人気ブログランキング | 話題のタグを見る

福島 裏磐梯観光(五色沼~浄土平) 

先週、夫と一緒に福島県へ観光旅行に行っていました。
撮影会で訪れたことのある観音沼以外の福島はほぼ未知の世界。さて、どうなることやら。

福島 裏磐梯観光(五色沼~浄土平) _e0227942_21481409.jpg
まず、裏磐梯高原駅から五色沼自然探勝路のハイキングコースを。
天気が良くて柳沼の澄んだ水に景色が映りこむ。


福島 裏磐梯観光(五色沼~浄土平) _e0227942_21472076.jpg
水中にはこんな小魚が何匹も! これは何かしらね。


福島 裏磐梯観光(五色沼~浄土平) _e0227942_21525894.jpg
五色沼と呼ばれる湖沼群は、名前の通り沼ごとに色が微妙に違っていたりするので


福島 裏磐梯観光(五色沼~浄土平) _e0227942_21473019.jpg
その変化に見飽きることがないし、


福島 裏磐梯観光(五色沼~浄土平) _e0227942_21474037.jpg
こんな風に湖の色を背景に撮ってみても


福島 裏磐梯観光(五色沼~浄土平) _e0227942_21474796.jpg
面白いかな…と。


福島 裏磐梯観光(五色沼~浄土平) _e0227942_21523969.jpg
ゴールの毘沙門沼は五色沼で一番大きく、ここからは磐梯山噴火による山体崩壊の跡が良く見える。


福島 裏磐梯観光(五色沼~浄土平) _e0227942_21465937.jpg
因みに、この毘沙門沼にはわき腹にハートの模様のある鯉がいて、その鯉に出会えると幸せになれると言うのでお裾分け。
写真を撮りながらとは言え約2時間かけて歩いて、再び裏磐梯高原駅へタクシーで戻る。
本当はバスで戻りたかったのだけれど、次のバスまで1時間半あると聞いては…。
たまたま同じように困っていたご夫婦と乗り合わせることにして。


福島 裏磐梯観光(五色沼~浄土平) _e0227942_22083430.jpg
駅の近くの桧原湖に立ち寄ってから、車で浄土平へ。


福島 裏磐梯観光(五色沼~浄土平) _e0227942_22170016.jpg
途中、標高の違いから二つの湖が同時に見える場所があったり


福島 裏磐梯観光(五色沼~浄土平) _e0227942_22180464.jpg
高い空に秋を感じたり。
オフシーズンなせいか、すれ違う車もほとんどない。


福島 裏磐梯観光(五色沼~浄土平) _e0227942_22215424.jpg
さて、浄土平についてどう表現すれば良いでしょうか。

写真の吾妻小富士は標高1707mのコニーデ型火山。
直径約500mのすり鉢状火口周辺は1周約1時間で歩けるとか。
この写真には何人も人間が写り込んでいるのだけれど、全然分からないですよね。
この日は吹き上げる風がちょっと強くて怖かったので私は歩かなかったけれど


福島 裏磐梯観光(五色沼~浄土平) _e0227942_22291075.jpg
拡大すると、反対側にはこんな風に人がいます。…怖くないのかしら?


福島 裏磐梯観光(五色沼~浄土平) _e0227942_22303639.jpg
遠く眼下に見える福島市。雲が目線の高さね。


福島 裏磐梯観光(五色沼~浄土平) _e0227942_22324549.jpg
駐車場方面を見下ろす。
この辺り一帯荒涼とした風景が広がっていて、風に吹かれていると煩悩が消えていくよう。
因みにこの場所はカレイドコーヒーの店主さんのおススメだったんですよ。

あと少し福島旅行が続きますので、お付き合いくださいね。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-09-09 22:47 | お出かけ・名所 | Comments(0)

誤解している人が多いので書いておきますが、このブログで収入は全く得ていません。むしろ毎月会費を支払っているんですよ。


by vivian
プロフィールを見る
更新通知を受け取る