日々の贈り物(私の宇都宮生活)

aprodite.exblog.jp
ブログトップ

タグ:益子 ( 100 ) タグの人気記事

このところ人が集まりすぎるイベントは敬遠していたのだけれど、ちょっとだけ覗いてみようと訪れたのは

e0227942_22404787.jpg
美しく紅葉する木々に囲まれた森のレストランさん。


e0227942_22420245.jpg
敷地内には所狭しと移動販売カーやテントが並ぶ。


e0227942_22425435.jpg
ちょっと遅めの時間だったせいか、人出も落ち着いたところ。
森のパン屋さんもこの日はこちらで販売しているのね。


e0227942_22441377.jpg
レストランの中もちょっと覗いたらクリスマス雑貨のセールが始まっていて、そう言えばもう今年も残り少ないのだと実感。


e0227942_22461231.jpg
たまたま出会ったツルタハルさんが、このギタリストが素晴らしいのよ!と教えてくれたのでライブを聞くことにした。
ギタリストの田部井泰和(やすかずん)さん。


e0227942_22482161.jpg
靴にはマラカスがガムテープで貼り付けてあって、ギターに合わせて器用にリズムを取る。
飄々としたキャラクターだけど、演奏は凄い。今月25日には宇都宮のDAN Barでライブがあるそうですよ。


e0227942_22530103.jpg
最近私が買う物の殆どはカメラ関連。
こちらで売っていたポーチがカメラのグッズを入れるのにちょうど良くて購入。


e0227942_22555197.jpg
お洒落なアクセサリーや


e0227942_22563174.jpg
インテリア雑貨もいろいろあったけれど、今はモノを増やせないので見るだけにして・・・。


e0227942_22573052.jpg
こんな道を歩いて森のレストランと同じ系列の益子の茶屋方面へ。


e0227942_23004127.jpg
こちらにはかぼ茶庵、益子の茶屋、森のパン屋が並ぶ。


e0227942_23002766.jpg
益子の茶屋の前ではカラフルなオカリナや雑貨、


e0227942_23022980.jpg
陶芸体験のできる工房の前には、たった今できた作品が並ぶ。
初心者でもこんなに上手に?
スタッフさんにうかがったら、最初は手を貸すけれど、最後は皆さん一人でちゃんと作り上げると。
・・・凄いわぁ。


e0227942_23081187.jpg
帰ろうとしたら、こちらの張り紙が目に入った。
どんな内容か気になるわね。


e0227942_23091908.jpg
最後に夫がこちらのクレープを食べたいと言い出したので、


e0227942_23095256.jpg
たまには良いかもと。生地に豆乳とアーモンドプードルを混ぜ込んでモチモチにしてあるんですって。
カロリー高そう。でも美味しそう。


e0227942_23122893.jpg
宇都宮に戻る前に小高い山の見晴台へ。
沈む夕日に照らされて、町が紅に染まるのを感動しながら眺める。
一瞬の輝きに、なすすべもなくただ見とれるばかり。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2017-11-20 23:17 | イベント・セミナー | Comments(0)
どちらも今週末が見ごろだと思いますので記事をアップしておきますね。

e0227942_22365160.jpg
今月7日から益子のコスモス祭りが始まりましたので、9日夕方訪れました。


e0227942_22383285.jpg
益子のコスモス畑の特徴は、何と言ってもその広さ!
見渡す限りのコスモス畑は圧巻です。


e0227942_22395051.jpg
駐車場もありますが、休耕田を利用しているので雨の日やその後数日はぬかるんでしまうので要注意。
また、午後4時で閉場となるのでそれも気をつけたいところ。


e0227942_22422070.jpg
夕焼けが綺麗~! と見とれながら


e0227942_22430172.jpg
時間を忘れて写真を撮っていたら、閉場時刻を過ぎてしまったのよ。
急いで駐車場に戻ったけれど、4時で閉まるって少し早くないかしら・・・?
おかげで辺りには路上駐車の車が増えているし、難しいところね。

益子コスモス祭りの公式サイトはこちら


e0227942_22523076.jpg
これは数日前に訪れた八方ヶ原。
展望台の辺りは標高が高いせいか、時折霧が出て幻想的な雰囲気になる。


e0227942_22574445.jpg
山の駅たかはらで周辺情報を仕入れてから向かったのは


e0227942_22582547.jpg
おしらじの滝。
滝つぼは「おしらじブルー」と呼ばれる神秘的な青。怖いくらいに美しい。

駐車場から滝までは20分程度の道のり。
ただし、途中足場が悪かったりするので運動靴推奨。
この日、駐車場へ戻ろうと歩いていたら東京からのツアー客とすれ違ったのだけれど、添乗員さんがタイトスカートにハイヒールで歩いていくのを見てなんて無謀な・・・と思ってしまったわ。
怪我をしていなければいいのだけれど。


e0227942_23024946.jpg
周辺には白い可憐な花も咲いていて被写体には事欠かない。


e0227942_23040577.jpg
滝を後にして次に向かったのは八方湖。もう既に紅葉が始まっていてびっくり。
今年は早いのかしら。


e0227942_23060260.jpg
今週末には見事でしょうね。
栃木県では日光や那須の紅葉が有名だけれど、八方ヶ原の紅葉も素敵。
何より渋滞していないし。
この日は、贅沢にもこの景色を独り占めだったんですよ。

という訳で、栃木県内のお出かけスポットを2箇所ご紹介しました。
今週末のお出かけの参考になりますように。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-10-12 23:16 | 花を愛でる | Comments(2)
6月24日(土)から7月10日(月)まで益子のつかもとギャラリー作家館で藤原郁三さんの個展が開催されています。

e0227942_21453790.jpg
とある平日の午後2時頃、ようやくギャラリーにたどり着いたら藤原さんが帰ろうとしているところ。
急いで駆け寄ってうかがったら「誰も来ないから帰ろうと思って」と。こらこら。


e0227942_21501386.jpg
おかげでご本人の解説付きでゆっくり作品を見て歩くことができたからラッキー。


e0227942_21545153.jpg
会場入口で優しく来場者を見守る薬師如来。
細長くて繊細。立たせたまま焼くのは大変そう。


e0227942_22225160.jpg
薬師如来の反対側で来場者を睨みつける邪鬼。
いい面構え。そして手足の何と力強く生き生きとしていることか。


e0227942_22300669.jpg
塚原さんの邪鬼は粘土の塊から彫り出しているので、凄く重い。

釉薬を使わず、あえて焼き物の原点である復元させた穴窯に薪をくべて焼く。
熱で溶け始めた粘土の表面に灰がかかり反応してガラス質に変わる。


e0227942_23145708.jpg
焼き物は窯から出すまでどう変化するか分からないそうで、作品になるのは全体の約1/3とか。
これは3回焼いたもので、より一層黒く色づき表面が融け始めている。
それがまた良い風合いとなって。


e0227942_23332188.jpg
藤原さんが邪鬼にこだわるには理由がある。

彼によると鬼には3種類あって、鬼に生まれたもの、鬼になったもの、そして鬼にさせられたもの。
元は仏教が興る以前のインドの位の低い神様だったのに、いつの間にか四天王の眷属として踏み台にされ、しまいに鬼にされ。

その鬼にされてしまった彼らの「今に見ておれ!」という気概を表情に込め、そして


e0227942_23542857.jpg
いつか解放して元の神様の姿に戻してやりたいと。

藤原氏は大阪出身。大学時代は日本画を学び、あの平山郁夫氏の第1期生。
日本画を学ぶうちに日本画の原点はエジプトの壁画であるとフレスコ画やモザイクを学び、やがて日本の文化に根ざしたものをと探しているうちに出会った陶壁。
仕事としての陶壁、そしてその材料を使って自由に創作できる邪鬼。


e0227942_00034680.jpg
30年前、邪鬼を作り始めた頃大腸がんになり、その後胃がん前立腺がんと。
でも、本人がそうと言わなければ全く気付かないほどお酒もたしなみ普通に食べ。
「ラクして良いことなんてない。苦労と思わずやりがいと思えば大変じゃなくなるよ」と優しく微笑む。

ほんの少し話をうかがうつもりが、気付けば結構な時間になってしまっていて。
お付き合いいただき、ありがとうございました。

彼の陶壁の作品は栃木県内の各所、鬼のオブジェは鬼怒川周辺、川治温泉ではかわじいが見られます。
今年8月4日には、鬼怒川温泉駅前の広場でSLの陶壁の除幕式があるそうですよ。


e0227942_00150303.jpg
実物の質感は写真ではなかなか伝わりにくいですね。
10日(月)まで個展が開催されていますので興味がありましたら足をお運びください。
木曜日はお休みです。

つかもとギャラリー
益子町益子4264  TEL.0285-72-6634
開館時間 9:00~17:00

いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-07-03 22:02 | イベント・セミナー | Comments(2)
今年も春の陶器市が開催されていますね。
初日にアド街ック天国というTV番組で益子の陶器市が取り上げられたようで、初日に引き続き二日目も凄い人出だったとか。

e0227942_21521008.jpg
聞くところによると、どんどん出足が早くなっているそう。
そんな訳で、5月3日の朝8時半に益子着。
さすがに5日目ともなると、この時間なら余裕で近くの駐車場に止められるし、城内坂もこの通りまだ空いている。


e0227942_21554906.jpg
まず最初に日下田藍染工房さんへ。


e0227942_21561959.jpg
裏庭で日下田さんにお会いできたので、ちょっと立ち話。
鎌倉の東慶寺のギャラリーで5月20日から1週間開催される個展の準備のこととか。
喜寿を迎えても今なお現役で、更にチャレンジしようとする姿勢は本当に見習わないと。


e0227942_22030644.jpg
どのルートで回りましょうと城内坂を歩いていたら目に止まったこちらの工房がわんさんの器。
ご夫婦で工房を構えているそうで、旦那様の器はこういったオブジェ的なもの、奥様の器は優しく元気になりそうなもの。
・・・という訳で、奥様の太陽の器(勝手に命名)を購入。珍しく一目惚れだったのよね。
後で経歴を見たら南米に住んでいたこともあるようで、道理であの文様と形状。


e0227942_22075562.jpg
工房火の玉発動機の田崎さん。
彼には熱烈なファンが沢山ついていて殆どの作品は完売となって棚は空っぽ。


e0227942_22104347.jpg
あまり何もないと申し訳ないからと、売却済みで後日発送する分を飾っている。
今年の11月29日から銀座三越で個展を開催するそうで、初日に銀座三越集合!とおっしゃっていましたよ。
ファンの方は是非集結して下さいね。
楽しそうだから私も都合がついたら行ってしまおうかしら。


e0227942_22131321.jpg
こちらも完売となっていた中村かりんさんのテント。
ご本人がいらっしゃったのでうかがったら、二日目で完売してしまったそうで。
目当ての作家さんがいる場合は、やはり初日じゃないとね。
私の友人達も初日の凄く早い時間からあちこち並んでいたみたいだし。


e0227942_22154686.jpg
益子の陶器市は、益子の作家さんのみならず全国から様々な作家さんたちも参加しているので、エリアごとにこんな紹介もあったりして気に入った作家さんを探し易い。


e0227942_22173069.jpg
こちらは毎回面白いアイディアのガラス作品を出してくる千葉から出店のPRATO PINOさん。
癒し系のお兄さんの作るガラスは、繊細でとても美しい。


e0227942_22221078.jpg
こちらは鹿沼の造形作家の高橋洋直さんの花瓶。
この形、完璧に私の好み! これも迷わず購入してしまったわ。
見れば見るほど何て素敵なのかしら。


e0227942_22322092.jpg
その高橋さんとお友達で歴史ある岩下製陶の岩下宗晶さんのバクシリーズ。
本人の人柄のようにほのぼのした作品だけれど、本当は


e0227942_22341949.jpg
こんなに美しい器も作るんですよ。
今回は予算オーバーで購入できなかったけれど、いつかきっと。
あ、因みにガイアの夜明けというTV番組にちょっと出ていて、その話をうかがったら、TVで煽るほどアメリカのTPP離脱は問題じゃないそうで。
海外進出も着々とのようです。


e0227942_22384615.jpg
宇都宮でリサイクルの着物のお店をしている荻原さんが陶器市の期間中出店すると言っていたので訪れたら、ご本人がいらっしゃらない。
残念ね。またお店のほうにうかがいましょう。


e0227942_22414801.jpg
いつも立ち寄る増渕明さんのテント。
あ! ヤサグレ蛙の親分が子分を従えてる~。
しかも、鹿沼の木工作家の大塚さんの作品を手にして・・・。
どうやらイベントで知り合って、大塚さんと仲良くなったそう。
因みに梯子は大塚さんのお弟子さんの作品とか。


e0227942_22482081.jpg
この日はお天気が良くて絶好のお散歩日和。


e0227942_22481015.jpg
さて、見て回るのも後少し。全部は回りきれないので、ざっくりと。


e0227942_22501846.jpg
ふと目に止まった美しい器は富山から出店の川西知沙さんのもの。
約4年、益子の製陶所で働いた後に磁器を勉強し直して故郷の富山に工房を構えたそう。


e0227942_22551514.jpg
私の見る限り、ずっと行列の絶えなかったハヤシラボさん。


e0227942_22560502.jpg
これが午後1時半頃の城内坂。
帰りの渋滞に巻き込まれないように、私たちはそろそろ出ましょうか。

もし益子の陶器市に行かれるのでしたら、範囲がとても広いので一日で全部を見て回るのは難しいです。
自分のペースで楽しみながら歩いてくださいね。


e0227942_22572647.jpg
帰り道、ちょっと遠回りして新しく出来た道の駅ましこへ。


e0227942_22580215.jpg
普段なら食べないのだけれど、この日はとっても暑かったのでイチゴミルクのジェラートを。
ちょっと買い方が分かりにくくて戸惑う人が多かったんですよ。
飲み物意外は券売機で購入してから列に並ぶんです。これ、もっと分かり易い案内があったほうが良いかも。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-05-05 23:14 | イベント・セミナー | Comments(2)
e0227942_19051354.jpg
益子へは何度も足を運んできたけれど、路線バスに乗って訪れるのは初めて。
JR宇都宮駅西口から約1時間、運賃1150円。
益子町に近づくといきなり英語のアナウンスが入る。
この先はずっと英語バージョンの案内もあるのかと思いきや、それはない。
ともあれ、無事に城内坂に到着。
途中からずっと乗客は私一人だけになってしまったけれど、路線バスは意外に快適だったわ。


e0227942_19154045.jpg
今回の目的地は日下田藍染工房さん。
陶器市の時のような賑わいはなく、のんびり落ち着いた風情。


e0227942_19164206.jpg
入口に飾られている綿。
この意味がずっと分かっていなかったのだけれど・・・。


e0227942_19192538.jpg
訪れた時間には藍染の作業は行われていなかったので、工房内はとても静か。


e0227942_19212738.jpg
陶器市の時にはクローズされてしまうギャラリーに向かいましょう。


e0227942_19225857.jpg
2階の作業場では3人の女性が和気藹々と作業中。
邪魔にならないように、お話をうかがいながら写真を撮らせていただく。

こちらは、綿の実(コットンボール)から種を取っているところ。
ローラーを回すと、綿の部分だけ出てきて、種は手前に落ちる仕組み。
この道具はずっと昔からこの形だそう。
力は必要だけれど、良く出来てるわ~。

種を取った綿は打って繊維をほぐしたら


e0227942_19335718.jpg
紡ぎます。
コレがまるで魔法のよう。ただの綿から糸が出現してくるんですよ。
どうなっているのかしら?


e0227942_19353353.jpg
うかがったら、ほんの少しの手加減で糸の細さも変えられるんですって。
まさにプロフェッショナル!


e0227942_21535882.jpg
紡がれた糸は織られていきます。
リズミカルな音と共に。


e0227942_22001381.jpg
ここでは綿や麻、絹やウールも扱うそうで


e0227942_22011048.jpg
紡がれた糸は誰のものか分かるほど性格が出るそう。


e0227942_22024708.jpg
そう言えば、こちらは藍染工房。なのに綿から?


e0227942_22035921.jpg
日下田正(ひげた・ただし)さんに少しお話をうかがいましょう。

日本の綿の歴史は約400年。
江戸時代の頃に入ってきたそうで、それ以前は絹、麻、毛織物が中心だったとか。
綿は庶民の作業着として扱いやすいことからあっという間に広まり、真岡木綿のように素晴らしい布も生産されるようになる。
でも、機織が機械化され外国から安い綿が入ってくるようになると日本の綿文化が廃れてしまった。

その綿文化を後世に伝えようと、300坪の畑に綿の種を撒き、育て、収穫するところから始めて数十年。
夏の除草作業がきつくなってきたとおっしゃる日下田さんは77歳。
まだまだやりたい事がいっぱいあると語り、チャレンジを続けている姿勢に頭が下がるわ。


e0227942_22264818.jpg
日本の綿文化、知らない事ばかりで凄く勉強になりました。
因みに、福島県辺りが綿が採れる北限らしいです。


e0227942_22403762.jpg
うかがった日には、ちょうど鎌倉のギャラリーの方たちが打ち合わせに訪れていて、縁切り寺として有名な東慶寺のギャラリーで5月20日から1週間、日下田さんの個展が開催されるようです。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2017-03-09 22:42 | お出かけ・名所 | Comments(0)
茨城での仕事の帰り、益子でランチをしようと訪れたのは久しぶりの森のレストラン。

e0227942_22432482.jpg
特にイベントのない平日だし寒い日なのに、駐車場には車がいっぱい。
店内にも結構お客さんがいてビックリ。


e0227942_22453661.jpg
席についてランチを頼んだら、一皿分だけお惣菜を好きなだけ持って来ることが出来る。


e0227942_22462924.jpg
野菜たっぷりのスープもあるし


e0227942_22465985.jpg
ドリンクバーもあるから


e0227942_22471648.jpg
ペース配分をきちんと考えてとらないと大変な事になるんです。


e0227942_22490206.jpg
スープとお惣菜は少しずつ。


e0227942_22492577.jpg
大皿なのでいくらでも盛れてしまうのだけれど、そんなことをするとメインのお料理が食べきれなくなってしまうので、このくらいで抑えておくほうが良いと思います。


e0227942_22503433.jpg
メインに頼んだグリーンカレー。


e0227942_22510527.jpg
ご飯は雑穀米。トマトをこんな風に添えるとさっぱりとした酸味でより一層カレーが美味しくなるのね。
見た目も可愛いし、家でもやってみましょう。


e0227942_22520812.jpg
ココナッツミルクの効いたグリーンカレーは具沢山。
こんな大きなイモも入っていてびっくり!
これはお腹が膨れるわね。


e0227942_22482064.jpg
紅茶とカプチーノ両方とも。たっぷり飲めて幸せだわ~。
食べ過ぎておなかは苦しいけれど。
さ、頑張って宇都宮へ戻りましょう。
ごちそうさまでした。

営業時間 11:00~16:30 金曜定休
栃木県芳賀郡益子町益子4037  TEL.0285-70-2223
公式サイトはこちら


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-02-18 23:01 | 平日ランチ | Comments(0)
これは少し前の記事。

e0227942_22303386.jpg
この日、朝から何も食べる暇がないまま益子へ。時間も14:30過ぎ。
ここでランチできないと、さすがにちょっと辛いなぁ・・・と、ダメ元で訪れたヒジノワさん。


e0227942_22321894.jpg
良かった、ランチ営業している日だった。しかもまだランチOKと。
この日の営業は手毬さん。
このカフェは7~8軒のお店が順番に営業しているので、訪れる日によって中身がガラッと変わるのよ。
それが面白いところでもあるのだけれど。
ランチしたいときに、食べ物がないと辛いかも。


e0227942_22370897.jpg
注文をして待つ間、店内の写真を撮らせていただく。
いつ見ても素敵なタイルアート。


e0227942_22380805.jpg
これが焼き色見本とは、近づかないと分からないわよね。
意外に色のバリエーションが豊富でしょう?


e0227942_22400391.jpg
コーヒー付きのお弁当ランチ1000円(税込み)
メインが秋刀魚の煮物かハンバーグか選べたので、旬の秋刀魚を。


e0227942_22421517.jpg
ビックリするほど具沢山の豚汁。これだけでお腹がいっぱいになりそう。


e0227942_22430709.jpg
生野菜サラダには、コリンキーも。彩りが綺麗ね。
山椒の実が爽やかな香の物。


e0227942_22395424.jpg
厚焼き玉子、煮物、ズイキ(ハスイモ)の天ぷら。


e0227942_22425972.jpg
骨まで柔らかいんですよ~とお店の人が勧めてくれた秋刀魚の生姜煮。
ちょっと強めの味付けだけれど、田舎のおばあちゃんの家でご馳走になっているような、そんな感じ。


e0227942_22483880.jpg
ご飯も旬の栗ご飯。
お腹が満たされて生き返った気分。


e0227942_22445274.jpg
食後のコーヒーは作家さんのカップで。
これも素敵ね。毎回、どんなカップで出て来るのかと・・・それも楽しみの一つ。
さて、次の用事があるからのんびりしてもいられないわ。
ごちそうさまでした。


e0227942_22520000.jpg
益子町大字益子1665  TEL.0285-81-7380
公式サイトはこちら
営業日・時間等は公式サイトでご確認くださいね


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2016-09-24 23:08 | 平日ランチ | Comments(0)
今回は写真が多めですが、よろしければお付き合いくださいね。

このところようやく涼しくなってきて、少しずつ鳥たちも目に付くようになってきた。
そこで、用事があって益子方面に向かう道すがら気合を入れて鳥を探す。

e0227942_18244778.jpg
まず、インターパークの近くでアマサギ!
最初コサギだと思ったのだけれど、クチバシの色が違うし何よりオレンジの羽の残っている個体もいたので。


e0227942_18281292.jpg
真岡を抜けて益子へ入ると電線にサシバの幼鳥。
野鳥の会の人によると、通常サシバのお腹側は横斑なのだけれど、幼鳥だから縦斑なのかも・・・と。
サシバは渡り鳥で、9月下旬から10月上旬にかけて越冬地である東南アジアへ向かうとか。
こんな華奢な身体で長距離を飛ぶのは大変そう。頑張ってと思わずにはいられない。


e0227942_18312224.jpg
どこにでもいるスズメ。でも、スズメですら嬉しい今日この頃。


e0227942_18322049.jpg
モズも久しぶりに見ると綺麗だわ~。


e0227942_18330677.jpg
上空ではトンビ。傷んだ羽が綺麗に生え揃い始めているわね。


e0227942_18360206.jpg
おまけで猫にも遭遇。なんだか運の良い日。
運が良いついでに、今まで行ったことのないお店を見つけましょうとあちこち車で走っていたら


e0227942_18372492.jpg
益古時計さんの手前で小さな看板を発見。
この道は何度となく通っていたけれど、見落としていたわね。


e0227942_18391815.jpg
奥の看板も目に入った。「営業中」
細くカーブした先がどうなっているかも分からないけれど・・・車で入っていいのかどうかも分からないけれど・・・行くしかないわね。


e0227942_18420151.jpg
車一台がぎりぎり通れる道を上ったところが駐車場。
敷地はそんなに広くはないので、乗り合わせ推奨。


e0227942_18434247.jpg
古い平屋の日本家屋に暖簾がかかっている。
よく隠れ家風レストランとかあるけれど、ここは本当に隠れ家だわ。
陶器市の時は前の道を歩く人も多いのでお客さんも増えるそうだけれど、通常は静かな時間を楽しめるとか。


e0227942_18481888.jpg
日当たりの良さそうな庭の見える席や


e0227942_18492017.jpg
床の間のある和室


e0227942_18494333.jpg
そして、天井の高いテーブル席。(この写真は帰りに撮っています)
どこでも好きな席へと言われたので、テーブル席へ。


e0227942_18513378.jpg
メニューはこんな感じ。
十割蕎麦にしようかと思ったのだけれど、注文を受けてから打ち始めるので30分はかかりますと。
では、自分では作るけれど、外でそばがきを食べた事がなかったのでそれにしましょう。
お店で出すそばがきってどんなのか興味があるわ。
因みに、そばがき用の蕎麦粉は常陸太田市の秋蕎麦の寒晒しだそう。


e0227942_18563006.jpg
そばがき登場。
上にかかっているのは鰹節ではなく、マグロの削り節。マグロのほうが臭みがないからと。
私の作る雑なそばがきとは違って、上品なビジュアル。


e0227942_18582816.jpg
ひとつひとつ綺麗に形作っているし・・・私が不器用なだけかしら。
そばがきの食感はもちもちで、蕎麦の香りと味が口の中で広がるわ。幸せ。


e0227942_19001573.jpg
箸休めにちょうどいい塩加減の香の物。
このお店は器も素敵。そんな話を店主さんにしたら


e0227942_19012248.jpg
先代から伝わる立派な器もあるんですよ~と見せてくれた。
モダンで存在感のあるお皿。
これ、それなりの場所にきちんと飾ったら空間が引き締まるでしょうね。


e0227942_19024654.jpg
おかわりのお茶をどうぞと見れば、こちらも凝った作りの急須。
思わず撫でてしまったし。
外からは鳥のさえずりが聞こえて、しばしまったり。
さ、午後は頑張りますよ。ごちそうさまでした。


e0227942_19081823.jpg
益子町益子4278-1  TEL.0285-72-6731  不定休


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2016-09-16 22:43 | 平日ランチ | Comments(0)
今年も益子の上山地区でひまわり祭りが始まったので、初日(20日)に訪れてみました。

e0227942_20190322.jpg
会場には展望台が設けられ、周辺もきちんと整備されている。


e0227942_20203476.jpg
この辺りは圧巻!
小ぶりなひまわりが群生していて、写真を撮るのにちょうど良さそう。


e0227942_20214290.jpg
その一角に、記念写真コーナーがあって、皆さん思い思いに。
こういうアイデアは良いわね。


e0227942_20232209.jpg
長く楽しめるようにと様々な種類のひまわりが植えてあるので、中にはもうタネになりかけのものもある。


e0227942_20252790.jpg
これはマティスのヒマワリ。ゴッホのヒマワリも近くにあったわ。


e0227942_20263453.jpg
広いヒマワリ畑を歩きながらゆっくり写真を撮っていたら、とうとう雨が降り始めてしまった。


e0227942_20271978.jpg
しばらく止みそうにないので仕方ないから帰りましょうか。
期間中にもう一度行けたらいいのだけれど・・・。

益子のひまわり祭りは28日(日)まで。
明日22日(月)は台風9号接近のため中止にするそうですよ。
台風で花が傷みすぎませんように。

結局、台風でヒマワリがダメになってしまったそうで、ひまわり祭りは終了してしまったそうです。

いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)




by vivian-style | 2016-08-21 22:14 | 花を愛でる | Comments(2)
益子には何度も足を運んでいるけれど、こちらでランチをするのは初めて。

e0227942_21275712.jpg
訪れたのは益子焼の窯元よこやまさんの工房2Fにある、益子の茶屋。
この更に奥にある系列店の「森のレストラン」には何度も行っているのだけれど。


e0227942_22150310.jpg
この日、たまたま知り合いが近くまで来ているというので一緒にランチを。
天井が高くて落ち着くわね。


e0227942_21301326.jpg
これは知り合いの頼んだ季節限定メニューの冷やし坦々麺。
この写真では分かりにくいけれど、氷が乗ってるわ~。
そんなに辛くはなかったそうだけれど、かなりのボリュームだったとか。


e0227942_21320030.jpg
私が選んだのは、カポナータ乗せ豚丼。
奥に見えるカップはドリンクバーを頼んだので。確か280円だったかな。
このお店で使われているカップもお皿も窯元よこやまさんで製作されているもの。
うちにもここの窯のお皿があるのよ。色合いが素敵で使いやすくてお気に入り。


e0227942_21352574.jpg
プレートには野菜もたっぷり乗って、やはりこちらもボリューム満点。
夏の暑い日だったので、ビタミンBを摂ろうと豚丼を選んで正解だったけれど。
飲み物をおかわりして暫しまったり。
お客さんが多くても、テーブルの感覚が広くゆったりとってあるのでのんびりできたわ。
さて、お腹も満たされて元気になったから私は次の場所に移動しましょう。
ごちそうさまでした。

営業時間 10:30~17:00(冬期~16:30) 月曜定休(祝日の場合は翌火曜)
益子町益子3527-7  TEL.0285-72-9210


e0227942_21450522.jpg
知り合いと別れて向かったのは益子陶芸美術館。


e0227942_21471883.jpg
現在「リーチポタリーで学んだ日本人陶芸家」の企画展が開催されている。
イギリス人陶芸家バーナード・リーチ氏が濱田庄司氏と共にイギリス南西部の港町セントアイヴスに渡って東洋風の登り窯を築いたそうで。
その窯での製作風景の映像や作品が展示されていて、とても興味深い。
特に、陶芸に関しては全くのシロウトの私にとって製作風景の映像は凄く勉強になり、最初から最後まで見入ってしまったほど。
本当は繰り返して見たかったのだけれど、さすがに時間がなくて。
これは本当にオススメですよ。
このところ、この美術館で開催されている企画展は素晴らしいと思うんです。
良い学芸員さんが入ったのかしら? それとも館長さん?
機会がありましたら、皆さんも是非訪れてみてくださいね。

公式サイトはこちら


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2016-07-29 22:12 | 平日ランチ | Comments(2)

素敵な時間を過ごせますように


by vivian