日々の贈り物(私の宇都宮生活)

aprodite.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:鳥を愛でる( 46 )

真岡井頭公園の梅林はきちんと整備されているから美しいとの情報をいただいて、先週末に夫と訪れました。

e0227942_21305627.jpg
適切に選定された梅の木は形も美しくて絵になるわ。
紅梅も白梅もほぼ満開で、香り立つような美しさ。


e0227942_21322726.jpg
でもね、私の目的は梅じゃなくて、梅の木にやって来る野鳥たち。
これはジョウビタキの女の子。
冬鳥なので、見られるのもこれが最後かも?
優しい色合いと顔立ちで大好きな野鳥。


e0227942_21340158.jpg
こちらはジョウビタキの男の子。
ヘルメットをかぶったような不思議な色合い。


e0227942_21354033.jpg
ずっと見ていたら、餌をゲットしたようね。それは…蜘蛛?


e0227942_21365970.jpg
野鳥たちが静かになった時に空を見上げると、猛禽類が飛んでいることが多いんですよ。
これは小型のハヤブサのチョウゲンボウ。
一見キジバトのようにも見えるけれど、飛び方が違うから分かります。


e0227942_21403349.jpg
毎回、舌打ちするように鳴くシメ。
そんなに睨まなくても良いんじゃない?


e0227942_21421893.jpg
久々に見かけたベニマシコのオス。
メスもすぐ近くにいたのだけれど、用心深くて茂みの中。仲が良いのね。


e0227942_21432401.jpg
進もうとする方向にツグミ。
そんな風に見つめられたら、方向転換せざるを得ないわ。


e0227942_21444123.jpg
こちらは、臆病なのか大胆なのか判断つきかねるアオジ。

一緒にいた夫が、次々に鳥の名前を出す私に感心してくれて。
鳥好きになったきっかけが「名前」だから、そりゃあ覚えます。
本当に面白いんですよ。鳥の名前って。


e0227942_21463762.jpg
そう言えば、当初の目的は梅だったわ…と思い出したように梅の花の写真も撮る。
でもやはり、野鳥が大好き。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-03-21 22:03 | 鳥を愛でる | Comments(0)
すっかり春らしくなり、あちらこちらの梅が満開となっていますね。
そこで鹿沼市の梅の名所、錦鯉公園へ。

e0227942_22424578.jpg
満開の梅にメジロ。絵になるわ~。


e0227942_22432546.jpg
私の使っている300mm単焦点レンズは中古の古いものなので、コーティングがイマイチ。
なので、何もしなくてもこんな風に色が変になってしまうことが時々ある。
もうこれはこれで良いかもしれない…。


e0227942_22491092.jpg
メジロばかり撮っているようだけれど


e0227942_22505196.jpg
コゲラや


e0227942_22510739.jpg
カシラダカ、そして


e0227942_22512455.jpg
空抜けになってしまったけれど、大好きなエナガもちゃんと撮っているわ。


e0227942_22550834.jpg
梅の花は撮るのが難しくて


e0227942_22554354.jpg
梅だけでちゃんと撮った写真がなかったかも。


e0227942_22573343.jpg
最後は地面すれすれで小さなタンポポ狙い。
これはシロバナタンポポなんですよ。とっても可愛らしいでしょう?

さて、東京では桜の開花宣言がされましたね。
宇都宮は来週あたりかしら。忙しくなるわね(嬉)


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-03-17 23:03 | 鳥を愛でる | Comments(2)
栃木県南端にある渡良瀬遊水地は、栃木県、茨城県、埼玉県、群馬県の4県に接している。
あまりにも広くて、土地勘のない人間には野鳥ポイントすら分からない。
そこで、昨年からお願いしていた知り合いの都合がついたので、ようやく連れて行っていただいた。

e0227942_23060724.jpg
最初にカメラに収めたのはホオジロの雄。
でもここで時間を費やしてしまう訳にはいかないので、先へと急ぎましょう。


e0227942_23083853.jpg
新聞によると、コウノトリを呼ぼうと小山市がダミーのコウノトリを設置したそうで。
実際、それをどこに設置したのか分からないので塔の上にいるのがダミーかと思って見ていたら


e0227942_23101839.jpg
飛んだ。本物だわ! これだけ大きいと目立つようで


e0227942_23112176.jpg
トンビが絡んできた…と思ったら


e0227942_23115437.jpg
カラスまで参戦! カラスは一体どちらに絡むのかと興味深く見ていたら


e0227942_23124991.jpg
より身体の大きなコウノトリへ攻撃を始めた。


e0227942_23134791.jpg
この身体の大きさの違いにも関わらず、カラスって無謀。


e0227942_23151094.jpg
それにしても、こんなに大きなコウノトリが何羽も生息していたら、辺り一帯のカエルたちは全滅してしまいそうね。
(500mmF4を手持ちなので、ピントは微妙ですけれど…)


e0227942_23163764.jpg
さて、コウノトリを見た後はこの日の目的地へ。
向かう前に出会ったモズの雄。小さな猛禽類と言われるほど気の強い鳥。


e0227942_23194716.jpg
目的の場所でカメラをセットしてスタンバイしていたら、先ほど見かけたコウノトリが頭上を通過していった。
今度は三脚で撮れたからしっかりピントも合ったわ。


e0227942_23240292.jpg
向こうからやって来たのはトンビ。
トンビも猛禽だけあってカッコいいのよね~。


e0227942_23251415.jpg
遥か上空を飛んでいたミサゴは羽が傷んでるわ。


e0227942_23282087.jpg
遠いので一瞬キジバトかと思ったら、ハヤブサ。
飛ぶのが早くて追うのが大変。


e0227942_23303933.jpg
「ただチュウ」と呼ばれていた、ただのチュウヒ。
それでも私にとっては初めての出会いで、凄く嬉しい。
私の持っている野鳥図鑑によると「ヨシ原の狩人」だそうで。


e0227942_23335249.jpg
先ほどの「ただチュウ」とは違って、周囲が色めき立った通称「ハイチュウ」のハイイロチュウヒ。
これは雄。


e0227942_23363508.jpg
ヨシ原で越冬するタカ類。ほとんど白く見える美しい飛翔姿で、顔はフクロウっぽい?


e0227942_23391232.jpg
ヨシ原をねぐらとして、低く飛ぶ。


e0227942_23403858.jpg
こちらは、ねぐらへと戻ってきたハイイロチュウヒの雌。
曇っているせいもあるけれど、時間が遅いので撮影条件はどんどん厳しくなる。


e0227942_23433578.jpg
案内してくれた人によると、メスは光を受けると凄く奇麗なのだそう。
夕日があったらきっと素敵だったでしょうね。
でも、なかなかこの状態で見ることもかなわないので、私には十分すぎるほど。


e0227942_23463977.jpg
もう薄暗くなって目視でも厳しくなってきたし、風が冷たくなってきたから帰りましょうか。
この日、案内してくださった方と、ハイイロチュウヒを見るために準備してくださった方に大きな感謝を。
おかげさまで素晴らしい光景を見ることができました。

今月17日にはここのヨシが焼かれてしまうので、今シーズンのハイイロチュウヒはこれが最後ね。
またいつか出会えますように。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-03-10 23:58 | 鳥を愛でる | Comments(0)
先週、福島の猪苗代湖へ撮影会に行くはずだったのにまさかの大雪で目的地を変更。
どうしても猪苗代湖へ行きたかったので、再びチャレンジ。

e0227942_23004211.jpg
この日は天候も良く、高速道路や主要道路には雪もほとんどなく快適。
それでも宇都宮から片道約130kmの道のりは、ちょっと遠い。


e0227942_23024240.jpg
最初に向かったのは志田浜。
暖かな店内から浜が一望できるので、体が冷えてしまったらコーヒーでも飲みながらのんびりできるのは有り難い。
因みに、親切なスタッフさんが「餌やりにどうぞ」と袋に入ったパンの耳を無料でくださった。


e0227942_23071974.jpg
この浜はオオハクチョウが多いわね。
人馴れしているので、どんどん近くまで寄って来る。


e0227942_23083935.jpg
ハクチョウだけで見ると大きさが分かりにくいけれど、意外に大きいし、脚は太い。


e0227942_23100702.jpg
この浜にはなぜかオナガガモばかりいっぱい!
しかも餌を求めて平気で近づいてくるので


e0227942_23113161.jpg
普通のレンズでもこんなに大きく撮れてしまう。
画角からはみだしてるし…。


e0227942_23194979.jpg
先ほどの親切なスタッフさんにうかがったところ、今年は玉氷が重なって「玉氷の山脈」という珍しい現象が起きているそうですよ。
ここでお昼ご飯を食べたら、長浜に向かいましょう。


e0227942_23220168.jpg
長浜では、駐車場にもオナガガモが!


e0227942_23230655.jpg
餌を持った人の周りにどんどん集まるオナガガモ。
ごくまれにスズガモやキンクロハジロも見かけるのだけれど、どうしてこんなにオナガガモが?


e0227942_23245069.jpg
餌を持った人が次から次へとやって来るけど、それ以上に鳥の数が多いから行き渡らないのかしら。


e0227942_23255818.jpg
この子が私のすぐ目の前に立って餌を要求するから、試しに…


e0227942_23264992.jpg
手の上に乗せてみたら、あっという間に食べてしまったわ。


e0227942_23275097.jpg
ユリカモメも飛び回ってかっぱえびせんをゲット。
次に来る機会があったら、沢山エサを持って行きましょう。


e0227942_23292840.jpg
そろそろ帰る時間と荷物をまとめて駐車場へ歩き始めたら、ハクチョウが飛んできた。
またいつか再訪できますように。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-01-30 23:30 | 鳥を愛でる | Comments(2)
久しぶりに何の予定も入っていない平日。
お天気も良いし、これはカメラを持ってどこかへ出かけないと!
大急ぎで家事を済ませて向かったのは

e0227942_22163553.jpg
盛りは過ぎたけれど、紅葉がまだ残る真岡市の井頭公園。
久しぶりに気合を入れて鳥を撮りましょう。
せっかくだから「紅葉と絡ませる」を課題として。なんだかワクワクしてきたわ。


e0227942_22192589.jpg
ボート池で早速出会ったカワセミの男の子。


e0227942_22202236.jpg
紅葉の反射する池の上を飛ぶ。青い軌跡が美しい。


e0227942_22212704.jpg
紅葉と青空の映り込んだ池には可愛らしい顔立ちのカイツブリ。
臆病だからなかなか近くには来てくれないのよね。


e0227942_22234023.jpg
カサコソ音を立てながら落ち葉の上を歩くキジバト。


e0227942_22242981.jpg
妙にイケメンなシジュウカラ。


e0227942_22250904.jpg
ヤマガラの正面顔は愛嬌があるわね。


e0227942_22260405.jpg
紫の小さな実をパクパク食べていたメジロ。


e0227942_22271936.jpg
随分と葉っぱが散ってしまったけれど、場所によってはまだまだ綺麗。
鳥のさえずりと美しい紅葉と暖かな日差しを浴びて、どんどんリフレッシュしていくような気がするわ。


e0227942_22282116.jpg
コゲラは虫探しに夢中。


e0227942_22301964.jpg
池ではそこかしこでカモ達が盛大に水浴び。
この子はカルガモね。


e0227942_22311828.jpg
アピールするかのように羽を広げるカワウ。
実際は、カワウの羽は水をあまり弾かないのでこうして広げて乾かしているんですよ。


e0227942_22344701.jpg
シジュウカラの群れに囲まれて幸せ。


e0227942_22353870.jpg
枝かぶりでよく見えないけれど、ジョウビタキの女の子。
この子に会いたかったから、写真はともかく嬉しいわ。


e0227942_22371189.jpg
ヒヨドリもメタセコイアの木の上で。
さて、どんどん太陽が傾いてきたので帰らないとね。


e0227942_22384957.jpg
久しぶりに鳥三昧で癒されたわ~。
明日からまた頑張りましょう。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2017-11-29 22:48 | 鳥を愛でる | Comments(0)
夏休みに入ったばかりの日曜日だったせいか、それとも下界があまりにも暑いので涼を求める人が多かったのか

e0227942_17092856.jpg
日本野鳥の会栃木の探鳥会が開催される日の朝、赤沼駐車場の集合場所に着いたら雨にもかかわらず大勢の人が!
いろは坂を上りながら、こんな雨では中止かも・・・と危惧していたのに。
多すぎて3つのグループに分かれて探鳥することになった。


e0227942_17114844.jpg
最初に出迎えてくれたのはモズのメス。枝の向こう側で見にくいけれど。


e0227942_17123803.jpg
高い木の天辺辺りでさえずっていたカッコウ。
カッコウがなぜこんな姿なのかという野鳥の会のスタッフさんの説明になるほどと。
全ては託卵するためなのね。


e0227942_17150810.jpg
ウグイスのさえずりが戦場ヶ原に響き渡る。


e0227942_17170308.jpg
時々こういう先端に止まってくれるノビタキ。
初めて見たけれど絵になる鳥ね。


e0227942_17180817.jpg
川べりの木の茂みでエサを捕まえたニュウナイスズメのメス。


e0227942_17184091.jpg
マガモ。
この時期のマガモのオスはくちばしの色が黄色くなってメスのふりをする個体もいるそうな。


e0227942_17201828.jpg
こちらはオシドリのメス。



e0227942_17231266.jpg
エサをくわえているアカハラ。


e0227942_17240629.jpg
ヒタキ類の幼鳥。


e0227942_17272623.jpg
時折雨が強く降って足元がぬかるんだりしていたので、早々に探鳥会は終了。
それでも野鳥の会のスタッフさん達のおかげで様々な野鳥が見られて幸せ。
彼らは知識も豊富で素晴らしいわ。


e0227942_17293990.jpg
解散した後も野鳥モードが止まらなくなってあちらこちらへ。
これはツバメの親子。


e0227942_17302487.jpg
さすがに奥日光は天気が悪いと気温が上がらない。お昼頃でも気温20℃ですよ。


e0227942_17305889.jpg
身体が冷えてきてしまったので日帰り温泉に入りましょう。


e0227942_17314864.jpg
その記事は明日アップしますね。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-07-25 22:20 | 鳥を愛でる | Comments(0)
e0227942_21083907.jpg
宇都宮では夏のような気温だった日に行った奥日光は快適な気候。
山桜や八重桜のまだ残る新緑の美しい景色に心も洗われるよう。


e0227942_21432465.jpg
華厳の滝ではイワツバメたちが飛び始めている。これからどんどん数も増えていくわね。


e0227942_21165934.jpg
赤沼車庫から低公害バスに乗って千手が浜へ。
冬鳥のヒドリガモのペアがまだ残っているわ! と驚いていたら


e0227942_21193076.jpg
夏羽になったハジロカイツブリもいる・・・あなたも冬鳥じゃなかったかしら?


e0227942_21215579.jpg
オシドリのペア。
千手が浜は訪れる人もそんなに多くないから野鳥達ものんびりしているように見えるわ。


e0227942_21241709.jpg
私のずっと前を歩いていた夫の影に驚いて飛び出したのはコチドリ?
速すぎてカメラが追いつかない。


e0227942_21283481.jpg
場所を移して湯元へ。クリンソウが咲くのはまだ先ね。


e0227942_21302596.jpg
山桜の蜜を吸うニュウナイスズメの女の子。色合いが優しくて可愛いわぁ。


e0227942_21314692.jpg
産卵のため遡上してきたウグイたち。綺麗な色で目立つ・・・と思っていたら


e0227942_21335776.jpg
ハシブトガラスがやって来て


e0227942_21342785.jpg
難なくご馳走をゲット。仕方ないけど、なんか切ない。


e0227942_21355986.jpg
野鳥のさえずりを聞きながら湖の周辺を歩いていると時間を忘れてしまうわね。これはコガラ。


e0227942_21353716.jpg
そんなこんなでのんびりしていたら、あっという間に日が沈んでしまった。
夕焼けが綺麗。明日も素敵な一日になりますように。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-05-25 22:01 | 鳥を愛でる | Comments(2)
GW中に出会った野鳥達の写真ばかりですので、よろしかったら見てくださいね。

~子育ては大変~

e0227942_21425878.jpg
口いっぱいに芋虫をくわえているコゲラ。
巣に持ち帰って雛に食べさせるのね。


e0227942_21442084.jpg
せっせとエサを運ぶヒバリ。でも巣の近くに人間がいるらしく、なかなか近づけない。


e0227942_21460165.jpg
小さなクチバシで大きな芋虫を運ぶエナガ。
あなたの雛はそんな大きな虫を食べられるのかしら?


~色のせいで得をしている?~

e0227942_23073259.jpg
カラスは基本的に人間に嫌われている・・・と思う。
同じカラスの仲間でも、ちょっと色が変わるだけでカッコ良く見えたりする。
これはカケス。カラスの仲間なので、鳴き声はもちろん悪い。


e0227942_21504404.jpg
初めてこの鳥を見たとき、美しいと思った。オナガ。
でもやはりカラスの仲間。姿は美しいのに、残念なくらい悪声。


e0227942_21522306.jpg
夕陽を浴びたカラス。羽がボロボロ。頑張れ。


~様々な攻防~

e0227942_21564015.jpg
何事にも得手不得手があるように、エサを獲るのが上手なサギがいる一方、なかなか獲れないサギもいる。


e0227942_21574633.jpg
そんな不器用なサギが、器用なサギに獲ったエサをくれと何度も催促して・・・最後には大きなミミズをもらっていたけれど。
そんなんで大丈夫なのかとちょっと心配になる。


e0227942_22273442.jpg
このスズメたち、何を争っていると思います?
水浴びする場所を取り合っているんです。どうやらお気に入りの場所があるようで。


~アピール上手?~

e0227942_21590476.jpg
凄く臆病なのに大きな声でさえずるウグイス。
メスにその声が届きますように。


e0227942_22010647.jpg
「キジも鳴かずば撃たれまい」
母衣打ち(ほろうち)をして鳴くキジ。遠くまで良く響く声で。


~ちょっと模様が違うだけで大違い~

e0227942_22154308.jpg
スズメ・・・でも頬に黒斑がないニュウナイスズメ。
私の持っている野鳥図鑑によると「ニュウ」とはホクロのことで、頬にあるニュウがないからニュウ無い雀。
これはオス。


e0227942_22212976.jpg
こちらがニュウナイスズメのメス。色合いが優しくて何とも可愛らしい。
夏鳥・漂鳥らしいので、これから多く見られるかも。

他にも沢山出会ったのだけれど、全部は載せきれないのでここまで。
お付き合いいただき、ありがとうございました。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-05-11 22:35 | 鳥を愛でる | Comments(2)
これは4月10日に訪れた時の記事です。

e0227942_22221132.jpg
暖かく晴れた日に、たまたま時間が空いたのでカメラを持って真岡の井頭公園へ。
桜を愛でるつもりが、鳥のさえずりに気もそぞろ・・・


e0227942_22234721.jpg
ガサゴソと落ち葉をかき分けながらエサを探すシロハラ。


e0227942_22244666.jpg
柔らかな若葉の中でさえずるシジュウカラ。


e0227942_22261437.jpg
時々思い出したかのように花も撮る。でもすぐに空を見上げて


e0227942_22271457.jpg
あ! オオタカ! お腹の模様から見るとまだ若そうね。


e0227942_22285769.jpg
オオタカの姿が見えなくなると、桜を撮る。


e0227942_22304676.jpg
そもそも、300mmの単焦点レンズだけ持って歩いている時点でどうなのかしら。


e0227942_22323126.jpg
やる気云々はさておき、久々に野鳥達に沢山出会えてすっかりリフレッシュ。


e0227942_22332597.jpg
桜も綺麗だったし。春の日差しは柔らかくて気持ちが良いわ。


e0227942_22341734.jpg
のんびりしていたら日が傾いてきてしまった。
今日こそは夕焼けになりそう? 急いで向かったのは


e0227942_22352033.jpg
県庁展望室。
途中の渋滞で夕焼けには間に合わなかったし、八幡山公園のライトアップも終わっていたけれど、まぁ良しとしましょう。
またのんびり鳥を撮りに行けますように。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-04-11 22:40 | 鳥を愛でる | Comments(0)

大洗で出会った鳥たち

大洗の撮影会で景色は撮ったけれど、それ以上に撮っていたのがカモメ。
本当はもっと違う鳥も撮りたかったのだけれど、何しろカモメばかりが目に付いて。


e0227942_15463119.jpg
セグロカモメ。この日、一番多く見かけたかも。


e0227942_15480079.jpg
セグロカモメは比較的大きくて、人相も悪い。


e0227942_15485155.jpg
セグロカモメのおかげで、ユリカモメが可愛らしく見えてくる。
東京・上野の不忍池あたりのユリカモメは全然可愛くないのに・・・。


e0227942_15513317.jpg
漁港で出会った仲良しのセグロカモメの幼鳥。


e0227942_15542782.jpg
ウミウは潜る直前こんな風に身体を伸ばしていたのね。知らなかったわ。
因みにウミウとカワウは口元が若干違うので、写真をアップにしないと見分けがつかない。
しかも厄介な事に、カワウは海にもいるし・・・。


e0227942_15565216.jpg
カンムリカイツブリは人間が苦手らしく、少しでも近づくとどんどん逃げていく。
そんなに怖がらなくても良いのに。


e0227942_15593528.jpg
それとは対照的に寄って来るハクセキレイ。警戒心なさ過ぎるのもどうかと思うわ。


e0227942_16005173.jpg
カモメに混じって飛んでいたハヤブサ。
何を狙っていたのかしら。・・・まさかのカモメ?


e0227942_16030229.jpg
今回、意図した鳥の写真は撮れなかったけれど、次回の楽しみができたと思えば良いわね。
腰痛が治って、好きなだけ鳥の写真が撮れる事がとても幸せ。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-01-15 22:10 | 鳥を愛でる | Comments(2)

誤解している人が多いので書いておきますが、このブログで収入は全く得ていません。むしろ毎月会費を支払っているんですよ。


by vivian