日々の贈り物(私の宇都宮生活)

aprodite.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日帰り温泉( 28 )

せっかく那須烏山まで来たのだから、日帰り温泉施設へ立ち寄ろうと向かったのは

e0227942_21582052.jpg
栃木パスポートの使える烏山城温泉。
パスポート提示で一人500円のところ450円で利用できるんです。
お昼ご飯が400円だったから、一人たったの850円で一日楽しめることになるわね。
パスポートは1施設1回限りの利用だから次回は使えないけれども。


e0227942_22054226.jpg
(写真は公式サイトより)
泉質はナトリウム塩化物泉。
ここの温泉施設の良いところは、シャワーが勝手に止まらないところ。
私は髪が長いので、すぐに止まってしまうところだと凄く不便なんですよ。
カラン8、ドライヤー5
建物は古いけれど、洗面台や洗い場が清潔で気持ちいい。


e0227942_22041847.jpg
休憩所から見える景色。本当にのどかね。


e0227942_22111803.jpg
毎月第2土曜日は生ビールとおつまみ一品のセットが500円とのことで頼んでしまった。
この日お目当ての野鳥には出会えなかったけれど、他で充分楽しめたから良しとしましょう。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-06-13 22:18 | 日帰り温泉 | Comments(0)
GWにくっつけて一日だけ余分に休みを取った夫と、土砂降りの中湯西川温泉へ。

e0227942_21563788.jpg
ダムに沈んだ木々が水面に映って不思議な景観となっている場所を通過して


e0227942_21593829.jpg
湯西川水の郷に到着。
平日のせいか天候のせいか観光客もほとんどいなくて静か。


e0227942_22025599.jpg
最初はこちらの足湯を利用するつもりだったけど、すっかり身体が冷えてしまったので、こちらの日帰り温泉施設を利用しましょう。
通常500円の入浴料が、JAFカードを提示すれば一人たったの300円!なんですよ。



e0227942_22135405.jpg
この写真は公式サイトより。
「源泉かけ流しの美肌の湯」がキャッチフレーズのこの温泉は、アルカリ性単純温泉。
効能書きを見ると神経痛やら冷え性やら疲労回復、健康増進など魅力的な言葉がずらりと。
お湯は滑らかで無色透明で無臭。肌がしっとりする。
水温が42℃に近かったので冷えた身体には熱く感じたけれど、慣れると良い感じ。

カラン8、ドライヤー2、コンセント1


e0227942_22170340.jpg
温泉から出て温まったところでお昼ご飯にしましょう。


e0227942_22174997.jpg
汁ばんだいもち、600円。
野菜や豆腐にサバ缶の入った味噌仕立ての汁に大きなばんだい餅が3つも入っていて意外にボリュームがある。
お腹も満たされたところで、霧降高原経由で帰ると夫。
運転してくれるなら文句は言いませんよ。


e0227942_22230049.jpg
湯西川から霧降へ向かう途中は対向車にも後続車にも全く出会わない区間が結構あって、しかも携帯の電波が繋がらない。
ここで何かあったら大変…と、ちょっと緊張。


e0227942_22271793.jpg
あの霧の立ち上っている山道を越え、集落を越え、再び峠道。


e0227942_22285526.jpg
霧降の滝近くで、ツツジが咲き乱れる美しい場所があったので思わず車を止めて写真を撮ったら、バス停が「つつじヶ丘」
さもありなん。

ここまで来たら後はラクな道のり。安全運転で帰りましょう。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-05-12 22:41 | 日帰り温泉 | Comments(0)
動物写真家の福田俊司氏に触発されて、オシドリの写真を撮ろうと県北へ。

e0227942_21365089.jpg
美しいオシドリにうっとり。


e0227942_21371850.jpg
オシドリ夫婦とはよく言ったもので、ペアのオシドリは本当に仲が良い。
良すぎて片時も離れることがないほどに。


e0227942_21393289.jpg
その近くで野生の猿の親子に遭遇。
刺激しないように離れてそっと撮影する。
寒い中、写真を撮るためにほとんど動かずにいたから身体がすっかり冷えてしまったわ。


e0227942_21421397.jpg
そこで向かったのはかんぽの宿 塩原。
皆さんはこちらの「おもて那須手形」をご存知ですか?
この手形は一部1080円で購入できて、有効期限は一年間。
那須町、那須塩原市、大田原市、矢板市、塩谷町にまたがって利用できるんです。
特に22施設のうち、7つの温泉施設に無料で入浴できるという優れもの。
どう考えてもお得! (決して回し者ではありませんよ)
こちらのかんぽの宿塩原でも1回目は提示して無料で入浴できますが、その後も有効期限内ならこの手形を提示すると通常600円の利用料が300円で良いとか。
それは有り難いわ。


e0227942_21485845.jpg
温泉施設の案内図。
女性用のお風呂のカランが8つと書いてありますが、そのうち1つは使用不能でしたのでカランは7つ。
ドライヤーが2つ。ちょっと少ないけれど、コンセントが他に2つあったので自分でドライヤーを持って行けば大丈夫かしら。


e0227942_21512594.jpg
画像は公式サイトから。
濁り湯と、透明なお湯の二種類。
凍えた身体が濁り湯の中で溶けていくようで凄く気持ちよかったわ~。
外の露天風呂では植栽にシジュウカラの群れがやって来て(私には)天国。
野鳥に見とれてずっと入っているとのぼせてしまうから気を付けないと。

公式サイトによると開湯約1200年の歴史を誇る名湯だそうで、泉質は塩化物温泉(中性低張性高温泉)。
天然の保湿成分「ケタケイ酸」が豊富で、肌がつるつるになるとか。

かんぽの宿 塩原の公式サイトはこちら

おもて那須手形の公式サイトはこちら


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-02-11 22:11 | 日帰り温泉 | Comments(0)
e0227942_21211173.jpg
今日、夫と一緒に塩谷町の白鳥を撮ろうと訪れたら…いるはずの時間帯にも関わらず、一羽もいない。
せっかく撮影の練習をしようと思ったのに。


e0227942_21224002.jpg
仕方ないので、先週撮った写真をこちらにアップしておきますね。


e0227942_21231125.jpg
このまま捨ててしまうのも惜しい気もするので。

さて、せっかくここまで来たのだから日帰り温泉に立ち寄りましょうか。


e0227942_21251924.jpg
と言う訳で、訪れたのは東照温泉。

温泉の循環をせずに常に新湯を流し続ける「かけ流し式」で、大きな露天風呂が自慢とか。
アルカリ性天然高温泉、湯温50℃、湯量461リットル/分

カラン9、ドライヤー1、有料ドライヤー2、コンセント1

前回訪れた時よりシャワーの水圧が低くなっていたので、髪の長い私にはちょっと不便だったけれど節水の観点からは仕方ないのかも。
宿泊施設も併設しているので、のんびりできますね。


営業時間 10:00~22:00
入浴料金 大人600円(土日祝700円) ただし、曜日に関わらず17:00以降は500円
栃木パスポート提示で100円引き(ただし10:00~17:00大人のみ)

栃木県日光市大渡642-4  TEL 0288-21-8876


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-01-21 22:01 | 日帰り温泉 | Comments(0)
e0227942_21401467.jpg
話が前後しますが、雨の降る那須高原のヒマワリを堪能した後、冷えてしまった身体を温めようと向かったのは


e0227942_21411650.jpg
殺生石のすぐ近くにある日帰り温泉施設の鹿の湯さん。
何の予備知識もなく訪れたら・・・想像していた日帰り温泉とは全然違う。


e0227942_21432729.jpg
お風呂への引き戸を開けて目の前に広がる光景を見たときに頭に浮かんだのが昔の「湯浴み」
石鹸もシャンプーもリンスもなく、身体はお湯で綺麗に流すだけ。本当にシンプル。
泉質は単純酸性硫黄温泉。乳白色の濁り湯。
女性用の湯船は5つに分かれていて、それぞれ湯温が違う。
熱いお風呂は苦手なので、一番低温の浴槽へ。
宇都宮花火大会でダメージを受けた身体がほぐれていくよう・・・。

意外に硫黄の香りはそんなに強くない。
殺生石のすぐ近くだから、奥日光の湯元に匹敵するかと思ったのだけれども。
案内によると1300年続く湯治場だそうで、筋肉痛や疲労回復にも良いのだとか。
これで復活できますように!

入浴料 平日400円、土日祝500円(大人) 300円(小人)
営業時間 8:00~18:00(最終受付17:30) 
那須郡那須町湯本181  TEL.0287-76-3098
公式サイトはこちら


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-08-17 22:12 | 日帰り温泉 | Comments(0)
e0227942_22074453.jpg
天気もあまり良くなかったこの日、奥日光の昼間の気温は20℃ちょうど。
すっかり身体が冷えてしまったので、知り合いに紹介された日帰り温泉施設に立ち寄りましょう。


e0227942_22091055.jpg
向かったのは湯元の奥日光小西ホテル。
通常の入浴料は1000円だけれど、ホテルの公式サイトからお得なクーポンもゲットできるので要チェック。
プラス300円でバスタオル・タオルも借りられるので、手ぶらでも大丈夫。

カラン8、ドライヤー3~4
泉質は硫黄泉。源泉の水温が高いので、加水して水温を調節。

ここのお風呂の醍醐味は、何と言っても露天風呂!
露天風呂の周辺には自然の林が広がっているせいか、野鳥達がすぐそばまでやって来るんですよ。
キジバトをはじめ、コゲラ、シジュウカラ、そして大好きなエナガ。
近視(0.2)の私がメガネ無しで認識できるほど近くまでやって来る鳥たちに、もう嬉しすぎて露天風呂から出られない~!

・・・ただの怪しい人ですね。
出る前にシャワーを浴びたけれど、翌日まで硫黄の香りに包まれていたわ。
何だか凄く効能ありそう。野鳥にも癒されたし。

日帰り温泉利用時間 7:00~10:00 13:00~21:00
日光市湯元温泉2549-5  TEL.0288-62-2416
公式サイトはこちら


e0227942_22210757.jpg
下りのいろは坂は霧が出始めて幻想的。
いい雰囲気になるようにカメラの設定を変えながら撮っていたら、夫の「鹿!」と言う声に目を上げれば


e0227942_22275861.jpg
こんなに近くでのんびりと草を食む鹿。カメラを向けられても動じる様子もなく。


e0227942_22291825.jpg
夏の奥日光は涼しくて快適。
また鳥たちに癒されに訪れましょう。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-07-26 22:33 | 日帰り温泉 | Comments(0)
JR宇都宮駅の近くの温泉施設「南大門」
気になりつつも価格がネックで訪れる事が出来なかったのだけれど、有り難い事に知り合いからこちらの優待券を譲っていただいたので夫と二人で訪れた。

e0227942_21303247.jpg
土日祝日の基本入館料は大人1人2000円。夫婦2人で4000円って、ちょっと勇気がいるでしょう?
入口にはちょっとお得な会員特別料金やらの案内もあるけれど・・・。


e0227942_21334394.jpg
受付を済ませるとバスタオル・フェイスタオル・館内着の入ったバッグを渡される。
せっかくお風呂が無料で利用できるなら、ちょっと金額を追加(300円税別)して岩盤浴もしましょう。
岩盤浴用の館内着とバスタオルの入ったバッグも渡される。
私は久しぶり、夫は初めての岩盤浴。
岩盤浴も一種類ではなく複数の種類があって、用途別に選ぶ事ができる。
私は岩塩房と黄土房とブラックシリカ岩盤を試してみた。
久々に全身すっきりと汗をかいて、毒素も抜けたかな?

沢山汗をかいた後は温泉へ。
ロッカールームで子供達が「楽しかった~!」って言っていたけど、お風呂の何が楽しいのかと思ったら・・・
浴場の一角に温泉のプールがあって、子供達がとっても楽しそうに遊んでいた。
ここでは浮き輪の貸し出しもあるから小さな子でも大丈夫ね。
こういう設備は初めて。
温泉で泳ぐって言う話をよく聞くから、これなら心ゆくまで泳げて良さそう。

因みに洗い場には身体を洗うタオルも用意してあるので、手ぶらで訪れても不自由しないわね。

パウダールームには化粧水・乳液・ヘアエッセンス・櫛も用意してあるので助かるわ。
男性用のパウダールームには髪をセットする化粧品が充実していたようで。

待ち合わせするのに使えるリラクゼーションエリアには沢山のコミックが並ぶ部屋があったりして、一日のんびり過ごすのにぴったりかも。

公式サイトはこちら


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-02-20 22:03 | 日帰り温泉 | Comments(0)
年末、少しでも腰痛を軽減させようと日帰り温泉へ行く事にした。
できれば近場で・・・と検索した結果、ヒットしたのがこちら。

e0227942_17043014.jpg
極楽湯宇都宮店。(画像は公式サイトより)

利用料金は平日も土日祝日も大人500円。これはリーズナブルね。

お風呂も、ジェットバスや電気バスや露天風呂など。
泉質はナトリウム・塩化物温泉。ほぼ無色透明で癖がない。
カランの数が多いけど、固定シャワーも多いので、そこが少し不便。
シャンプーとリンスが別々なのは好印象。
何より助かるのはドライヤーが強力だったこと。
私は髪が長いので、力のないドライヤーだといつまでも乾かなくて困るのよ。
夫に聞いたら、男性用のお風呂のドライヤーはそんなに強力じゃなかったみたいだけれど。

休憩所にはマンガが沢山置いてあって、これなら連れがお風呂から上がるのを待つ間退屈しなくて良さそう。
入会金100円で会員カードを作ると各種サービスが受けられるようなので、次回行ったら作ってしまいましょうか。

営業時間 8:00~28:00(最終受付27:20)
宇都宮市御幸本町4880  TEL. 028-663-2641
公式サイトはこちら

いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-01-03 22:07 | 日帰り温泉 | Comments(0)
徹夜で大洗海岸での時間を過ごし、潮風と疲労でボロボロになった身体を癒そうと訪れたのは

e0227942_21342357.jpg
神磯の鳥居から程近い日帰り温泉施設・潮騒の湯。
午前10時の営業開始を待つ中に、早朝の大洗海岸で写真を撮っていた人達も。
皆さん考える事は一緒ね。


e0227942_21373743.jpg
利用料はこちら。
一人1000円はちょっと高いかな~とも思ったのだけれど、背に腹は代えられない。


e0227942_21420596.jpg
(写真は公式サイトより)
これは高濃度炭酸泉。水温が低めなのでのんびり浸かるのにちょうどいい。
他にもジェットバイブラ風呂や広めの露天風呂もある。
泉質は塩化物強塩温泉だそうで、血行が良くなり湯冷めしにくいとか。

徹夜していたこともあり、ついこの炭酸泉でウトウトしてしまったら、いつの間にか私のお風呂セット入りポーチが消えていた。
・・・ポーチの中にロッカーの鍵を入れようとして踏みとどまっておいて良かったわ。
セットが消えて残念だけれど、その程度の被害で済んだし。


e0227942_21530384.jpg
お風呂から出たら、こちらのリラックスルームで仮眠をとる。
これは凄く有り難かった~!
男女別にはなっていないけれど、とにかく横になって少しでも眠れるだけで違うし。
これですっかり元気になったので


e0227942_21555200.jpg
海の見える大広間で軽く昼食を。


e0227942_21565592.jpg
栃木県では見かけない、はまぐりラーメン。
磯の香りが漂うような味わい。

さて、一息ついたらそろそろ帰りましょうか。

茨城県東茨城郡大洗町大貫256-25  TEL.029-267-4031


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2016-08-24 22:12 | 日帰り温泉 | Comments(2)
うつのみや花火大会の翌日、どうにもこうにも身体が思うように動かないので、夫に良さそうな日帰り温泉を調べてもらって向かったのは

e0227942_22143974.jpg
さくら市の、のどかな田園地帯にある


e0227942_22152340.jpg
松島温泉乙女の湯。ここはアトピーにも効くらしく、宿泊施設も併設している。

入館時に栃木パスポートを提示すると、バスタオルとタオルのセットを無料で貸し出してくれるので、手ぶらで行けるから便利。

内湯も露天風呂もカランから出るお湯も全て温泉。
アルカリ単純温泉で、疲労回復・筋肉痛にも効果があると書かれている。
洗い場に用意してある全身に使えるソープも特製。
とろみのある温泉だけれど、ほぼ無臭。
これなら髪を洗っても大丈夫ね。

男女共に、内湯と露天風呂が一つずつ。家族風呂もある。
施設は古いけれど、掃除が行き届いているので問題はない。
私は温度の低いお風呂じゃないと入れないので、この日の露天風呂のぬるい感じがちょうど良くて気が付けば40分もウトウトしながら半身浴。
おかげですっかり生き返った~!

(カラン10、ドライヤー3)


e0227942_22260818.jpg
入浴後、ようやく食欲も出てきたのでこちらの休憩所でご飯を食べましょう。


e0227942_22265134.jpg
温かい温卵うどん。
本当は、関東風のつゆのうどんは苦手なのだけれど、七味を効かせたせいかここの味が自分に合っていたせいか美味しく食べる事ができたわ。
もしかしたら、ただ単にお腹が空いていただけかもしれないけれど。
・・・前日のお昼に食べて以来だから、24時間以上食べていなかったし。


e0227942_22300314.jpg
営業時間 10:00~21:30 月曜定休(ただし月曜が祝日・振休の場合営業)
入館料 大人820円(16:00以降610円ハイシーズンを除く)
さくら市松島900  TEL.028-682-2266
公式サイトはこちら

日帰り温泉は久しぶりだったけれど、栃木県には沢山の日帰り温泉施設があるからまた温泉めぐりをしようかなぁ。

いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2016-08-15 22:43 | 日帰り温泉 | Comments(2)

誤解している人が多いので書いておきますが、このブログで収入は全く得ていません。むしろ毎月会費を支払っているんですよ。


by vivian