日々の贈り物(私の宇都宮生活)

aprodite.exblog.jp
ブログトップ

2018年 09月 22日 ( 1 )

今日9月22日から栃木県芸術祭美術展の日本画と写真の部の展示が県立美術館で始まりました。
それに伴って、初日の今日はフォトショップを使った「誰でもできる作品映えするフォトレタッチを学ぶ」という講座が開かれたので参加してきました。

e0227942_22171334.jpg
会場は美術館の普及分館。
初めて訪れたけれど、この建物の存在は全然知らなかったわ。


e0227942_22184259.jpg
建物は古いけれど、表記はお洒落。
講座の開始時間には結構な人数が集まり、レタッチへの関心が高いことがうかがえるわ。
時代の流れか、やはり多少なりとも知っておかないとね。
私もせいぜい明るさの調節とか焼き込みくらいしかしないので、一つでも多くのワザが覚えられたら良いなと思って。


e0227942_22194270.jpg
講師の前田先生は、今回の県芸写真部門の審査員もつとめています。
色の変更方法やゴミ消し、合成の仕方まで


e0227942_22221765.jpg
プロジェクターでスクリーンに素材を映して作業を分かり易く解説してくれました。
マニュアル本は持っているけれど自分にとって必要なところを探すのも大変なので、これは助かりますね。
そして、魔法のようにあっという間に綺麗になっていく写真にびっくり。
これは使いこなせたら便利なツールだわ。

ただ、やりすぎると元の写真がダメになるので「少しずつ」がコツのようです。


e0227942_22313433.jpg
昼食後、写真部門の批評会がありました。
今までこういったコンテストの批評会を聞いたことがなかったので、どんなものかと興味津々。
批評するのは講座も担当された前田先生。
大勢の皆さんに囲まれてまず入賞作品の講評をされます。
その後は、その場にいる人の入選作品を聞かれるままに批評。

今回、入選作品は県立美術館に展示されると聞いたので、私も急遽搬入の前日にプリントして額装して応募しました。
額を貸してくださった先生や、急なプリントに対応してくれて挙句に額装までしてくれたお店や、応募票の貼り方まで教えてくださった方々に感謝。
おかげさまで賞は逃しましたが入選することができました。
これが最初で最後の県芸応募になるのではと思いますが、良い記念になりました。

展示は10月2日までですから、よろしかったら足をお運びくださいね。
日本画部門も展示してありますので見ごたえあると思います。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-09-22 22:47 | イベント・セミナー | Comments(0)

誤解している人が多いので書いておきますが、このブログで収入は全く得ていません。むしろ毎月会費を支払っているんですよ。


by vivian