人気ブログランキング |

日々の贈り物(私の宇都宮生活)

aprodite.exblog.jp
ブログトップ

リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展 ~ヨーロッパの宝石箱~ in 宇都宮美術館

リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展 ~ヨーロッパの宝石箱~ in 宇都宮美術館_e0227942_20512607.jpg
今月24日まで宇都宮美術館ではリヒテンシュタイン侯爵家のコレクション展が開催されています。
この日、ようやく訪れることができました。

今回の企画展、嬉しいことに写真撮影OKなんですよ。
もちろんストロボと三脚は禁止ですけれども。


リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展 ~ヨーロッパの宝石箱~ in 宇都宮美術館_e0227942_20534746.jpg
展示エリアによって壁の色が紺色・赤色・白色となっていて、色彩に関してのこだわりを感じます。


リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展 ~ヨーロッパの宝石箱~ in 宇都宮美術館_e0227942_20562337.jpg
最初のエリアで目が釘付けになった肖像画。
リヒテンシュタイン侯妃ヨーゼファ・ゾフィーの肖像習作。


リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展 ~ヨーロッパの宝石箱~ in 宇都宮美術館_e0227942_20584842.jpg
宗教画の額は凝っていることが多い。
狩猟の準備をしている月と狩猟の女神ディアナの絵画の額は制作当初のものだそうで、狩猟の獲物が彫刻で施されている。


リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展 ~ヨーロッパの宝石箱~ in 宇都宮美術館_e0227942_21043845.jpg
「チャンスの女神の前髪をつかむ」をまさに表現した絵。


リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展 ~ヨーロッパの宝石箱~ in 宇都宮美術館_e0227942_21082556.jpg
日本の有田焼に鍍金されたブロンズを組み合わせたもの。
この発想はなかったわ。なるほどね~。


リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展 ~ヨーロッパの宝石箱~ in 宇都宮美術館_e0227942_21101275.jpg
数々あった焼き物の中で一番心惹かれた器。
クジャク石とカメオを模した脚付盃。小さいけれど、ずっと見ていたいくらい美しい。


リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展 ~ヨーロッパの宝石箱~ in 宇都宮美術館_e0227942_21240219.jpg
「森の中の高貴な狩人たち」というタイトルの絵画の一部、野鳥好きが描いたの?と思ってしまうほど数多くの野鳥がそこかしこに描き込まれていて見ていて楽しい。


リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展 ~ヨーロッパの宝石箱~ in 宇都宮美術館_e0227942_21260395.jpg
今回も目の保養をさせていただいたわ。眼福。

コレクション展の方は撮影禁止だけれど、今回の展示は今までで一番好きかも。
視点の変化を楽しむ作品を中心に展示されていて凄く面白いんですよ。
会期はあと少ししかありませんが、興味がありましたら足を運んでみてくださいね。


リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展 ~ヨーロッパの宝石箱~ in 宇都宮美術館_e0227942_21285620.jpg
宇都宮美術館の公式サイトはこちら


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



Commented by 砂時計 at 2020-02-21 04:42 x
もうすぐ、終わりなんですね。
見に行きたいと思いました。
教えてくれてありがとうございます。
写真にしろ、絵画にしろ、美しいものを見ると、
心が癒されますね。
Commented by vivian-style at 2020-02-21 21:37
> 砂時計さん

そうなんですよ~!
美しいものは癒しですよね(*^^*)
by vivian-style | 2020-02-20 22:00 | お出かけ・名所 | Comments(2)

誤解している人が多いので書いておきますが、このブログで収入は全く得ていません。むしろ毎月会費を支払っているんですよ。


by vivian