日々の贈り物(私の宇都宮生活)

aprodite.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:お出かけ・名所( 234 )

昨日(5日)、夜桜撮影会で足利の織姫神社へ。私はお手伝い。
その前に西方ふれあいパークへ立ち寄ってみたら…

e0227942_21162980.jpg
ソメイヨシノはすっかり花びらを散らしていてびっくり!


e0227942_21181820.jpg
呆然と水面を覆う桜の花びらをただ見つめる。たった一日でこんなに変わってしまうの?


e0227942_21193504.jpg
空を見上げれば、残っていた花びらたちも風に乗ってどこかへ運ばれているところ。


e0227942_21223258.jpg
気を取り直して足利へ向かったけれど、織姫神社の桜も当然終わっていて。
かろうじて八重桜が咲いているだけ。


e0227942_21234903.jpg
どんな状況でも被写体を見つけて参加者に撮らせる先生。
皆さん熱心に撮影しているわね。


e0227942_21244913.jpg
あら、あちらでは結婚式の前撮りかしら。
カメラマンを始め、スタッフが全員女性って頼もしいわ。


e0227942_21260258.jpg
私は時々フラ~っと好きな写真を撮る。
あ、そろそろ出番。


e0227942_21323738.jpg
暗い状況での撮影は、慣れていないと本当に大変なんですよ。
普段と違う設定で撮らなければならないので仕方ないのだけれども、手こずる人続出。
この切り替えが上手くできるようになると、花火撮影とか星空撮影がラクになるんですけれどね。


e0227942_21361991.jpg
最後はいつものライトで。
さて、参加された皆さんは撮れましたでしょうか?

昨夜は思いのほか風が冷たくて身体が冷えましたね。
春は気温の変動が大きいので、服装に悩みます。
皆さんも体調には気を付けてくださいね~。

足利織姫神社の公式サイトはこちら


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-04-06 22:01 | お出かけ・名所 | Comments(0)
さて、昨日の記事の続きです。

e0227942_20015443.jpg
今回私たちが乗ったのはこちらのバス。
参加人数が10名以下だとマイクロバスで、運転手さん一人。
友人7名での参加申し込みで、他に参加する人がいなかったので貸し切りです。

ろまんちっく村でお昼ご飯を食べてから向かったのは、


e0227942_20070067.jpg
那須烏山の島崎酒造さんの洞窟酒蔵。
凄いところを入っていくでしょう?


e0227942_20080008.jpg
ここは第二次世界大戦末期に戦車を製造するために建造された地下工場跡。
この辺りは戦車の大きさに合わせて掘ってありますが、実際にこちらの地下工場では戦車を製造することなく終戦を迎えたそうで。
資料によると、山裾にある半地下工場では約20台の戦車が製造されていたとか。

それにしても、一年を通して約10℃の気温を維持しているこちらのトンネル内部はひんやりと寒い。
その特徴を生かして、昭和45年からお酒が貯蔵されるようになったそうです。


e0227942_20193214.jpg
こちらはオーナーズボトルのエリア。
子供の誕生記念等々、それぞれに思いの込められたボトルが静かに眠る。
料金は大吟醸代プラス保管代。
年数によって金額が変わるけれど、ワインに比べたらずっとリーズナブルだとソムリエの資格も持つ友人が教えてくれたわ。


e0227942_20252166.jpg
ここに眠るのは高級なお酒たちね、きっと。←写真を撮るのに夢中で、案内人さんの話をほとんど聞いてないし(大汗)

洞窟酒蔵見学の後、店舗へ移動。


e0227942_20280762.jpg
こちらが先ほど厳重に守られたところで眠っていたお酒「熟露枯」
ボトルもラベルも日本酒っぽくないわ。
そして、私にはちょっと手が出ない価格。贈答品には良いかも。


e0227942_20330627.jpg
もちろん、こちらでも試飲させていただいんですよ。
最初に訪れた蔵から、なるべくセーブしながら試飲しているから大丈夫だけれど、調子に乗って飲んでいたらかなりな量を摂取することになってしまいそうね。


e0227942_20351913.jpg
そして、こちらでもお土産をいただいて栃木パスポートにスタンプを押していただいた。
こんなに至れり尽くせりで良いのかしら…。

島崎酒造
那須烏山市中央1-11-18  TEL.0287-83-1221
公式サイトはこちら


e0227942_20370305.jpg
最後に向かったのは、益子の外池酒造さん。
こちらは色々な旅行社の観光コースに入っているらしく、広い駐車場が完備されている。


e0227942_20403718.jpg
説明も手慣れたもので、展示品も古い道具など様々。


e0227942_20413785.jpg
SNS対応のはんてんまで用意してあって、さすがだわ。


e0227942_20435358.jpg
ここは店舗が広く充実していて、奥にはお洒落なカフェまで!


e0227942_20452205.jpg
こちらで利き酒セットをいただきました。
使われている器はもちろん益子焼ですね。
さて、楽しい時間はそろそろ終了。
宇都宮駅へ向かいます。

外池酒造
芳賀郡益子町大字塙333-1  TEL.0285-72-0001
公式サイトはこちら


e0227942_22361271.jpg
とってもお得で楽しい一日でした。こういう大人の遠足も良いですね。
これで費用は一人4980円。
また友人達を誘って次回のツアーを企画してしまおうかと考えてしまうほど。
今回のツアーは益子町の旅行会社、はぎわら観光さんのツアーアラウンド栃木を利用させていただきました。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-03-26 22:47 | お出かけ・名所 | Comments(0)
この日、友人達と誘い合わせてツアーアラウンド栃木さんの「栃木酒造めぐり」バスツアーに参加しました。
出発地はJR宇都宮駅東口。

e0227942_22372786.jpg
下今市駅で残りのメンバーと合流して合計7名でマイクロバスを貸し切り。
最初に渡された行程表と栃木パスポート。
私は元々持っていたけれど皆さん見るのは初めてのようで、これを機会に活用してくれたら良いわね。


e0227942_22053159.jpg
まず最初に日光市の片山酒造さんへ。


e0227942_22182849.jpg
明治13年創業の酒蔵。
この辺りは地下に水質の良い日光大谷川の伏流水が流れていることから初代が蔵を構えたそうで、こちらの井戸水は一般の方にも無料で提供しているとか。
古い建物は今なお現役。


e0227942_22300006.jpg
一番の驚きはサセ式の槽(ふね)しぼりで、4日かけてゆっくり絞るのだそう。
いまだにこの方法だけで絞っていては効率が悪いのでは?と思ったら、こちらでできたお酒はここで販売するだけなので大丈夫と。
家族経営の、小規模だけれど昔ながらの製法を守り続けている酒蔵なんですね。


e0227942_22342261.jpg
最後は6代目からこちらで作られたお酒を注いでもらって試飲。
それぞれ特徴のある日本酒で、早速皆さんお土産を選んでいました。


e0227942_22362600.jpg
さらにお土産で全員に配られた日本酒とぐい飲みのセット。
何だかとってもお得な気分~!
栃木パスポートにスタンプも押していただきましたよ。

片山酒造
営業時間 8:00~18:00
日光市瀬川146-2  TEL.0288-21-0039
公式サイトはこちら


e0227942_22475415.jpg
次に向かったのは、片山酒造からほど近い渡邊佐平商店さん。
天保13年創業の歴史ある酒蔵で、雨のせいか趣のあるたたずまい。


e0227942_22494585.jpg
こちらの酒蔵は外国人観光客にも配慮してか、英語での説明もあちらこちらに掲示してあるので便利ね。
まず、簡単に日本酒についての説明の後に蔵を案内していただいたのだけれど


e0227942_22515387.jpg
運良く火入れの様子を見ることができたんです。
65℃の日本酒がホースからタンクへと流れて行くのに、結構な距離なので流れて行く間に冷めてしまうのでは?と心配に。
うかがったら、このホースは断熱になっているので冷めないし、タンクに入れるときも下から入るようになっているので大丈夫と。
試しに貯蔵タンクを触ってみたら、確かに熱い!


e0227942_22561253.jpg
こちらも最後にお好きなだけどうぞと試飲を。
私は以前からここのにごり酒がお気に入りで、時々訪れていては買っていたんです。
ちょうど良かったわ、帰りにお土産で買って帰りましょう。


e0227942_22594516.jpg
帰る前に温かい甘酒をいただいて


e0227942_23013566.jpg
更にお土産でバウムクーヘンとサイダーをいただきました。
もちろん栃木パスポートにスタンプもいただきましたよ。

渡邊佐平商店
日光市今市450  TEL.0288-21-0007
公式サイトはこちら


e0227942_23060875.jpg
さて、次は那須烏山の酒蔵へ。
その前に宇都宮のろまんちっく村へ立ち寄ってお昼ご飯を食べましょう。
ちょっとゆっくりし過ぎて時間が押しているので、簡単にお蕎麦。

まだあと2軒も酒蔵めぐりが残っているので、明日に続きますね。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-03-25 23:17 | お出かけ・名所 | Comments(0)
e0227942_22361708.jpg
ALWAYSカマヤでランチをした後に、栃木市の街中を散策。
ずっと気になっていたこちらのお店は定休日?
次回のお楽しみにしましょう。


e0227942_22381005.jpg
撮影の練習にちょうど良いかも…と横山郷土館へ。入館料300円。


e0227942_22410604.jpg
文化庁登録有形文化財の建物は、元銀行であり麻問屋でもある。


e0227942_22423389.jpg
銀行時代に使用されていた道具たち。


e0227942_22431877.jpg
立派な金庫や装飾を施された椅子。


e0227942_22435437.jpg
モノは無駄に美しいほうが良いと個人的に思う。


e0227942_22450543.jpg
奥へ進むと、以前はなかった着物の着付けコーナーを発見。
こちらでは3000円で着物のレンタルと着付けをしてくれるそう。


e0227942_22455919.jpg
着物も帯も種類が豊富なので、気に入った組み合わせでマチナカを散策するのも素敵ね。


e0227942_22472218.jpg
ここで友人が昔の知り合いに出会い…世間は狭いわ。
写真の練習もできたかしら?
奥のお座敷でお茶のサービスもあるようだけれど、次に行くところがあるからそろそろ移動しましょう。


e0227942_22482263.jpg
開館時間 9:00~17:00 月曜休館
栃木市入舟町2-16  TEL.0282-22-0159


e0227942_22505329.jpg
更に歩いていて見つけたタキザワハムの直営店、レッケルバルト。
広く清潔な店内に、沢山のお肉が並ぶ。…当たり前だけど。


e0227942_22525347.jpg
ここで桜山豚の肩ロースの塊肉を購入。
「桜山豚」と書いて「オーシャントン」と読むそうで、栃木県さくら市で飼育している豚とか。
塩豚にして茹でて食べたけれど、肉質が良いのか脂の部分も変な味がしなくて美味しい~!
これは癖になりそうな味。
うちの近くで購入できるところがあったら良いのに。

営業時間 10:00~19:00
栃木市湊町8-7  TEL.0282-22-0705


さて、あと一軒行きたいお店があるから向かいましょう。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-02-06 23:05 | お出かけ・名所 | Comments(0)
この日の撮影会は福島県の猪苗代湖のはずだったのに、大雪のせいで主要道路は大渋滞。
急遽、近場で撮影会を開催することになりました。

e0227942_20372724.jpg
川霧のおかげで空と地面の境目が消える。この橋の向こうは空?
撮影会の参加者を一人ずつ拾いながら目的地へ。


e0227942_20375271.jpg
向かったのは大田原市の雲巌寺。
途中の渋滞で到着が遅れたせいか、それとも元々なのか宇都宮より雪が少ない…これは想定外。


e0227942_20482826.jpg
イメージからは程遠いけれど、このシチュエーションで最善を尽くしましょう。
着物を着たモデル役は私です。
私を撮る先生を撮る私。
レディオスレーブを使うと、こんな撮影もできるんです。面白いですよね。
ここで何パターンか写真を撮って移動中、雪をかぶったお地蔵さんをみつけたので


e0227942_20543442.jpg
車を近くの駐車場に止めて撮影。
イメージは、お揃いのチュチュを着た可愛らしいお地蔵さん…頭に羽飾りもつけて。
このお地蔵さんの前にはお供え物を持ってきたのか


e0227942_20534131.jpg
ウサギの足跡! しかも往復で。


e0227942_20563336.jpg
慣れない雪の中での撮影でちょっとてこずりましたが、皆さんはいかがだったでしょうか。
さて、お昼も過ぎたので切り上げてご飯を食べましょう。


e0227942_21094092.jpg
道の駅 那須与一の郷でみつけたマンホール。
ここで食べた手打ち蕎麦も美味しかったわ。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-01-25 22:01 | お出かけ・名所 | Comments(0)
昨年の11月24日から「SHIOYA QUEST 見つけよう私たちの塩谷遺産」と題されたフォトコンテストが開催されているのをご存知でしょうか。
スマホのインスタグラムかツイッターで「#塩谷遺産」とハッシュタグを付けて写真を投稿するだけ。
詳細はこちらの公式サイトを参照してくださいね。
応募は今月末まで。
さぞかし沢山集まるのでは?と思っていたのだけれど、意外にこのキャンペーンが知られていないようなのでこちらでも紹介することにしました。

e0227942_21361317.jpg
これは先日訪れた塩谷町の東古屋湖。
一部凍結していますね。


e0227942_21373262.jpg
この辺りは割れた氷の模様が面白い。


e0227942_21442918.jpg
ここだけ凍っていないのは、湧水があるせいかも?
魚が結構見えるわ。さすがに動きが鈍いけれど。
で、この周辺には野鳥がいっぱいいるんですよ。
年末年始、なかなか鳥を撮れなかったので、ひたすら鳥ばかり見ていました。


e0227942_21473687.jpg
この付近で必ず飛んでいるトンビ。


e0227942_21481452.jpg
人に慣れていないので、ちょっと人の気配がしただけで逃げていくマガモ。


e0227942_21493167.jpg
こちらはコガモたち。
スピードを落とすためか、羽で水面を切っていく。


e0227942_21534053.jpg
寒さのため?丸くなっているモズのメス。


e0227942_21550809.jpg
茂みに何羽も隠れていたコジュケイ。
私の野鳥図鑑に載っていないので何故かと思ったら、元はペットや狩猟用として移入されたものだそうで。


e0227942_21580889.jpg
近くの田んぼにいたツグミ。


e0227942_21584560.jpg
元気に飛び回っていたセグロセキレイ。


e0227942_21591224.jpg
やたら飛ぶのが早いハトだわ~と念のため写真に撮っておいて、後で確認したらカケス。
カラスの仲間とは思えないカッコ良さ。
ほかにもホオジロやカシラダカにも出会えて大満足。

皆さんも塩谷町で写真を撮ってみませんか?


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-01-09 22:14 | お出かけ・名所 | Comments(0)
e0227942_02001895.jpg
大晦日の午後11時頃、日光へ到着。
輪王寺周辺を歩いていたら鐘楼で焚火をしているのが見えた。なぜ?
うかがったら、こんなに寒いと鉄が固くなってしまうそうで、その状態で何度も鐘を撞くと割れてしまうとか。
そこで、鐘を撞き始める2時間前から鐘の下で焚火をして温めているのだそう。
それは知らなかったわ。


e0227942_02051994.jpg
輪王寺本殿前の祭壇では新年を迎えるための儀式の準備。
このロウソクには紙が巻いてあって、下1/3は水につけて濡らしてある。
これも燃えすぎないようにとの配慮。一つ一つ細かく考えられているわね。


e0227942_02081776.jpg
23:45。ホラ貝の音とともに山伏たちがやって来る。


e0227942_02100021.jpg
刀で邪気を祓ったり


e0227942_02104926.jpg
斧で邪気を祓ったり。
ちょうどこの瞬間、輪王寺の本殿からお経が聞こえ始め除夜の鐘が鳴りだした。
この場に居合わせた皆さんで、口々に「新年おめでとうございます」と言葉を交わす。
この瞬間が好きで、ここに来るといっても過言ではないくらい。


e0227942_02150543.jpg
祈念。


e0227942_02155076.jpg
弓矢で各方位と鬼門を清めたら


e0227942_02163488.jpg
松明がやって来る。


e0227942_02180585.jpg
祈念されて杉山に火がつけられる。
杉の生木を使用しているので、火が付き易いように中に灯油に浸した木が入っているそうで。
勢いよく燃えるため、水をかけて火の強さを調節しながら。


e0227942_02192731.jpg
それでもこんな風に火の粉がたくさん降って来る。


e0227942_02233529.jpg
私たちは逃げればいいけれど、山伏さんたちは時々火傷をするそうですよ。


e0227942_02241377.jpg
さて、東照宮方面へ向かいましょう。
写真右側の長蛇の列は東照宮参拝客。これはちょっと時間がかかりそうね。
なので、東照宮は後回しにして二荒山神社へ。


e0227942_02263539.jpg
積もった雪が踏み固められた道を歩く。
年末に転んで怪我をしてしまったので、これ以上転ばないように気を付けましょう。


e0227942_02282362.jpg
二荒山神社は東照宮ほどの混雑はないので快適。境内も広いし。


e0227942_02291948.jpg
参拝する列は3か所。毎年なぜか中央の列に人が集中する。
場所によってご利益が違うのかしら? いまだにこれは謎だわ。


e0227942_12513014.jpg
二荒山神社でお参りしている間に東照宮の混雑は解消されていた。
久しぶりに見る陽明門は修復が済んで美しい姿。


e0227942_12542601.jpg
東照宮の建物の修復はほぼ終わったようだけれど、仁王像はどうするのかしら?
表面がはがれて年々凄みを増しているんですけれど…。


e0227942_12563611.jpg
これで午前2時ごろ。
参拝客も落ち着いたところね。2時間前はここを歩くのも大変だったのに。


e0227942_12584080.jpg
五重塔の上には満月が近い月。今年も素敵な年になりそうな予感。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)





by vivian-style | 2018-01-02 22:01 | お出かけ・名所 | Comments(0)
この日、本当は石橋のグリムの森へイルミネーション撮影の練習に行くはずだった・・・。
なのにまさかの閉園日。
かと言って、あしかがフラワーパークでは混みすぎてゆっくり撮影できなそうなので、思い切って向かったのは

e0227942_19160232.jpg
群馬県太田市の北部運動公園。
宇都宮からちょっと遠いけど、駐車場代500円で入場無料。
点灯される17:30より少し前に到着したので夕景を撮ったりしながらのんびり待つ。


e0227942_19201725.jpg
17:30ライトアップ。周囲から「わぁ」という歓声が聞こえてくる。
今回の課題は「灯りを使っていろいろ試す」
さて、うまく行くかしら。


e0227942_19265453.jpg
定番の流し撮り。


e0227942_19283401.jpg
宙玉を使って。


e0227942_19291507.jpg
友人からいただいたワイヤーライトを使って。
やはりこういう時は子供の手のほうが可愛らしい。


e0227942_19311128.jpg
ここから、自分で作ったフィルターを使って。この調節が意外に難しい。


e0227942_19322026.jpg
赤いハートは車のブレーキランプ。


e0227942_19331667.jpg
お城の周囲にハートを散らして。だんだんコツが分かってきたかも。


e0227942_19342630.jpg
この日は平日だったせいか訪れる人も少なくて、ゆっくりのんびりイルミネーションを堪能しました。
あしかがフラワーパークのような派手さはないけれど、撮影の練習をするにはぴったりね。

おおたイルミネーション2017の公式サイトはこちら


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2017-12-15 22:01 | お出かけ・名所 | Comments(0)
これは11月24日に訪れたときの記事。

e0227942_22221813.jpg
ウチから車で1時間強、撮影会のため塩谷にある東古屋湖へ。
朝のうちは風もあまりないので湖面が鏡のようになる。


e0227942_22261407.jpg
この辺りは宇都宮より気温が低いので、霜もこんなに。
花が咲いたような変わった形だわ・・・と思って別の葉っぱを見たら


e0227942_22273242.jpg
氷の結晶がこんな見事に!
この角の部分が融けて丸くなったのがさっきの霜ね。

ここである程度撮影をしてから向かったのは


e0227942_22292986.jpg
大滝。ここへ向かう道は悪路なので、4WDの車推奨。
更に滝周辺は足元も良くないので要注意。
落ち葉が降り積もっていたので川底だと思って足をついたら落ちました。
幸い怪我はなかったけれど、冷たい水に浸かって悲しい気分になったわ。


e0227942_22335523.jpg
滝つぼでは落ち葉が水の流れで模様を描いていたし


e0227942_22344605.jpg
水の上に降り積もった落ち葉からは油が出ているし。
葉っぱからこんな風に油が出ることを知らなかったからビックリ。


e0227942_22364179.jpg
水が綺麗でとても美しい光景が広がっているのに、この付近を訪れる人は殆どいない。
やはり道が良くないせいかしら。もったいないわね。

さて、濡れた足は冷たいしお腹も空いてしまったからランチを食べに行きましょう。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2017-12-04 22:41 | お出かけ・名所 | Comments(0)
12月1日、撮影会で向かったのは埼玉県新座市の平林寺。
以前ここの近くに住んでいたときは、鬱蒼とした林に囲まれたちょっと近寄りにくい場所・・・という認識だったけれども。

e0227942_18474176.jpg
紅葉の時期はこんなに色鮮やかで美しいとは!
朝は小雨がぱらついて、紅葉もしっとりした色合い。


e0227942_18491168.jpg
雨のおかげで雫がキラキラして綺麗ね。
参加するメンバーが揃って、各自自由に撮り始める。


e0227942_18525188.jpg
入口近くだけでも撮影ポイントは限りなくあるので、どんな風に切り取っていくのか考えないと。


e0227942_18544302.jpg
ここの紅葉の特徴は鮮やかな赤と黄の紅葉が入り混じっていることかしら。
コントラストが強いわ。


e0227942_18532429.jpg
なので、同系色でまとめて可愛らしく。


e0227942_18574882.jpg
含蓄のあることば。


e0227942_18583354.jpg
池の水面にも紅葉が映りこんで、ずっと見ていても飽きない。
・・・と思っていたら、皆さんいつの間にか移動して取り残されていたわ。


e0227942_18592634.jpg
そんな私を赤いモミジの向こうから優しく見守る観音様。


e0227942_19002163.jpg
風が吹くたびに葉っぱが沢山降ってくる。
降り積もった落ち葉が、さながら錦の絨毯のよう。


e0227942_19015132.jpg
参加者の皆さんが集まって同じものを撮っていると、他の人達も寄って来る。
そうよね、こんな風に撮っていると何があるか気になるわよね。


e0227942_19034433.jpg
解放されている敷地は広くて、歩いているだけでも気持ちいい。


e0227942_19050833.jpg
ここに紅葉狩りに行こうと考えているなら、早めに行ったほうが良いですよ。
今ならとっても美しいです。


e0227942_19064063.jpg
朝の9時半からお昼も食べずに午後2時過ぎまで歩きながらの撮影。
すっかりお腹も空いて身体も冷えてしまったので、そろそろ帰りましょう。
さて、皆さん素敵な作品は撮れたでしょうか。

平林寺の公式サイトはこちら


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2017-12-02 22:01 | お出かけ・名所 | Comments(0)

素敵な時間を過ごせますように


by vivian