日々の贈り物(私の宇都宮生活)

aprodite.exblog.jp
ブログトップ

沖縄の猫たち

沖縄旅行に行く前に、動物写真家・岩合光昭さんの「ネコを撮る」という本を読んでおいた。
いつか実践できたら良いなと思って。
e0227942_21562632.jpg
首里城の近くでネコに出会ったので、早速本に書いてあった通り挨拶して、ネコの反応を見ながら話しかけたら


e0227942_21583085.jpg
ちゃんと立ち止まってポーズしてくれたので、つい調子に乗って


e0227942_2201581.jpg
こんなに寄って撮っても嫌がられなかった。何だか嬉しいわ。



e0227942_22354.jpg
別の日に斎場御嶽でネコの親子に同じように撮らせてもらったのだけれど、いきなり近かったらしく


e0227942_226519.jpg
場所を移動する母ネコと


e0227942_227414.jpg
絶対離れないぞという子ネコ


e0227942_2271477.jpg
これが彼女にとって適正な距離だったのね。
沖縄のネコはこちらで見かけるネコとは違ってシュッとした顔をしていて、何か違う。
またどこかでネコに出会えたら良いなぁ。

ランキングに参加中。ポチッと押していただけると嬉しいです。
  にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 宇都宮情報へ

by vivian-style | 2013-08-21 00:03 | Comments(4)
美ら海水族館を後にして向かったのはシーサイドオーベルジュの「かぬたん」
カーナビに電話番号を入れても住所を入れても目的地が表示されなくて、仕方なく勘で走り…
e0227942_0151917.jpg
こんな道を通って、良く辿り着いたなと自分を褒めてあげたい。


e0227942_0164999.jpg
小さく可愛らしいお店。


e0227942_0172320.jpg
テーブルから見える東シナ海と空。


e0227942_018814.jpg
黒糖ココナツミルクカレーセット(900円)に海ぶどう(200円)も付けた。


e0227942_021892.jpg
セットの飲み物とデザート。添えられたちんすこうは手作りなのか味が濃厚。
海を見ながら食事をすると2割増しで美味しく感じられるから不思議ね。


e0227942_0233980.jpg
食後、展望デッキへ出てみた。素晴らしい眺めだわ。


e0227942_0244370.jpg
海側から見るとこんな感じ。宿泊施設もあるので、是非泊まりに来てくださいね~と声をかけていただいた。
問題は、無事にたどり着けるかどうかだわ。

営業時間 11:30~16:00  木曜定休
本部町具志堅632-1  TEL.0980-48-4771
公式サイトはこちら


このままホテルへ戻ってのんびりスパでも入ろうかと思ったら、せっかくここまで来たのだから古宇利島へ行きたいと夫が言うので
e0227942_0294722.jpg
頑張って運転しましたよ。
橋を渡って島を一周して美しい景色を見ながら写真も撮れず


e0227942_031984.jpg
やっと帰り着いたホテルのビヤガーデンで夕日を見ながら飲んだビールの美味しかったことったら!
この日だけで約180㎞、慣れない道を運転した自分に乾杯。
これで沖縄旅行記はおしまいです。お付き合いいただき、ありがとうございました。

ランキングに参加中。ポチッと押していただけると嬉しいです。
  にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 宇都宮情報へ

by vivian-style | 2013-08-16 00:39 | お出かけ・名所 | Comments(4)
大阪に住んでいた頃、海遊館の友の会に入って息子と一緒に何度も通ったくらいの水族館好きとしては外せない美ら海水族館。
e0227942_0194336.jpg
沖縄旅行4日目に念願かなってやっと訪れることができたわ。


e0227942_034758.jpg
本物のサンゴを飼育しているサンゴの海。
本物のサンゴ!?と思ったら、世界初のサンゴの大規模飼育だそうで、こんなに大量の生きたサンゴを水族館で見るのは初めて。


e0227942_022734.jpg
この水族館の黒潮の海には現在ジンベエザメ(ジンベイザメ)が3匹も!
悠々と泳ぐ姿は迫力だわ~。


e0227942_0275878.jpg
エレベーターで上がると黒潮の海を上から見ることができる。
いちいちバックヤードツアーに申し込まなくて済むのは助かるわね。


e0227942_0294252.jpg
ちょうど飼育員さんが餌(オキアミ)をマンタにあげる時間だったのはラッキー。


e0227942_0392482.jpg
再び下へ降りて


e0227942_0403056.jpg
興味のある展示物をピックアップしながら見て


e0227942_0413882.jpg
海側へ出た。こうして見ると広いわね。


e0227942_0435277.jpg
向かったのはイルカのショーの行われるオキちゃん劇場。


e0227942_0461491.jpg
ショーの始まる前から、やる気満々のイルカたち。


e0227942_0483215.jpg
いよいよショーの始まり。イルカたちの紹介と生態の解説。


e0227942_049192.jpg
確かこの中央がオキちゃん。しかも初代。パフォーマンス歴37年の大ベテラン。


e0227942_052123.jpg
イルカのショーと言えば、やっぱりジャンプよね。


e0227942_0532436.jpg
このご機嫌な小型のクジラ、オキゴンドウのゴンちゃんは


e0227942_0552562.jpg
こんな風にジャンプしては


e0227942_0574278.jpg
スプラッシュ!! 水をかけてもらうお客さん(希望者)も楽しそう~。


e0227942_10113.jpg
ショーが終わって、お客さんがいなくなったところでイルカたちの検診。
ヒレの状態の確認とか体温計ったりとかマッサージしたりとか。


e0227942_134866.jpg
目を上げれば海が本当に綺麗。さ、お昼ご飯を食べに行かないとね。

沖縄県国頭郡本部町字石川424  TEL.0980-48-3748
美ら海水族館の公式サイトはこちら

ランキングに参加中。ポチッと押していただけると嬉しいです。
  にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 宇都宮情報へ

by vivian-style | 2013-08-15 01:11 | お出かけ・名所 | Comments(0)
沖縄旅行3日目、パワースポットめぐりの後はこちらのホテルへ。
e0227942_017513.jpg
沖縄なのに山の上のホテルなんて!と文句を言っていた夫だったけれど


e0227942_018141.jpg
部屋に入って


e0227942_018352.jpg
太平洋と


e0227942_0185282.jpg
東シナ海が見えると分かって、機嫌が直った。


e0227942_0203042.jpg
(画像は公式サイトより)
私がこのホテルを選んだのは、スパがあったから。
マッサージの気泡風呂やジェット水流風呂、ミクロの泡がミルクのようなお風呂、ミストサウナやドライサウナ、そして岩盤浴(要予約)が入り放題!
琉球石灰岩の道を歩き続けて痛んだ足が生き返るよう。


e0227942_0315786.jpg
夕方、車で20分ほどのサンセットビーチへ写真を撮りに行く。


e0227942_024321.jpg
部屋に戻ってカーテンを開けたらこんな素敵な夜景も見えて、夫もすっかりこのホテルが気に入ってくれたみたい。
良かった。

沖縄県中頭郡北中城村字喜舎場1478  TEL.098-935-1500
公式サイトはこちら

ランキングに参加中。ポチッと押していただけると嬉しいです。
  にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 宇都宮情報へ

by vivian-style | 2013-08-14 00:36 | お出かけ・名所 | Comments(0)
浜辺の茶屋でランチした後に訪れたのは、琉球王朝最高の聖地と言われるこの場所。
e0227942_23573833.jpg
全く霊感のない私でさえ、敬虔な気分になる不思議な空気が漂っている。


e0227942_00044.jpg
またしても琉球石灰岩の山道。どうしてヒールのサンダルで来てしまったんだろう…。


e0227942_025973.jpg
最初の拝所。


e0227942_044659.jpg
何か宿っていそうじゃない?


e0227942_061775.jpg
寄満(ゆいんち)で祈りを捧げる女性。
一般人はここへ上ってはいけないので、特別な人なのかな?
祈祷の最中、数珠の糸が切れて珠がばらばらに転がったのは吉兆?凶兆?


e0227942_0134747.jpg
目の前の二つの大きな岩が、偶然とはいえ


e0227942_0142467.jpg
こんな風に綺麗な三角形の洞門を形成している。
ここが最も神秘的な場所とされていて


e0227942_017565.jpg
奥まで進むと見えるのが海と神の島として崇められた久高島。
かつて国王たちは久高島に向かって国の繁栄を祈念したとか。
あ、さっき寄満で祈祷していた女性がここでもお祈りを始めた。数珠は?


e0227942_021260.jpg
二つの鍾乳石とその下に壺が置いてあるのが見えるでしょうか。
鍾乳石から滴り落ちる霊水を壺に受け、それで吉兆を占ったり、儀式に使ったりしていたそう。
時間に余裕があったら、ここも是非訪れてもらいたい場所だわ。

入場時間 9:00~17:30  入場料 200円
沖縄県南城市知念久手堅  TEL.098-949-1899

ランキングに参加中。ポチッと押していただけると嬉しいです。
  にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 宇都宮情報へ

by vivian-style | 2013-08-13 00:36 | お出かけ・名所 | Comments(0)

沖縄 浜辺の茶屋

宇都宮に住んでいると、海への憧れが一層強くなるような気がする。
と言う訳で、ガンガラーの谷ツアーの後、向かったのはこちら。
e0227942_2149357.jpg
文字通り海に面して建つ「浜辺の茶屋」


e0227942_21503483.jpg
海に面した席が運良く空いていたので座らせてもらった。
お昼時はちょうど干潮と重なるので、目の前まで迫る海を見ることはできなかったけれど、遠浅なのが良く分かる。


e0227942_21534649.jpg
海ぶどうのサラダと


e0227942_2154783.jpg
ゴーヤの入った野菜ピザと


e0227942_21542025.jpg
トマトとバジルのピザを二人でシェア。


e0227942_21562366.jpg
中は読まなかったけれど、思い出ノートとペンが置いてあった。
きっと沢山のメッセージで溢れているんでしょうねぇ。


e0227942_21572674.jpg
食後、浜辺へ。海側から見た建物はこんな感じ。
お客さんが次から次へとやって来る人気店。


e0227942_2224899.jpg
そして、あんなに遠くまで後退してしまった海。
ちゃんと調べて満潮の時に来たかったわ。ごちそうさまでした。


e0227942_22132081.jpg
このままではちょっと残念なので、画像を公式サイトからお借りしました。

営業時間 10:00~20:00(月曜は14:00~)  年中無休
沖縄県南城市玉城字玉城2-1  TEL.098-948-2073
公式サイトはこちら

ランキングに参加中。ポチッと押していただけると嬉しいです。
  にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 宇都宮情報へ

by vivian-style | 2013-08-12 00:05 | お出かけ・名所 | Comments(0)

沖縄 ガンガラーの谷

沖縄旅行3日目。レンタカーを借りて沖縄本島南部に位置するガンガラーの谷へ。
こちらは専門ガイドと歩くツアーのみなので前日までに要予約。
e0227942_037175.jpg
ツアーの待ち合わせはこちら。洞窟の中のちょっと不思議なカフェ。
ここから外を見ると


e0227942_0404220.jpg
こんな感じ。これからどんなツアーが始まるのか楽しみになるわね。
簡単なレクチャーがあり、用意された虫よけを塗って、水筒に入ったさんぴん茶を渡されてガイドさんと共に出発。


e0227942_045946.jpg
1ツアー定員20名。ガイドさんの説明を聞きながら鬱蒼と茂る太古の森を歩く。


e0227942_047246.jpg
巨竹。本当に太くて大きい。


e0227942_0522723.jpg
この森にはガジュマルが沢山。


e0227942_0591769.jpg
ランタンを渡されてイキガ洞の中へ。足元が濡れて滑りやすいので、運動靴推奨。


e0227942_113075.jpg
鏡のような水面に映る琉球石灰岩の岩肌。どこが境目か分かります?


e0227942_15738.jpg
この岩肌を見て分かる通り、元々は大きな鍾乳洞だったけれど天井が崩落して自然豊かな谷になったのだとか。


e0227942_1175264.jpg
森の賢者「大主(ウフシュ)ガジュマル」は圧倒的な存在感。


e0227942_1223463.jpg
「洞窟をくぐれば、そこは異次元の世界。時と空間がおりなす不思議な感覚」とキャッチコピーにある通りの森。


e0227942_1271182.jpg
みんなが集まっているから何かと近づいてみたら


e0227942_1282365.jpg
ここで1万8千年前の人類「港川人」が発掘されたのだそう。
現在も発掘調査が続いているんですって。日本人のルーツかも?


e0227942_1325893.jpg
最後にトンネルを抜けて現代に戻る。
森の中を歩いている時の気分は、経験してみないと分からないかも。機会がありましたら是非。

ツアー料金 2000円(大人)
沖縄県南城市玉城字前川202
TEL.098-948-4192(予約受付9:00~18:00)
公式サイトはこちら

ランキングに参加中。ポチッと押していただけると嬉しいです。
  にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 宇都宮情報へ

by vivian-style | 2013-08-11 01:44 | お出かけ・名所 | Comments(0)
e0227942_2372940.jpg
首里城を出て沖縄県立芸術大学を少し過ぎたあたりに樹木に覆われた家が見える。


e0227942_2393031.jpg
ここが目的の琉球茶房あしびうなぁ。


e0227942_23105845.jpg
ちょっと分かりにくいところにあるのにほぼ満席。凄い人気ね。


e0227942_23114734.jpg
沖縄そばのセットを頼んだら小鉢とジューシーがついてきた。
ジューシーとは沖縄の炊き込みごはん。味付けがちょっと変わっているわ。
スパイスに「こーれーぐす」。これは島とうがらしの泡盛漬けで、とっても辛い。
このお店の沖縄そばは、とっても優しい味で美味しかった~。ごちそうさまでした。

営業時間 11:30~15:30 17:30~24:00
沖縄県那覇市首里当蔵町2-13  TEL.098-884-0035


e0227942_23345968.jpg
あしびうなぁから首里城方面へ戻って日本の道100選に選ばれた石畳の道へ。


e0227942_2341759.jpg
この辺りは足腰が丈夫じゃないと生活するのも大変ね。


e0227942_23415621.jpg
琉球石灰岩のデコボコの石畳をハイヒールのサンダルで歩くのは辛いなぁと思い始めた頃、目の前にオシャレなカフェが。
石畳茶屋・真珠(まだま)さん。


e0227942_23443987.jpg
高台にあるので、眺めが良いわ。…まだまだ下るってことね。


e0227942_2346378.jpg
濃厚なタンカンジュースをいただいて復活。
これ、シークワーサーとマンゴーを足したような味。ごちそうさまでした。

営業時間 10:00~16:00  不定休
那覇市首里金城町1-23  TEL.098-8846591


e0227942_23502375.jpg
どこまでも続く石畳の下り坂。沖縄の名所を歩く時は、運動靴じゃないと駄目ね。
頑張ってやっと坂を下り、バス通りへ出たけれどバスの本数が…。
仕方がないので最寄りのモノレールの駅までタクシーで移動。


e0227942_2353977.jpg
一日中よく歩いたご褒美のような美しい夕焼け空。さ、明日はパワースポット巡り。

ランキングに参加中。ポチッと押していただけると嬉しいです。
  にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 宇都宮情報へ

by vivian-style | 2013-08-10 00:06 | お出かけ・名所 | Comments(2)

沖縄 首里城めぐり

e0227942_23585977.jpg
沖縄旅行2日目、モノレールに乗って首里駅下車。
首里城まであと少しという所にこのガジュマロの木が生えている。


e0227942_03218.jpg
首里城の案内図。結構広いわね。


e0227942_042120.jpg
これが有名な守礼門。さあ首里城ツアーの始まり。


e0227942_09036.jpg
園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)。1519年創建の世界遺産ですよ。
これは琉球石灰岩で造られた石造りの門。琉球石灰岩は、元はと言えばサンゴ。
この後、どこへ行ってもこの琉球石灰岩を見かけることになる。


e0227942_0192514.jpg
首里城は山を利用して建てられた城なので、階段を上っては門をくぐる。
この階段の途中にあるのが


e0227942_021434.jpg
龍樋(りゅうひ)。500年以上前に中国からもたらされた彫刻は当時のままの姿だそうで、龍の口から出る湧き水は王宮の飲用水だったとか。


e0227942_0251992.jpg
門をくぐって後ろを振り返る。この素晴らしい景色!


e0227942_0443949.jpg
ちょっと目立たないところにある日時計。


e0227942_036191.jpg
正殿は現在修復中。青空に映える美しい朱色の建物。


e0227942_0415443.jpg
きらびやかな玉座。外は凄く蒸し暑いのに、建物の中は意外に涼しい。


e0227942_0475252.jpg
こちらが最後にくぐる門。どの門にも特徴があって興味深い。
さ、お腹も空いたしお昼ご飯を食べに行こうっと。

世界遺産 首里城公園
那覇市首里金城町1-2  TEL.098-886-2020
公式サイトはこちら

ランキングに参加中。ポチッと押していただけると嬉しいです。
  にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 宇都宮情報へ

by vivian-style | 2013-08-09 00:54 | お出かけ・名所 | Comments(2)

沖縄 牧志第一公設市場

ホテルの回線の調子が悪くて四苦八苦です。
e0227942_149689.jpg
ホテルにチェックインした後、国際通りから市場本通りへ。
観光客向けの不思議なお店が沢山並んでいて、見ているだけでも楽しい。


e0227942_1531233.jpg
目的地はこちら。牧志第一公設市場。


e0227942_1565611.jpg
こちらのお肉屋さんは訪れた日にちょうどTVの「ヒルナンデス」に取り上げられたそうで。
あれこれ試食させてもらって、お土産にと購入。
和(かず)ミート  TEL.0120-39-3529


e0227942_205025.jpg
お魚屋さんには南国らしいカラフルな魚たち。
こちらで魚を購入すると、市場の2Fでそれをお好みで調理してくれるのだとか。


e0227942_241426.jpg
で、2Fへ向かう。8軒くらいの食堂が並んでいて、どこにしようかと悩んでこちらの「琉球料理 道頓堀」へ。


e0227942_261523.jpg
モズクと島ラッキョウと玉ねぎのてんぷら・グルクンのから揚げ・塩漬けの小魚の乗った島豆腐・海ぶどう・ソーキそばを二人でシェア、そして私にオリオンビールで夕食。
これだけ食べて3050円。とっても美味しかったしリーズナブル。ごちそうさまでした。

ランキングに参加中。ポチッと押していただけると嬉しいです。
  にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 宇都宮情報へ

by vivian-style | 2013-08-08 02:11 | お出かけ・名所 | Comments(0)

素敵な時間を過ごせますように


by vivian