日々の贈り物(私の宇都宮生活)

aprodite.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:イベント・セミナー( 471 )

e0227942_23201456.jpg
12月9日(日)、ラヴェドンさんでニトリヒロヤスさんのクリスマスライブが開催されました。
(この写真はライブ後のお見送りの時のもの)


e0227942_23265486.jpg
ここでのニトリさんのライブは、昨年5月以来。
定員20名なので、アットホームな雰囲気で聴けるからお気に入り。


e0227942_23283863.jpg
チケット代にはランチボックス代も含まれていて、席についたらライブ開始までいただいて待ちます。
チーズをうまく取り入れたお惣菜はどれも美味しくて、店頭で販売して欲しいものがいくつも!
これにデザートと飲み物も付いてライブも聴けて5400円ってお得では?


e0227942_23321174.jpg
ライブ開始。
ここでのライブも2回目とあってか、リラックスした様子のニトリさん。
随所に「チーズ」とか「ラヴェドン」とか織り込んで歌う。
こういう遊び心は楽しいわ。


e0227942_23343001.jpg
ライブには一人で参加したのだけれど、ふたを開けてみたら知り合いが多くてびっくり。
色んなところで繋がっていくものね。


e0227942_23374238.jpg
休憩時間に配られたデザートボックスには、マスカルポーネとカスタードの二層ケーキとチーズケーキ・キャラメルの2種類のスイーツ。
これはこのまま持ち帰って、夫とシェアしましょう。


e0227942_23395967.jpg
休憩後はお客さんも巻き込んでの歌があったりして。
皆揃って口が回らないから、次回までに特訓が必要?

個人的に好きな歌をいくつも聴けて幸せ。


e0227942_23421416.jpg
アンコールはロゼッタと日光ライトアップイベントのテーマソング。
来年、日光ライトアップは25年と言う節目を迎えるそうで、気合の入ったイベントになりそうですよ。


e0227942_23452456.jpg
前日から(その前から?)準備に尽力された店主さん、本当にお世話になりました。


e0227942_23462776.jpg
ライブ終了後、ニトリ君は出口のところで一組ずつ言葉を交わしたり記念写真を撮ったり。

関係者の皆さん、クリスマス前に心温まる素敵なライブをありがとうございました。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-12-09 23:51 | イベント・セミナー | Comments(0)
e0227942_23381374.jpg
このポスターを初めて目にした時から楽しみにしていた花魁道中が、本日開催されました。


e0227942_23391286.jpg
今回は知り合いも何人か参加すると言うので、支度から見せていただきました。
こちらの本格的な花魁の着付けやメイク、髪のセットを一手に引き受けていたのは京都からやって来た総勢50名のチーム。
髪を仕上げる先生とさばき上手なスタッフのもと、素晴らしいチームワークで次々に花魁を仕上げていきます。
因みに、今回は本格的な花魁50名、オリジナル花魁20名の合計70名。


e0227942_23443408.jpg
本格的花魁とオリジナル花魁さんが会場のオリオンスクエアへ。
何時も見慣れたオリオン通りに花魁さん。ちょっと不思議な光景。


e0227942_23462459.jpg
花魁さんはあっという間にカメラマンに囲まれてしまうわね。


e0227942_23480503.jpg
あら、こちらを撮る花魁さんも!


e0227942_23485692.jpg
時間になって、オリオンスクエアでのイベント開始。
さっき髪の仕上げをしていた先生は花魁の歴史についても凄く詳しくて、宇都宮のオリオン通りは商業施設だから今回は商売繁盛という意味の髷を結ったそうで。
因みに、キセルを持つのは江戸の花魁だけだったそうですよ。
先生にマイクを向けているのは主催者のきものHAUSさんです。


e0227942_23523262.jpg
オリオンスクエアから二荒山神社へ。
このイベントを知らなかった人たちは、突如出現した大勢の花魁さんに驚いた様子。


e0227942_23541402.jpg
何とも華やかね。


e0227942_23550883.jpg
ここの階段で記念撮影。
前に人がいっぱいいて撮れそうもないわと諦めていたら、オフィシャルのカメラマンが撮影するので前の人たちがどかされてしまったので


e0227942_23572967.jpg
運良く撮れてしまったわ。
撮影が終わったら、来た道を戻ります。


e0227942_23582775.jpg
下野新聞さんも取材に来ていたから、明日の新聞に載るかも?


e0227942_00000769.jpg
オリオンスクエアで再び記念撮影。
朝から長丁場となりましたね。皆さん本当にお疲れ様でした~!


e0227942_00010503.jpg
最後に、知り合いに頼んで「旦那と花魁」風に演技してもらいました。
ご協力ありがとうございました。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-12-08 23:58 | イベント・セミナー | Comments(0)
e0227942_22144878.jpg
今月22日から30日まで、南宇都宮の悠日で現代美術展 それぞれのing 2018「月下の一群」が開催されている。
28日は、ひょんなことからシンガーソングライターのツルタハルさんがこちらで無料のライブすることになったと教えていただいたので急遽訪れた。


e0227942_22195049.jpg
可愛らしい造形の作品や


e0227942_22202220.jpg
不思議なオブジェや


e0227942_22210923.jpg
アクセサリーにもなる造形や


e0227942_22214192.jpg
絵画などバラエティに富んだ展示を堪能。

出展作家は下記の通り
青木克純さん(写真)
いわつきさやかさん(陶芸)
高久加奈子さん(染色造形)
谷口直之さん(版画)
のだたけしさん(絵)
星温美さん(漆造形)
山田稔さん(美術家)


e0227942_22254254.jpg
そして、この空間でツルタハルさんのオカリナと


e0227942_22263668.jpg
歌を聴ける贅沢。
大谷石の壁のせいか、音が優しく反響して隅々まで行き渡る。


e0227942_22280521.jpg
本当に素敵な午後のひと時。
この日訪れたお客様はラッキーね。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-11-28 22:34 | イベント・セミナー | Comments(0)
11月8日、ティールーム パドドゥさんで青木ひろこさんの朗読会が開催されました。

e0227942_22122858.jpg
開演。
私のところからは見えないけれど、青木さんがカーテンの向こうの誰かと合図を交わしている。
物語が始まると、入り口から音もなく静かに入って来たのは


e0227942_22143457.jpg
現代舞踊ダンサーの妻木律子さん。
静かな風のような、しなやかな動き。
しかも聴衆との距離がこんなに近い! これは踊りにくいのでは?


e0227942_22164517.jpg
そんなことを微塵も感じさせずはけていく。


e0227942_22183647.jpg
物語は恩田陸さん作「私と踊って」
子供の頃に出会った二人の女性の話。


e0227942_22203950.jpg
青木さんと妻木さんは言葉を交わすこともなく絡むこともないのだけれど、いつしか私たちは彼女たちが台詞を交わし共に踊っているような不思議な感覚に包まれる。


e0227942_22213492.jpg
青木さんの二人の台詞の使い分けと間が巧みで、感心せずにはいられない。
(朗読を勉強し始めたばかりなので、一層その難しさがわかるし)


e0227942_22244064.jpg
物語の中の少女が走り寄って、もう一人をダンスにいざなうような場面。
ここはあの光のさした場所。


e0227942_22263710.jpg
物語の余韻をダンスで表現する妻木さん。
後で彼女にうかがったところ、この物語のモデルとなったダンサーをイメージして踊ったそうで。
普段の彼女の踊りとは違ったのだと。
私もちょっとだけバレエをかじっているので、そういう意味でも彼女の身体の使い方は驚き。


e0227942_22292520.jpg
再演を望む声が多かったそうなので、またいつか再演されるかも。
濃密な一時間をありがとうございました。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-11-09 22:30 | イベント・セミナー | Comments(6)
e0227942_21575276.jpg
11月4日、しき読みの会vol.11「霜月読み」が悠日で開催されたので、夜公演を観に訪れました。


e0227942_21581210.jpg
開演。
「今日も森は、きれいだ。僕は妖精たちと、湖に散歩に出かける」


e0227942_22004188.jpg
銀色夏生氏の原作「カイルの森」を阿部早苗さんの演出で。


e0227942_22010237.jpg
音楽はKayo Nelsonさん。


e0227942_22252982.jpg
出演者が勢揃い。芸達者な皆さんがどんな舞台を作り上げるのか楽しみね。


e0227942_22034800.jpg
カイル役以外は妖精になったり人間の役になったり。


e0227942_22043219.jpg
混乱することなく、巧みに使い分けるところが素晴らしい。


e0227942_22054459.jpg
ナレーターは優しい語り口の須賀由美子さん。


e0227942_22072110.jpg
場面ごとにメリハリがあって


e0227942_22082886.jpg
人数の多い朗読劇の良さを十分に発揮した構成で


e0227942_22110302.jpg
片時も目を離すことができない。


e0227942_22114031.jpg
話の内容は単純ではあるけれど、受け手がどう解釈するかで意味合いが随分変わってしまうかも。


e0227942_22132466.jpg
私はこの原作を読んだことがなかったけれど


e0227942_22141461.jpg
多分、こんな機会でもなければ触れることもなかったであろうこの物語を


e0227942_22151694.jpg
しっかりと心に刻みましたよ。


e0227942_22160092.jpg
一貫してカイル役を演じた大島朋恵さんは独特な雰囲気を持っていて、この役にぴったり。


e0227942_22174812.jpg
短い期間で見ごたえのある作品に仕上がっていて


e0227942_22185440.jpg
出演者の力量に感嘆するばかり。


e0227942_22194180.jpg
皆さんも機会がありましたら「朗読」に足を運んでみてくださいね。


e0227942_22453115.jpg
新たな発見があるかもしれませんよ(*^^*)


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-11-07 22:31 | イベント・セミナー | Comments(0)
e0227942_23455795.jpg
今年の秋の陶器市は期間が短くてたったの4日間。
期間中はスケジュールが詰まっていたので、本日無理やり都合をつけて行ってきました。

e0227942_23180200.jpg
一番最初に向かったのは日下田藍染工房さん。
こちらの茶色、上品で美しいと思いませんか?


e0227942_23185998.jpg
茶綿を寝かせて色を安定させて使うと、一枚目の写真の織物の色になるんですって。
藍染した白綿との組み合わせが何とも良いですね。
因みにこの茶綿は日下田さんがご自分で育てたもの。
今年の気候が綿に合っていたようで、例年になく出来が良かったとか。


e0227942_23242181.jpg
今月2日から12月24日まで栃木県立美術館で開催されている企画展「工芸の教科書」に日下田さんの作品が展示されているそうなので、興味がありましたら足を運んでみてくださいね。


e0227942_23224853.jpg
岩下製陶の岩下宗晶さんのバクシリーズは、基本的に陶器市の時限定。
いつの間にか一層充実していて見ているだけで癒されるわ。


e0227942_23300296.jpg
彼の本来の器はこちら。
同一人物の作品とは思えない…と言ったら、更に違う方向性の作品も作っているのだとか。
多面的で面白い作家さんだわ。


e0227942_23320865.jpg
鉄の造形作家の高橋洋直さんのテントでみつけたブックスタンド。
なんて素敵なのかしら! 


e0227942_23333762.jpg
いつかウチに合う作品に出会えますように。


e0227942_23382704.jpg
豆カレーを販売しているお店に彫刻家の古川潤さんの作品が飾ってあった。
作っていたのはまさかのご本人。


e0227942_23403552.jpg
彼のアトリエで見て凄く気に入っていたサイが置いてあるテーブルで豆カレーを食す。
サイは見れば見るほど好きな色合い。
豆カレーも本格的。なんて贅沢なランチタイムなのかしら。


e0227942_23430807.jpg
増渕明さんのテントのオキノドクコーナー。
今は半額になっているけれど初日は全品500円だったそうで、撮影ツアーさえなければ初日に訪れたかったわ。


e0227942_23445849.jpg
色々と頼みやすい彼には、次の陶器市に向けて宿題を出してみた。
きっと素敵なものに仕上げてくれるはず。


e0227942_23485365.jpg
遠くからパッと見て、火の玉発動機さんのテントに作品が残っていたので珍しいと思ったら、残っていたのは非売品の作品と予約のモノだけ。
やはりこちらの作品を購入しようと思ったら、初日でないと無理ね。


e0227942_23520066.jpg
もう何年も前から気になっていた日光下駄。
材料の竹の皮の価格が上がっているらしく、来年の陶器市からは値上げせざるを得ないんですよと言われて


e0227942_23532417.jpg
先生の作品よりは少しリーズナブルだし、一番弟子で仕事も丁寧な彼女のモノならと遂に購入。
着物を着る機会を増やさないとね。

駆け足で巡った陶器市。
若者向けのお洒落で可愛らしい器も随分増えていて、同時に客層も幅が広がったように思います。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-11-04 23:59 | イベント・セミナー | Comments(2)
e0227942_22105356.jpg
沢山の人が楽しみにしているウェアノートさんのハロウィンパーティ。
今年も招待状が届いたので、用事を済ませてから向かいました。


e0227942_22115868.jpg
今回のケータリングはユニオン通りのジジ(gigi)さん。
胃が不調じゃなければ味見したかったわ~!
この軽食とドリンクは、遊びに来たお客さんに無料で振舞われます。太っ腹ね。


e0227942_22151059.jpg
店内には秋冬物が充実していて


e0227942_22133048.jpg
長く使えそうな羽織物を一つ購入したら、じゃんけんしましょうと。
「?」と思ったら、じゃんけんでお客さんが勝つとポイントが倍になるサービス。
そして、皆さんの気になる店主さんの今年のコスプレは…


e0227942_22172125.jpg
こちらです。グリザベラ。
名前だけ聞いてもピンと来ないかもしれませんが、ミュージカル「キャッツ(CATS)」で名曲「メモリー」を歌う猫。
店内のBGMももちろんキャッツ。
因みに衣装は手作り。耳も自分で作ったそうで、今回の役の衣装としては完璧ね。


e0227942_22241560.jpg
ちょっと分かりにくいけれど、尻尾もあるし網タイツだし。
来年はどんな仮装で皆を楽しませてくれるのかしら。


e0227942_22283598.jpg
営業時間 11:00~18:00
宇都宮市中今泉3-7-15 ark's1F  TEL.028-678-2483
公式サイトはこちら


e0227942_22285772.jpg
因みに、こちらの店主さんや私の通っている浅野整体の整体師さん、そして友人達が出演する第九の公演が宇都宮文化会館大ホールで12月1日にあります。
興味がありましたらウェアノートの店主さんに声をかけてみてくださいね。
まだチケットがあるそうですよ。
そういう私も本日購入してきました。

いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-10-31 22:35 | イベント・セミナー | Comments(2)
e0227942_22423523.jpg
今月28日(日)鹿沼市のカトリック鹿沼教会で、チェンバロの横山先生とヴァイオリンの小山先生によるジョイントコンサートが開かれました。


e0227942_22442157.jpg
幕開けはサラサーテ編曲、バッハの「G線上のアリア」
最初の一音を聴いただけで魂が揺さぶられるような。
チェンバロの音色とヴァイオリンの音色が聴衆を天上へといざなうよう。
美しい音色に包まれて、涙が溢れそうになって困ったわ。

前半の演奏終了後、後半のステージは少し趣向を変えて…


e0227942_22554640.jpg
音楽に合わせて天井に映像を映し出す。
この写真は私の写真の生徒さんのモノだから、一層感慨深い。


e0227942_22572222.jpg
このコンサートは前売りチケットが完売していて、120人強の来場者が二人の演奏に集中している姿が印象的。
教会独特の天井構造のせいか音も凄く良い。
照明も凝っていて、目でも耳でも堪能できるのが素晴らしいわ。


e0227942_23013748.jpg
ずっと聴いていたいと思わずにいられない二人の演奏もとうとう最後の曲


e0227942_23052549.jpg
情熱的なサラサーテのツィゴイネルワイゼン。


e0227942_23070309.jpg
ヴァイオリンに応えるチェンバロ。


e0227942_23083581.jpg
しっかり者の兄とマイペースな弟って感じの二人の組み合わせは面白いのではないかしら。


e0227942_23103436.jpg
アンコール。


e0227942_23132969.jpg
「夢のような音楽会」と評した人がいたけれど、言い得て妙。
またいつかこの二人のジョイントコンサートが聴きたいわ。


e0227942_23171541.jpg
おまけ。
終演後、パンフレットにサインするのに漢字をど忘れして挙動不審な横山先生。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-10-29 23:19 | イベント・セミナー | Comments(0)
これは少し前の記事。

e0227942_21105716.jpg
10月5日~14日、VANILLA宇都宮店で陶芸作家 増渕明さんの作陶展が開催されていました。
私が訪れたのは最終日。
記事をアップするタイミングがなかったのですが、11月2日から開催される益子の陶器市に増渕さんも出店するので。


e0227942_21300112.jpg
明るい店内に大物から小物まで作品がいっぱい!
…と思っていたら、夏の間の窯焼きが上手くいかなくて結構な量を失敗してしまったそうで。
増渕さんは宇都宮の郊外に登り窯を構えているんです。
多分宇都宮の登り窯の工房としてはここ一か所だけでは?
しかも、ちょっと扱いにくい益子の土に拘って作陶されているので、温度管理の難しい登り窯と相まってより一層難易度が高くなっているんですよ。
どうやら益子の陶器市の初日に失敗してしまった作品を格安で販売するそうなので、覗いてみる価値はあるかも。


e0227942_21373090.jpg
窓際で目立っていた大きな丸い物体。
貯金箱だと言うので大きさが分かるように撮ってみたけれど、いかがでしょうか。
こんな大きな貯金箱にお金がいっぱい入ったら重くて動かせないですよと言ったら「転がすんです」と。
なるほどね~。確かに。
「無駄に」何か…な遊び心は好きなのでこんな風に無駄に大きな貯金箱とか


e0227942_21411658.jpg
たった3本しか立たないペン立てにも惹かれるわ。


e0227942_21433824.jpg
とは言え、ちゃんとした作家さんですから作品も見ごたえがあって、洗練されたかいらぎとは違う魅力を持ったこちらの作品とか


e0227942_21444460.jpg
こちらの作品に心が動きます。
つい、このゴージャスなたたずまいが気に入って購入してしまいました。


e0227942_21472755.jpg
陶器市での増渕さんのテントは陶芸メッセ 東門内にあります。
多分、門のすぐ近くだと思うのですが、冒頭の写真の「やさぐれガエル」が目印です。

因みに、先日紹介したきものHAUSさんで個展を開催している高橋洋直さんは岩下製陶さんの敷地にテントを出していますので、よろしかったらそちらも覗いてみてくださいね。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-10-27 22:06 | イベント・セミナー | Comments(0)
e0227942_22022862.jpg
今月20日からきものHAUSさんで鹿沼在住の造形作家 高橋洋直さんの個展が始まりました。
あのお洒落な空間に高橋さんの作品がどう融合するのか気になってさっそく訪問。


e0227942_22045027.jpg
さりげなく置かれた一輪挿し。ウチにもこのタイプの一輪挿しがあるけれど、花が映えるのよね。


e0227942_22073003.jpg
サロンのカウンターの上には不思議な存在感の作品。


e0227942_22083253.jpg
こちらは、暗殺者みたいでめっちゃカッコいい~!と思ってしまった作品。


e0227942_22100021.jpg
特別な空間でスポットライトを浴びて浮かび上がる作品。
この子はどこで見ても良い味出しているわ。


e0227942_22111389.jpg
全部の作品は紹介しませんが、お店のあちらこちらに点在しているので訪れる際はお見逃しなく。


e0227942_22121995.jpg
お店の商品も秋冬物が充実して目の保養。
店主さんが厳選した着物が3000~5000円で購入できるので、好みとサイズが合えばとってもお得。


e0227942_22141678.jpg
これは女性用の帯生地を男性用の帯に仕立てたもの。
何とも粋じゃないですか?


e0227942_22154082.jpg
さて、高橋さんの個展は29日まで。23日と24日は定休日なので要注意。
よろしかったら足を運んでみてくださいね。


e0227942_22220570.jpg
営業時間 11:00~18:00 火曜水曜定休
宇都宮市松原3-5-16 2F  TEL.028-678-6586



いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-10-21 22:22 | イベント・セミナー | Comments(0)

誤解している人が多いので書いておきますが、このブログで収入は全く得ていません。むしろ毎月会費を支払っているんですよ。


by vivian