日々の贈り物(私の宇都宮生活)

aprodite.exblog.jp
ブログトップ

タグ:日光 ( 159 ) タグの人気記事

暑い日が続いたこの日、涼しいところで撮影会をしましょうと生徒さんと訪れたのは奥日光。

e0227942_21451941.jpg
標高が高いせいか、下界と違って寒いほど。
今回は水を撮りたいとのことなので、水辺を中心にめぐりましょう。
こちらは湯滝。
観光客や林間学校の子供たちが次から次へとやって来て賑やか。


e0227942_21465745.jpg
滝のすぐ近くの木。緑が綺麗ね~。


e0227942_21483952.jpg
次に向かったのは湯ノ湖。
ここのトンボはこんなに近づいても全然逃げない。むしろカメラに止まるし。
人間慣れ?


e0227942_21512324.jpg
水が揺らいでいるところは早いシャッターを切ると面白い模様が見えるんですよ。
もう少し時間をかけて撮ったら何かできそうだったけど、風が吹いてさざ波が立ってしまったので残念。


e0227942_21523133.jpg
湖面を泳いでいたカモ。ハイキーにすると雰囲気が変わるわね。


e0227942_21534346.jpg
こちらはアンダーに。
映り込みのせいで、怪獣の口みたいに見えたのよね。


e0227942_21545532.jpg
向こう岸で一人じっと釣りをする人。静かな湖面に魚が跳ねた。


e0227942_21565927.jpg
最後は竜頭の滝でシャッタースピード遅めで。
人が殆ど通らないところで三脚を立てて撮る練習。
まず三脚に慣れないとね。これは数をこなすしかないかも。

今回の講習は参考になったかしら。
素敵な写真がいっぱい撮れていますように。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-07-27 22:07 | お出かけ・名所 | Comments(2)
これは少し前の記事。

e0227942_13555033.jpg
中禅寺湖周辺へ撮影会を兼ねて訪れた日に、こんな霧にまかれて身体が冷えてしまったので温かいものでも食べましょうと


e0227942_14000502.jpg
途中、サルの群れに遭遇して車の中から見送った後


e0227942_14010197.jpg
工房cafe鹿の子さんへ。


e0227942_14032854.jpg
ランチにつくサラダと、追加で頼んだコーヒー。
ここのサラダにはいつもリンゴが入っているような気がするわ。
…とは言え、年に一度この時期に訪れるからかもしれないけれど。


e0227942_14060934.jpg
熱々のポテトとチキンのグラタン。
ほくほくのジャガイモと柔らかいチキンで身体の中から温まる。

窓の外には霧にかすむ中禅寺湖。
季節が良くなったら、観光客で賑やかになるでしょうね。
メインの通りから一本山側に建つこのお店は、意外に穴場なんですよ。
ちょっと高台になっているので湖も良く見えるし。

e0227942_14123984.jpg
参考までに、これが昨年訪れた時のお店からの景色です。

さて、お腹もいっぱいになったし次の場所へ向かいましょうか。
ごちそうさまでした。


e0227942_14091792.jpg
営業時間 11:00~17:00(季節により変更あり) 不定休
日光市中宮祠2478  TEL.0288-55-1288
公式サイトはこちら







いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-06-30 22:00 | 平日ランチ | Comments(0)
これは少し前の記事。
e0227942_21511011.jpg
日光へ向かった日のランチに、選んだのは日光有料道路の土沢ICから日光街道へ向かう途中にあるやまなか茶屋さん。
お久しぶりね。


e0227942_21524455.jpg
時間がずれていたせいか、空いていた店内。
ゆったりと配置されたテーブルのおかげで、他のお客さんの会話が気になることもないのは嬉しいわね。


e0227942_21545345.jpg
メニューはこちら。
いつも同じものを頼んでいるような気がするけれど、やはりまた今回も。


e0227942_21560030.jpg
因みにこちらは夫の頼んだカツカレー。
湯気が立って美味しそうなビジュアルね。


e0227942_21564607.jpg
私が頼んだのは温かいたらこうどん。
一見サラダうどんのようだけれど、温かいつゆがかかっている。
よくかき混ぜて食べるのがコツ。
さっぱりしているから、食欲が落ちている時でも食べられそうだわ。


e0227942_22000529.jpg
窓の外に見えるテラス席。
お天気のいい日には気持ちいいかも。
さて、目的地はまだ先。のんびりしている場合じゃないわね。
ごちそうさまでした。


e0227942_22011852.jpg
営業時間 11:00~15:30 木曜、第1第3水曜定休(冬季は水曜木曜定休)
日光市土沢1072  TEL.0288-30-3305


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-06-26 22:02 | 休日ランチ | Comments(0)
6月中の土曜、日曜、月曜のみ特別に公開されることとなったベルギー大使館別荘。
現在も現役の大使館別荘として使用中なので一部のみの公開だけれど、こんな機会はめったにないので友人と訪れることにした。
…同じように考える人はいっぱい。早い時間に大使館別荘前を通ったら長蛇の列。
時間がもったいないので、他のところからまわりましょう。

e0227942_22060854.jpg
この時期は外せない華厳の滝。
エレベーターで下まで行かなくても無料の観瀑台からも迫力の滝を見ることができる。


e0227942_22093948.jpg
水しぶきの中、イワツバメたちが飛び交うさまは絵になるわ。


e0227942_22104817.jpg
半月山へ向かう途中の山の中腹から中禅寺湖を撮影。
雲が低く垂れこめて霧が湧き出している。


e0227942_22122262.jpg
山の天気は侮れない。あっという間に霧に囲まれたので別荘方面へ戻りましょう。


e0227942_22133014.jpg
時間がずれたせいか、待ちの行列もなくすんなり入場。


e0227942_22153375.jpg
玄関を入って真っ先に目に入るランプと写真。


e0227942_22172002.jpg
サロン1。別荘使用中は、こちらで食事をしているとか。


e0227942_22190476.jpg
サロン1に飾ってあった美しい人形。
他の部屋にはリヤドロの人形も飾ってあって目の保養。


e0227942_22210020.jpg
サロン2。石造りの暖炉もあって寛げそうな空間。


e0227942_22223074.jpg
サロン2を別の角度で見るとこんな感じ。
明るくてシンプルなインテリア。ところどころの赤がアクセントになって。


e0227942_22243679.jpg
建物の目の前に広がる中禅寺湖。
夕暮れ時には素敵な光景が見られそう。

案内によるとこの建物は「ホテルオークラ」の創業者大倉喜七郎男爵がベルギー王国大使館の夏季別荘とするために当時のアルベート国王に寄贈したものだそうで、湖畔に建つ他の大使館別荘が日本風の建築様式を取り入れているのに対し、唯一純洋風の建築様式であるとか。

こちらの公開は24日(日)、25日(月)で終了です。
見学を計画されている方は気を付けてくださいね。
詳しくはこちら


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-06-23 22:36 | お出かけ・名所 | Comments(2)
キスゲ平園地ですっかり身体が冷えてしまったので、お茶でもしましょうと向かったのは

e0227942_20340135.jpg
山のレストラン。
雨に濡れた木立の新緑が美しい。


e0227942_20354443.jpg
時間がずれたせいか、このお店の特等席の一つに通された。
何で特等席かと言うと、


e0227942_20364456.jpg
席から霧降の滝が見えるんですよ。紅葉の季節にはきっと見事でしょうね。


e0227942_20381496.jpg
キリフリ谷の藝術祭期間中、こちらで「キリフリ谷」とオーダーすると選べるデザート3種盛と飲み物のセット。
これがたったの1000円(税別)でいただけるんですよ。
凄くお得だと思いませんか?
因みに私が選んだデザートは、チーズケーキ・洋ナシのタルト・カボチャのプリン。
イーラちゃんのイラスト入りの旗付き!


e0227942_20413742.jpg
因みにこちらは夫の頼んだ盛り合わせ。
カボチャのプリンの代わりにガトーショコラ。
デコレーションもお洒落ね。


e0227942_20423428.jpg
スイーツとコーヒーですっかり生き返った後は、こちらの2階で開催されている絵本作家しまだともみ氏の「イーラちゃんとまじょのヤーダちゃん」展を見る。
この展示は24日(日)までですから気を付けてくださいね。

実は、この翌日も友人とここを訪れたのは内緒。
ごちそうさまでした。


e0227942_20463392.jpg
営業時間 10:00~19:00(LO) 水曜定休
日光市所野1546  TEL.0288-50-1525


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-06-22 22:00 | ティータイム | Comments(0)
今月1日から30日まで、日光の霧降高原及び日光市街各所でアートなイベントが開催されている。
その全部を廻る余裕がないので、ほんの一部だけ。

e0227942_17460079.jpg
この日真っ先に訪れたのは、自然茶寮 廻さんの奥の邸。


e0227942_17471551.jpg
近くを通るたびに気になっていたこの建物にようやく入ることができるのね。
入場料200円。火曜定休。


e0227942_17484452.jpg
1階の広間では香川大輔さんの作品展。
製作途中の作品もあって、本当はここでライブで描いているところを見たかったのだけれど、残念なことにこの時は不在だったわ。


e0227942_17503288.jpg
その広間の中央には、先日鹿沼の常陸屋呉服店さんで見せていただいた見事な振袖。
実際にその呉服店の娘さんが成人式で着たそうで、個性的で目立ったでしょうねぇ。

さて、2階へ向かいましょう。


e0227942_17580560.jpg
こちらは香川さんのスケッチを基に上村真紀子さんが制作したガラス作品。


e0227942_18031559.jpg
LEDライトを持って薄暗い部屋に入る。


e0227942_18034603.jpg
ライトに照らされて浮かび上がるスケッチ。
グラススタジオ ポンテを主宰する上村活史氏と画家香川大介氏による共作インスタレーション。


e0227942_18071316.jpg
どう表現したらいいのか分からないけれど、2階の展示は言葉のない思考の世界を彷徨う感覚。


e0227942_18101245.jpg
次に向かったのは、大江戸温泉物語 日光霧降。
屋外展示されているのは村上直樹さんの「Poker face」
霧降の鹿をモチーフとした大きな彫刻作品。


e0227942_18123971.jpg
そしてホテルロビーで開催されている北山建穂氏の写真展「日光の人も知らない日光」
目にしたこともない、美しい日光の姿を独自の感性で切り取った作品の数々は目の保養。


e0227942_18150964.jpg
こちらもご本人にはお会いできなかったので、かわりにマスコット人形を撮影しておきましょう。
笑ってしまうほどそっくりね。


e0227942_18164085.jpg
そして、せっかくここまで来たのだからとキスゲ平園地へ。


e0227942_18174401.jpg
霧なのか小雨なのか降りしきる中写真を撮っていたら、地面が揺れる。
「?」と思ったら、この時群馬県で強めの地震が起きていたのよね。


e0227942_18192371.jpg
さすが霧降高原と言うだけあって、どんどん霧が深くなる。


e0227942_18203226.jpg
身体も冷えてきたから、そろそろ戻りましょう。

キリフリ谷の藝術祭は今月末まで。公式サイトはこちら



いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-06-21 22:00 | イベント・セミナー | Comments(0)
e0227942_22232929.jpg
奥日光での撮影を終えて、昼食をとろうと皆で向かったのは


e0227942_22241795.jpg
水無湧水庵さん。
周辺には蕎麦の有名店がいくつかあるのだけれど、ここが一番入りやすいので。
さすがに平日の午後1時ごろともなると待たずに入れるわね。
そして、奥日光に比べて格段に暖かくて身体がホッとする。


e0227942_22262382.jpg
頼んだのは定番のもり蕎麦。
辛めのおつゆをちょっとつけていただく。
皆さん食べるの早いから頑張らないと…と思いつつ、蕎麦を啜れないから結局は遅い。
特訓したら啜れるようになるのかしら。

このところ立て続けにお蕎麦を食べているけれど、どこも特徴があるし美味しいから飽きないわ。
ごちそうさまでした。


営業時間 11:00~15:00
栃木県日光市水無309  TEL.0288-26-3355


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-05-25 22:40 | 平日ランチ | Comments(0)
今にも雨の降りそうなこの日、奥日光へ撮影会に。

e0227942_21462377.jpg
まず最初は華厳の滝。目的はイワツバメ。


e0227942_21482733.jpg
97mの高さから毎秒2tの水が落ちる滝の周りをイワツバメたちが飛び交う。
この迫力はこんな小さな写真ではうまく伝えることが難しいわ。
まぁ、写真が悪いと言えばそれまでだけれど、滝をもっと入れるとイワツバメがゴミにしか見えなくなるし…。


e0227942_21542592.jpg
次に向かったのは中禅寺湖が見下ろせる場所。
標高が高いせいか、ゴヨウツツジがまだ綺麗に咲いているわ。


e0227942_22135692.jpg
この傷、どうしてこうなったか分かりますか?
シカが角で傷をつけてから木の皮を食べた跡だそうですよ。


e0227942_21560497.jpg
枝かぶりだったり空抜けで残念だけれど、目の前でさえずっていた可愛らしいコサメビタキ。


e0227942_22001372.jpg
中禅寺湖畔へ向かう途中、目の前の木にとまったキビタキのオス。


e0227942_22005701.jpg
そしてキビタキのメス。


e0227942_22013560.jpg
湖の上空ではカラスがトンビを攻撃中。これはハシボソガラスかしら。
もう一羽のカラスも応援に駆けつけて2対1。


e0227942_22034879.jpg
つがいのオシドリものんびり。まだ飾り羽も美しいわね。


e0227942_22171767.jpg
様々なツツジが咲きそろう竜頭の滝周辺。


e0227942_22180210.jpg
ここで出会ったカワガラス。
「カラス」とついているけれど、一般的なカラス(ハシボソガラスやハシブトガラス)とは種類が違うんですよ。


e0227942_22200701.jpg
野鳥の撮影会ではなかったはずなのに、鳥好きが集まったせいで鳥の写真ばかり。
たまにはこんな気楽な撮影会も良いわね。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-05-24 22:31 | 鳥を愛でる | Comments(0)
GWにくっつけて一日だけ余分に休みを取った夫と、土砂降りの中湯西川温泉へ。

e0227942_21563788.jpg
ダムに沈んだ木々が水面に映って不思議な景観となっている場所を通過して


e0227942_21593829.jpg
湯西川水の郷に到着。
平日のせいか天候のせいか観光客もほとんどいなくて静か。


e0227942_22025599.jpg
最初はこちらの足湯を利用するつもりだったけど、すっかり身体が冷えてしまったので、こちらの日帰り温泉施設を利用しましょう。
通常500円の入浴料が、JAFカードを提示すれば一人たったの300円!なんですよ。



e0227942_22135405.jpg
この写真は公式サイトより。
「源泉かけ流しの美肌の湯」がキャッチフレーズのこの温泉は、アルカリ性単純温泉。
効能書きを見ると神経痛やら冷え性やら疲労回復、健康増進など魅力的な言葉がずらりと。
お湯は滑らかで無色透明で無臭。肌がしっとりする。
水温が42℃に近かったので冷えた身体には熱く感じたけれど、慣れると良い感じ。

カラン8、ドライヤー2、コンセント1


e0227942_22170340.jpg
温泉から出て温まったところでお昼ご飯にしましょう。


e0227942_22174997.jpg
汁ばんだいもち、600円。
野菜や豆腐にサバ缶の入った味噌仕立ての汁に大きなばんだい餅が3つも入っていて意外にボリュームがある。
お腹も満たされたところで、霧降高原経由で帰ると夫。
運転してくれるなら文句は言いませんよ。


e0227942_22230049.jpg
湯西川から霧降へ向かう途中は対向車にも後続車にも全く出会わない区間が結構あって、しかも携帯の電波が繋がらない。
ここで何かあったら大変…と、ちょっと緊張。


e0227942_22271793.jpg
あの霧の立ち上っている山道を越え、集落を越え、再び峠道。


e0227942_22285526.jpg
霧降の滝近くで、ツツジが咲き乱れる美しい場所があったので思わず車を止めて写真を撮ったら、バス停が「つつじヶ丘」
さもありなん。

ここまで来たら後はラクな道のり。安全運転で帰りましょう。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-05-12 22:41 | 日帰り温泉 | Comments(0)
これはGW中の記事。
休日のお昼にはずっと乾麺の蕎麦を食べていたのだけれど、ちゃんとしたお蕎麦が食べたくなって向かったのは

e0227942_21410126.jpg
大室ダムの目の前に建つこちら。草允わらび野さん。
開店が11時半だからその時間に合わせて行ったら、もう既に店内は満席で約50分待ち。
ちょうど5年ぶりに訪れたけれど、相変わらずの人気店。
雨にもかかわらずお客さんが次々やって来る。


e0227942_21440529.jpg
待ち時間の間に、ふと目に入ったこちらの神社にお参りしましょうと途中まで行ったら、雷が鳴りだして仕舞いには雹まで降り出したから慌ててお店へ戻る。
あの先が気になるから、いつかまた機会があったら今度こそ。


e0227942_21463328.jpg
約1時間経って、ようやく店内へ。
カウンター席でも広くゆったり取られているので、他のお客さんをあまり気にしなくて良いのは助かるわ。
目の前には庭の緑と広い空。


e0227942_21483284.jpg
もり蕎麦。たっぷりのつゆが添えられているので、大目に必要な人には嬉しいかも。あ、それは夫。


e0227942_21530073.jpg
地元、日光市大室産の玄そばを石臼で自家製粉した二八蕎麦。
もうね、本当に美味しい…乾麺蕎麦の日々だったからか尚更そう思う。
おつゆも出汁が効いて蕎麦を引き立てているわ。


e0227942_21564818.jpg
二人で一つ頼んだ野菜天ぷら。
カットしやすいようにヘラが添えられ、天つゆは二人分ちゃんと。
こういう心遣いが嬉しいわね。
蕎麦湯も別格の美味しさ。
最初は少な目かな?と思ったけれど、食べ終わってみればお腹いっぱい!
ごちそうさまでした。


e0227942_21584559.jpg
営業時間 11:30~15:30(LO15:00)  水曜・第2第4木曜定休
日光市大室2009-1  TEL.0288-23-8022
公式サイトはこちら

この後に向かったのが龍蔵寺の藤だったんです。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-05-09 22:09 | 休日ランチ | Comments(0)

誤解している人が多いので書いておきますが、このブログで収入は全く得ていません。むしろ毎月会費を支払っているんですよ。


by vivian