカメラに収めるのも一苦労。


e0227942_17470743.jpg
これは、川の上流で見られるカワガラス。しかも親子。
幼鳥のために親が水にもぐってエサを探しているのが見えるでしょうか?
でも、この辺りは川幅が狭くて、流れも速い。だから・・・


e0227942_17472568.jpg
時々親が流されてしまって。もちろん溺れたりはしないのだけれども。
色が黒っぽいのでカラスと名前は付いているけれど、カラスの仲間じゃないんですよ。


e0227942_18022641.jpg
さて、日も傾いてきたようなので部屋に戻りましょう。


e0227942_18020914.jpg
こちらの夕飯は大広間でのバイキング形式。アルコールも飲み放題。
初めて使う日本酒を燗する機械。ここはほとんどがセルフサービス。
生ビールの機械も、思わず見とれてしまうほど良く考えられている。
人が多すぎて写真は撮れなかったけれど画期的。
でも、こうして人手が要らなくなるのはちょっと複雑。


e0227942_17412078.jpg
翌朝、イワツバメたちに起こされて早起き。
本当に朝早くからご苦労様ね。


e0227942_18094077.jpg
お天気も良さそうだし、軽く朝食をとって出かけましょうか。
お世話になりました。

一柳閣本館の公式サイトはこちら


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)





by vivian-style | 2016-05-25 22:08 | お出かけ・名所 | Comments(4)
珍しく何の予定も入らなかった平日、かねてからずっと行きたいと思っていた益子へ。

e0227942_22111711.jpg
陶芸メッセは花が咲き始めて華やか~。
久しぶりの花撮影は、どうして良いのか分からなくて四苦八苦。


e0227942_22132849.jpg
天気が良くて気温が上がったせいか、桜の花もどんどん開いて。
また今年も桜を追いかけるのかなぁ。


e0227942_22143574.jpg
今回のメインの目的はこちらの益子陶芸美術館で開催されている「赤と黒 ~加守田章二と益子の現代陶芸~」展をみること。
展示数は少なめだけれど、常設展も充実しているので目の保養。
今回の展示は素晴らしい作品ばかりなので、もしご興味がありましたら是非。
4月10日までの開催となっています。
栃木パスポートを提示すれば、入館料が100円引きになりますよ。

開館時間 9:30~17:00 月曜休館
入館料 大人600円 小中学生300円

さて、次はランチ。
今まで行った事のないお店にしようと向かったのは

e0227942_22202102.jpg
キッチンスロープさん。
不思議な外観。そして、あちらこちらに造形作家のキンタさんの作品が。


e0227942_22212152.jpg
店内は思ったより広い? 天井が高いせいかしら。


e0227942_22222428.jpg
開店当時からの人気メニューだと言う渡り蟹のトマトクリームパスタ。
このソースがとっても美味しくて!


e0227942_22242949.jpg
もったいないから、最後はこのフォカッチャにつけていただく。


e0227942_22250429.jpg
〆はコーヒー。
シンプルなランチセットだけれど、パスタがたっぷりだったのでおなか一杯。


e0227942_22274266.jpg
お会計をしようとレジに向かったらパンを発見。
ふすまブレッドなのね・・・どんなかなぁ。とりあえずこれは次回にしましょう。
ごちそうさまでした。


e0227942_22285046.jpg
営業時間 11:00~17:00 月曜定休
益子町上大羽2217  TEL.0285-81-5446


e0227942_22311149.jpg
帰りに北真岡の菜の花畑へ寄ってみた。
一面の黄色の絨毯で、スズメ達が楽しそうに飛び交っていたわ。
桜はまだこれからのようね。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)





by vivian-style | 2016-03-30 22:32 | 平日ランチ | Comments(2)
この日、久しぶりに栃木県北部に位置する県民の森へ。
・・・向かうほどに「最終処分場反対」の看板が増えていく。
本当になぜこの緑豊かで綺麗な水の湧き出る地が候補にあがったのか、私にはまるで理解できないのだけれど。

e0227942_23382998.jpg
宇都宮から車で1時間強。11時頃到着したら、池には氷が張っていて。
この辺りは宇都宮に比べて標高も高いし寒いのかも。ほとんど動かない金魚たち。


e0227942_23473142.jpg
林の中を散策したら足元には霜柱。お昼近いのに溶けそうにないわね。


e0227942_23484766.jpg
低空を3羽のトンビがずっと旋回しているのは珍しい~と思っていたら


e0227942_23501176.jpg
野鳥救護施設に保護されているトンビがいた。仲間なのかも。


e0227942_23524088.jpg
寒いのでベンチに座って日向ぼっこしながらぼんやり木々を眺めていたら、ヤマガラが木の実をくわえてきた。
どうするのかと見ていたら


e0227942_23551266.jpg
脚で持ってくちばしで突いて中身を食べていた。
時々森の中でコンコンコンと音がするのを全部キツツキ系だと思っていたけれど、ヤマガラの音も混じっていたのかな。

ヤマガラはシジュウカラやマヒワ、カワラヒワと一緒に群れで飛び回っているので、同じ場所でずっと待っているとまたやって来るから観察するのはラク。
ずっとここで野鳥を見ていたかったのだけれど、夫がお腹が空いたというので


e0227942_23582764.jpg
少し先の尚仁沢はーとらんどへ。ここの敷地には


e0227942_00014815.jpg
無料で湧水を汲める場所があるんです。
中には沢山のポリタンクに水をつめて持ち帰る人達も。
聞くところによると、とても柔らかくてまろやかな水なんだそう。
この清水の湧き出る近くに最終処分場というのは、やはりいかがなものかしらん。


e0227942_00053511.jpg
さて、気を取り直して施設内へ。
こちらでは栃木パスポートを提示すると、1冊に付き500円以上の注文で名物の里芋フライがサービスで付くんですって。
持ってて良かった栃木パスポート2冊。


e0227942_00071857.jpg
天ぷらうどん(650円)。冷えた身体が温まるわ。


e0227942_00074824.jpg
これがサービスの里芋フライ。揚げたてでアツアツのサクサク。


e0227942_00085260.jpg
中身はマッシュした里芋。シンプルな味付けで美味しい~。
おかげでおなかいっぱいになったわ。ごちそうさまでした。


e0227942_00132168.jpg
駐車場に設置された案内図を見てこれからどうしようかと相談して


e0227942_00150449.jpg
再び県民の森に戻って、今度は展望台まで一気に車で登る。
ちょっと空気がもやっていてクリアじゃないけれど、遠くまで見渡せて気持ちいい。


e0227942_00163076.jpg
こんな野鳥が見られますとの看板。一度で良いからオオルリが見てみたいなぁ。
夏鳥は木の茂みに隠れてしまって見つけにくいのよね。


e0227942_00180432.jpg
帰る途中に寄ったコンビニの駐車場から見えた夕焼け。
ここに鳥のシルエットでも入ったら最高だったわ。

県民の森の公式サイトはこちら


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)

by vivian-style | 2015-12-28 22:43 | 鳥を愛でる | Comments(0)

素敵な時間を過ごせますように


by vivian