人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日々の贈り物(私の宇都宮生活)

aprodite.exblog.jp
ブログトップ

work in progress「羽と水」2021ソロバージョン @be off

work in progress「羽と水」2021ソロバージョン @be off_e0227942_21303251.jpg
今月26日27日に南宇都宮のスタジオbe offさんでダンサー妻木律子さんによる企画公演がありました。
妻木さんによると、2011年にデュエットとして発表した作品「羽と水」をソロで踊るための制作過程を見ていただこうとのこと。
二日間3公演の音楽と踊りはブラッシュアップしながら変化しているそうで。


work in progress「羽と水」2021ソロバージョン @be off_e0227942_21373733.jpg
公演前、音楽(ハープとギター)担当の安生正人さんに話をうかがったところ、妻木さんの空気を感じながら即興で音を紡いでいると。
また、時間帯やお客様の雰囲気で奏でる音を変えていくとか。
これは一瞬たりとも気を抜けないですね。


work in progress「羽と水」2021ソロバージョン @be off_e0227942_21430519.jpg
まず最初は安生さんのハープ演奏。
大谷石の壁に柔らかく響くハープの音色は、聴衆にそっと寄り添って優しく包んでくれるような。
この曲の入った安生さんのCDを持っていますが、生で聴く音は全然違いますね。


work in progress「羽と水」2021ソロバージョン @be off_e0227942_21465734.jpg
「羽と水」
妻木さん曰く「水のようになりたい。重さを超えたい」


work in progress「羽と水」2021ソロバージョン @be off_e0227942_21501041.jpg
音楽と踊りが呼応するようにして、世界がどんどん広がっていきます。


work in progress「羽と水」2021ソロバージョン @be off_e0227942_21520342.jpg
妻木さんの「これで終わりです」の声でふと我に返る。
これまで私が見ていたのは夢か現か。
それにしても「無音」のインパクトの強さときたら。
安生さん、攻めていましたね。妻木さんの踊りが一層際立ちました。


work in progress「羽と水」2021ソロバージョン @be off_e0227942_21590697.jpg
パフォーマンス終了後、昨年製作されたドキュメンタリー映画「コロナとアーティスト」のミニ上映会がありました。
監督さんから作品に込めた思いなどの話をうかがってから


work in progress「羽と水」2021ソロバージョン @be off_e0227942_22013633.jpg
鑑賞です。
こんな時期があったと記録としてきちんと残すのは必要なことだと改めて思いました。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2021-12-28 22:06 | 映画・舞台 | Comments(0)

誤解している人が多いので書いておきますが、このブログで収入は全く得ていません。むしろ毎月会費を支払っているんですよ。


by vivian