日々の贈り物(私の宇都宮生活)

aprodite.exblog.jp
ブログトップ

2018年 10月 07日 ( 1 )

この記事は時期を逸すると残念な感じになってしまうので、先にアップします。

e0227942_15395448.jpg
今月6日7日の二日間、鹿沼市ではユネスコ無形文化遺産に登録された「今宮神社祭の屋台行事」の秋まつりが開催されました。
私が訪れたのは6日(土)夕方。
夕焼け空の下、今宮神社の境内で繰り出しの準備をする人々。


e0227942_15433269.jpg
こちらは、大きな彫刻屋台が狭い場所で方向転換をするのに威力を発揮するジャッキ。
ジャッキアップすると車輪が浮いて自在に方向を変えることができるんですよ。


e0227942_15473369.jpg
今宮神社の境内に集結していた彫刻屋台が一台ずつマチナカに繰り出していきます。


e0227942_15493897.jpg
案内所でいただいた無料の公式ガイドブックによると、屋台を運行するのは神社の氏子たちで、屋台に乗るのはお囃子を演奏する囃子方。


e0227942_15520543.jpg
屋台の上で周囲に目を配っている若衆の提灯には「屋根係」と。なるほど。


e0227942_15531836.jpg
お囃子の音色と共に大きな鳥居をくぐって。下から見上げているせいか、頭がぶつかりそう。


e0227942_16005752.jpg
続々と出ていく彫刻屋台。
一つとして同じ屋台はなく、どれもこれも趣向を凝らした立派なもの。
早い時間に来て、整列している屋台をじっくり見るのもおススメです。


e0227942_16054404.jpg
鳥居を出る屋台を正面から見るとこんな感じ。


e0227942_16115417.jpg
葛西囃子が起源とされる鹿沼屋台囃子は五段囃子が基本。
江戸ばか・昇殿・神田丸・鎌倉・四丁目などの曲目が打ち囃されているとガイドブックにある。


e0227942_16123382.jpg
やがて、私の待っていた交差点に7台の屋台が集結し始める。


e0227942_16143547.jpg
観光客も次々に集まって来て、交差点の中はぎっしり。


e0227942_16155406.jpg
そして「ぶっつけ」と呼ばれるお囃子合戦が繰り広げられる。


e0227942_16163521.jpg
ほんの3分~5分間のお囃子合戦だけれど、熱気がこちらまで伝わってくるよう。

今回はご縁があって交差点角の常盤屋さんの桟敷席からぶっつけの様子を撮影させていただきました。
大変お世話になりました。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-10-07 22:00 | イベント・セミナー | Comments(0)

誤解している人が多いので書いておきますが、このブログで収入は全く得ていません。むしろ毎月会費を支払っているんですよ。


by vivian