日々の贈り物(私の宇都宮生活)

aprodite.exblog.jp
ブログトップ

ハープの音色と朗読と in 鹿沼市ブックマート興文堂3F

珍しく夫が朗読に少し興味を持ったようなので、一緒に向かったのは鹿沼市のブックマート興文堂さん。

e0227942_22190573.jpg
プログラムは阿部早苗さんによる小川未明の「赤い蝋燭と人魚」の朗読に始まり、安生正人さんのケルティックハープ演奏、そして再び阿部さんによる新見南吉の「子どものすきな神さま」、斉藤隆介の「花さき山」と続く。


e0227942_22222828.jpg
ステージ正面の壁に飾られているのは、今回の朗読会のためにドゥードゥルアート作家のumi(うみ)さんが描いたもの。
(写真は部分です)
この作品は美術展で入選したそうで、この後、東京都美術館に飾られてから美術商に渡ってしまうのだとか。


e0227942_22274529.jpg
朗読が始まる。「赤い蝋燭と人魚」
子供向けかと思いきや、人間の愚かさに対する悲しみと怒りを内包したような話。
口跡のはっきりした阿部さんの語りは、こういう話が特に巧い。


e0227942_22333913.jpg
阿部さんの語りに合わせて時に優しく時に切なくメロディを爪弾くのは安生さん。
読み手と弾き手のタイミングがぴったりと合って、心地いい。


e0227942_22354855.jpg
安生さんによるケルティックハープの独奏。
自身で作曲した曲を中心に。
響きが優しくて癒されるわ~。


e0227942_22382904.jpg
再び安生さんのBGMで阿部さんの朗読が2作品。午後の贅沢なひととき。


e0227942_22410406.jpg
終演後、それぞれの今後の活動の告知。


e0227942_22414233.jpg
umiさんは東京ビックサイトで開催される「minneのハンドメイドマーケット2017」と「デザインフェスタvol.45」に参加されるそうです。
彼女の公式サイトはこちら


e0227942_22454868.jpg
安生さん、3月は京屋茶舗や那須の教会で演奏をされるようです。
彼の公式サイトはこちら


e0227942_22494620.jpg
因みにこのレバーを上げると半音上がるそうですよ。
中心の音は機械も使って調整するそうだけれど、他は全部自分の耳で調律すると聞いて常人ではないなと。


e0227942_22543763.jpg
阿部さんは5月に東京と宇都宮で朗読会をされます。
彼女の公式サイトはこちら


e0227942_22573886.jpg
「いろんな活動をしている人がいるんだな~」と夫がしみじみと呟いた。
で、何を思ったのかumiさんの絵を購入しようと言い出したので、こちらをチョイス。
ラッキー。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-02-26 23:00 | イベント・セミナー | Comments(0)

誤解している人が多いので書いておきますが、このブログで収入は全く得ていません。むしろ毎月会費を支払っているんですよ。


by vivian