人気ブログランキング |

日々の贈り物(私の宇都宮生活)

aprodite.exblog.jp
ブログトップ

2019年 10月 21日 ( 1 )

e0227942_18051300.jpg
今月20日(日)日光にある田母沢御用邸で秋の音楽祭が開催されたので訪れました。
入園料は550円、栃木パスポートを提示すると団体料金の450円になります。


e0227942_18072474.jpg
会場は邸内を巡った先の研修ホール。
この建物は1899年に大正天皇の静養のために造営され、1947年まで三代の天皇・皇太子が利用されたそう。


e0227942_18100854.jpg
邸内はとても広いので、順路の札に従って歩いていないと自分がどこにいるのか分からなくなってしまいます。
資料によると部屋数は106室。奥向きが23室、臣下向きが83室。
壁がシンプルで美しいわと見ていたら、案内の人が「木壁の上に何層にも和紙を重ねているんですよ」と。
何度も訪れているけれど、その度に新しい発見があるわね。


e0227942_18172992.jpg
いよいよ開演。
演者が入場する前、静かに後ろの扉が開き笛の音が会場に流れてきた。
静かに染み入る笛の音が心を落ち着かせるよう。


e0227942_18193689.jpg
この話を聴くのはこれで3回目かしら。
4人の紡ぐ世界観が凄く好きなんですよね。
平清盛から逃れ、嵯峨野に身を隠した箏の名手「小督」の物語。

まず、謡曲の安久都和夫さんによる導入。


e0227942_20454909.jpg
謡曲を引き受けて青木ひろこさんによる朗読。
分かりにくかった謡曲の部分のイメージが鮮明に浮かび上がる。


e0227942_20465982.jpg
随所に入る狩野嘉宏さんの篠笛の音色と


e0227942_20483251.jpg
和久文子さんの箏の音色に圧倒されながら「想夫恋」という曲に乗って物語は進み、


e0227942_21093712.jpg
余韻を残して静かに物語が終わる。


e0227942_21105704.jpg
最後に22日が即位正殿の儀ということで「高砂」を。
しみじみと言葉を噛みしめましたよ。


e0227942_21330484.jpg
午前11時開演にも関わらず、多くの人が聴き入っていたのが印象的。


e0227942_21151173.jpg
秋の音楽祭は11月24日にも別のメンバーで開催されるようです。
入園料だけで聴けるので、気軽に訪れてみてはいかがでしょうか。

田母沢御用邸の公式サイトはこちら


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2019-10-21 22:05 | イベント・セミナー | Comments(0)

誤解している人が多いので書いておきますが、このブログで収入は全く得ていません。むしろ毎月会費を支払っているんですよ。


by vivian