人気ブログランキング |

日々の贈り物(私の宇都宮生活)

aprodite.exblog.jp
ブログトップ
アップするタイミングを逃して今頃になってしまいましたが、これは7月上旬に群馬県へ遠足に行った時の記事です。

e0227942_21183565.jpg
こんにゃくパークからラスク工場へ向かう途中、ランチをしましょうと訪れたのはイタリアンレストランのシャンゴさん。

リーズナブルなセットメニューも幾つかあったけれど、内容を見る限り私には食べ切れそうにないので


e0227942_21215190.jpg
海の幸のベニス風リゾットにデザートドリンクセットを付けるだけにしました。
単独でこの写真だけ見るとたいした量じゃなさそうに見えますけれどね、こんな大盛りのリゾットはなかなかないですよ。

因みに他のメンバーはレディースセットを頼んでいましたが、群馬のレディーはこんなにいっぱい食べるの?と驚くほどのボリューム。
さすがに皆さん途中でくじけそうになっていたけれど。
侮れないですね~群馬県。


e0227942_21262199.jpg
デザートはティラミスを頼んだのに、なぜかシャーベットとの盛り合わせ。
サービス良すぎて驚くばかり。
値段もリーズナブルなので、お腹いっぱい食べたい若者にはちょうど良いかも。

ここは宇都宮から遠いけれど、こんにゃくパークやガトーフェスタハラダへ行かれる際は訪れてみてくださいね。

さて、この日の遠足の記事はこれでおしまいです。
ごちそうさまでした。


e0227942_21353467.jpg
営業時間 11:00~21:30(LO21:00) 月曜、第2火曜定休
群馬県高崎市下之城町177-9  TEL.027-323-7788


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2019-08-14 22:15 | 平日ランチ | Comments(0)
私は普段お菓子を食べないので、ガトーフェスタハラダと言われてもピンとこなかったのだけれど…。

e0227942_21165605.jpg
遠足の最後に訪れたこちらの工場の建物には圧倒されたわ。どこの神殿? 
この柱の形状は遠い昔、歴史の教科書に出ていたような。イオニア式?


e0227942_21194917.jpg
工場見学の受付を済ませると、試食用のラスクが手渡された。
あ!このラスク! 
一緒に行った皆さんは職場で良く配られるって言ってたけれど、職場のない私には縁のない話。
それでも、このラスクは見覚えがあるわ。


e0227942_21220623.jpg
工場内は撮影禁止の場所が多いので、確認しながら。
これは生ラスク。
ここでしか食べられないそうで、特製バゲットにシュガーソースを塗ってバーナーで焼いたもの。
コーヒーは無料で飲めるので有り難い。
このバゲットもこちらの工場で焼いているんですよ。


e0227942_21253822.jpg
こんなに沢山の商品があるのねと感心しながら見て歩く。
地域限定物や季節限定物もあって想像以上にバラエティに富んでいるわ。


e0227942_21272261.jpg
こちらの販売棟でお土産を買って帰りましょう。
コンニャクでヘルシーに抑えたのに、ここでカロリーオーバー。
「ワインのおつまみにぴったり」なんていうラスクを見たら、買わずにはいられないじゃない?
さて、遠足は家に着くまで。安全運転で帰りましょう。

ガトーフェスタハラダの公式サイトはこちら


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2019-07-08 22:00 | お出かけ・名所 | Comments(0)
ちょうど5年前、群馬県の富岡製糸場が世界遺産に登録されましたね。
登録されてからしばらくは訪れる人も格段に多くなり、凄く混雑していたようで。

e0227942_21572431.jpg
それから5年、周辺も随分整備され、訪れる人も落ち着いたのでは?
私は今回初めて訪れました。
この写真を撮っていたら、小さくて可愛らしいバスが目の前のバス停にとまりました。


e0227942_21585932.jpg
まちなか周遊観光バス。タイヤが8個? 不思議な形ね。 


e0227942_22022132.jpg
入場料を支払って、敷地内へ。
皆さん初めてなのでガイドツアーに参加することにしました。
その集合時間まで少し時間があったので、公開されている社宅を見学。


e0227942_22051566.jpg
先ほどの社宅の隣では繭をつくる蚕の展示や


e0227942_22060105.jpg
繭から手で糸をとる様子を見せていただきました。
この作業を見ていたおかげで工場見学の理解が深まったんですよ。


e0227942_22084323.jpg
ガイドツアー開始。
離れていても、ガイドさんの声が聞こえるようにイヤホンが渡されたので助かりました←写真を撮っていると、どうしても遅れがちになるので。


e0227942_22102946.jpg
こちらの棟は耐震工事が終わったばかりとか。
いつか内部が公開されることがあるのかしら?


e0227942_22125296.jpg
赤レンガの建物はレトロで美しい。
ガイドさんによると、当初はフランス式に組んでいたけれど、強度の問題で補修ではイギリス式で組むようになったとか。


e0227942_22151993.jpg
古い木造の建物は外から見るだけ。
内部も気になるけれど、大勢の人が入ったらあっという間に傷んでしまうでしょうし…。


e0227942_22170464.jpg
内部を見学できたのは繰糸所。
この広い空間を支える柱がないわと思っていたら、天井の構造で屋根を支えているそうで。
建築のことは私には全く分からないけれど、この三角の屋根組に意味があるのね。
そして、ここで先ほどの繭から生糸をつくる作業をしていたそうなんです。
あれを機械化するとこうなるのねぇと感慨深いわ。


e0227942_22220839.jpg
敷地内には学校も病院もあって、まるで一つの町のよう。

未だに遺跡を発掘している場所もあったり修繕している場所もあったりで、まだこれから変遷がありそう。
いつか内部も見学できるようになったら良いなぁ。


e0227942_22264313.jpg
そんなことを思いながら富岡製糸場を後にしました。

富岡製糸場の公式サイトはこちら


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2019-07-07 22:28 | お出かけ・名所 | Comments(0)
この日、息子の大学の役員を一緒にやった人たちと共に群馬県へ遠足に。
まず壬生のSAで待ち合わせ、佐野で待ち合せて。

e0227942_22125834.jpg
最初に目指したのはこんにゃくパーク。
「横川」の標識が出たので、軽井沢が近い?
さすがに平日の午前中のせいか人出は少ないわね。


e0227942_22161169.jpg
通路を歩きながら工場見学。
機械化が進んで本当に人が少ないので、こうして作業している人たちを見ると少し安心する。
ここもやがて全て機械化してしまうのかしら。


e0227942_22190270.jpg
見学の後は、こんにゃく製品の試食。
様々に調理されたこんにゃく料理が食べ放題なんですよ。
こんにゃくラーメン、こんにゃく焼きそば、こんにゃくカレー…


e0227942_22204172.jpg
そして、こんにゃくのサーモン、イクラ、マグロまで!


e0227942_22223262.jpg
少しずつ試食して、皆で感想を言い合う。
それぞれ取って来たものが違うので、その感想を参考にしながら


e0227942_22241602.jpg
お土産コーナーでお土産を購入。
面白そうなものをいくつか見繕ってみたので、後で食べるのが楽しみ~。


e0227942_22254931.jpg
ここは大きな足湯施設もあるし子供たちが遊べるところも充実しているので、休日には賑わうでしょうねぇ。
敷地内の農産物直売所は信じられないほどの安値なので、近かったら通ってしまうかも。

こんにゃくパークの公式サイトはこちら


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2019-07-06 22:32 | お出かけ・名所 | Comments(2)
e0227942_21293193.jpg
まるで春のような日差しの降り注ぐ日、写真の研究会のメンバーと群馬県館林市の多々良沼公園へ。
水面がキラキラして綺麗ね。


e0227942_21303498.jpg
桟橋で出会った野良猫。良い顔をしているわ。


e0227942_21313367.jpg
上空では、無数のカラスが渦を巻く。


e0227942_21321709.jpg
すぐそこの木に止まって獲物を狙うオオタカ。


e0227942_21333014.jpg
ハシブトガラスがカワウに追われている珍しい光景。
カラスって猛禽類にも攻撃しに行くのに、カワウには弱いのかしら。


e0227942_21344511.jpg
オオタカに狙われているせいか、ほんのちょっとの事でも一斉に飛び立つカモたち。


e0227942_21361279.jpg
さて、良い感じに太陽が傾いてきましたね。
それでもまだ位置が高いので設定はかなりアンダーに。


e0227942_21385950.jpg
太陽の前を通過するハクチョウを撮ると、まるでイラストのような色合い。
そして目がチカチカする…いくらサングラスをしていても目には悪いわ。


e0227942_21372389.jpg
すぐそこで、トンビが魚を捕まえた。


e0227942_21412057.jpg
設定を変えながら色々と撮ってみる。


e0227942_21422024.jpg
たった一回の撮影で良いものを撮るのは難しいかもしれないけれど、刻々と変わっていく空や沢山の野鳥たちに囲まれて幸せな一日だったわ。
また来年、ここに来られますように。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2019-02-20 22:08 | 鳥を愛でる | Comments(0)
e0227942_21211323.jpg
11月6日、写真の先生の特別撮影会が開催されたのでお手伝いで参加してきました。
群馬の吹割の滝へは、日光の金精道路を抜けて。


e0227942_21313228.jpg
金精道路から湯ノ湖方面を見る。霧に包まれて幻想的。


e0227942_21382560.jpg
さて、吹割の滝。
この日は雨が降っていたので足元に注意しながら歩く。
ここを訪れるのは初めてなので、この不思議な景観が興味深い。


e0227942_21423633.jpg
先ほどの滝を別の角度から。
左側に小さく人が写っているのが分かるでしょうか。
今は滝に近づけないようにポールが設置してあるけれど、以前は近づきすぎて落ちる人もいたそうで。


e0227942_21474577.jpg
滝の上流。雨のおかげで観光客も少な目。


e0227942_21545049.jpg
そして、雨のせいか参加者のうち2名のカメラが不調となってしまった。
そういう時は電源を入れてはいけませんよ。
家で充分乾かしてから電源を入れてみましょう。


e0227942_21573003.jpg
9月の台風の塩害で太平洋側の紅葉はイマイチという噂だけど、この辺りは大丈夫ね。


e0227942_21584909.jpg
雨のしずくでどこもかしこもキラキラ。


e0227942_21593235.jpg
帰り道、ところどころで車をとめて最後の撮影。


e0227942_22005922.jpg
道すがら、サルやシカにも出会えたし


e0227942_22013558.jpg
戦場ヶ原では一瞬焼けた空も見られたし、盛沢山な一日となったわ。
参加された皆さんもお疲れさまでした。
素敵な作品は撮れましたでしょうか。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2018-11-08 22:05 | お出かけ・名所 | Comments(2)
この日、本当は石橋のグリムの森へイルミネーション撮影の練習に行くはずだった・・・。
なのにまさかの閉園日。
かと言って、あしかがフラワーパークでは混みすぎてゆっくり撮影できなそうなので、思い切って向かったのは

e0227942_19160232.jpg
群馬県太田市の北部運動公園。
宇都宮からちょっと遠いけど、駐車場代500円で入場無料。
点灯される17:30より少し前に到着したので夕景を撮ったりしながらのんびり待つ。


e0227942_19201725.jpg
17:30ライトアップ。周囲から「わぁ」という歓声が聞こえてくる。
今回の課題は「灯りを使っていろいろ試す」
さて、うまく行くかしら。


e0227942_19265453.jpg
定番の流し撮り。


e0227942_19283401.jpg
宙玉を使って。


e0227942_19291507.jpg
友人からいただいたワイヤーライトを使って。
やはりこういう時は子供の手のほうが可愛らしい。


e0227942_19311128.jpg
ここから、自分で作ったフィルターを使って。この調節が意外に難しい。


e0227942_19322026.jpg
赤いハートは車のブレーキランプ。


e0227942_19331667.jpg
お城の周囲にハートを散らして。だんだんコツが分かってきたかも。


e0227942_19342630.jpg
この日は平日だったせいか訪れる人も少なくて、ゆっくりのんびりイルミネーションを堪能しました。
あしかがフラワーパークのような派手さはないけれど、撮影の練習をするにはぴったりね。

おおたイルミネーション2017の公式サイトはこちら


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2017-12-15 22:01 | お出かけ・名所 | Comments(0)
さて、奥日光から金精峠を抜けてたどり着いた丸沼高原。
寝不足でフラフラだったので、駐車場でしばし仮眠をとる。

e0227942_18405574.jpg
いつの間にか、随分と太陽が上がったわ。日差しは暖かいけれど吹く風は冷たい。
日光白根山ロープウエイに乗ろうとセンターハウスの向こう側に出たら


e0227942_18435083.jpg
たまたまサマースキー技術選手権大会が開催されていたので、ちょっと見学。
ポイントの獲得方法は分からないけれど、滑り降りてくる姿が格好良い。


e0227942_18492343.jpg
往復2000円の券を買ってロープウエイに乗る。
ロープウエイは全長約2500m、高低差約600m。
目の前にそびえるのは白根山。とても立派な山。
案内によると標高2578mで、これは関東以北で一番高い山なんですって。


e0227942_18515798.jpg
ロープウエイを降りたところには「天空の足湯」と名付けられた足湯施設があって


e0227942_18530037.jpg
景色を見ながらのんびりできる。
タオルを忘れてしまっても、自動販売機と売店で100円で売っているから大丈夫。
私も入りたかったな・・・タイツを履いてくるんじゃなかった。


e0227942_18550905.jpg
白根山とは反対側の景色。群馬の山々が眼下に広がる。


e0227942_18562815.jpg
広場で準備運動をするグループ。
そう。ここから更に上を目指して登山する人達も多い。


e0227942_18581015.jpg
登山口はこちら。
私たちは登らないけれど、無事に帰れるようにお参りしましょう。


e0227942_19004204.jpg
レストハウスでコーヒーブレイク。温かいコーヒーを飲んでまったり。
ふと目の前に見える白根山を望遠レンズで狙ってみたら


e0227942_19023184.jpg
稜線を人が登っているのが見えてびっくり!


e0227942_19055175.jpg
上の写真を少し拡大したのがこちら。あそこを登るの?


e0227942_19071067.jpg
さて、景色を堪能したしのんびりできたからそろそろ山を下りましょうか。


e0227942_19092045.jpg
帰りのほうが紅葉が良く見えるわ。


e0227942_19105028.jpg
この辺りももう少ししたら見事でしょうね。


e0227942_19113234.jpg
ロープウエイの窓から見えた丸沼。
帰りにあそこへ寄ろうと夫。運転してくれるなら構わないけれど・・・。


e0227942_19134621.jpg
で、立ち寄って良かった。とても不思議な光景ね。


e0227942_19183276.jpg
夜明け前から行動しているから一日が長いわ。
こんなに移動してもまだ12時。


e0227942_19210329.jpg
これで真っ直ぐ帰っていれば、下りのいろは坂の渋滞に巻き込まれないで済んだんですよ。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)





by vivian-style | 2016-10-12 22:19 | お出かけ・名所 | Comments(0)
e0227942_22471395.jpg
今月の写真クラブの撮影会は群馬県桐生市にある「ぐんま昆虫の森」の中の昆虫かんさつ館。
広大な敷地の入口近くにあるドーム状の建物が目指す場所。
外は冷たい風が吹いているけれど、ドームの中は暖かいから撮影も辛くないはず。


e0227942_22502914.jpg
平日なのでお客さんも殆どいない静かな館内。
聞く所によると、ボランティアさん達に支えられている施設だそう。


e0227942_22522610.jpg
緑の茂るドーム内は暖かくて快適。
気温が高いしちょっと湿度が高いので、冷えたレンズが曇って撮影にならないと困っているのは・・・先生でした。


e0227942_22555928.jpg
昆虫は好きなところに自由にいるので自分から探さないと見つからない。
葉っぱの影からこちらを覗いているチョウチョを発見。


e0227942_22580090.jpg
ちゃんと蜜も用意してあって、次々に蝶々がやって来る。


e0227942_23000804.jpg
こちらは仲良くお食事中。


e0227942_23013686.jpg
お昼近くなって気温が上がるにつれて蝶々が元気に飛び回るようになってきた。
・・・おかげで撮影の難易度が上がる。
飛んでる蝶々の目にピントを合わせるのは本当に難しいんです。
羽の形とか背景にも気を配らないといけないし。


e0227942_23034271.jpg
赤いブーツを履いたようなバッタ発見。沖縄のバッタだそう。
皆でわいわい撮影していたら、ここのスタッフさんに声を掛けていただいた。
良かったら育成室を見に来ないかと。
こんな機会はめったにないので、是非。


e0227942_23061498.jpg
こちらが育成室の入口。


e0227942_23072727.jpg
スリッパに履き替えて中へ。


e0227942_23081682.jpg
並べてくれているのは種類ごとの幼虫と蛹。
小さいけれど、種類ごとに蛹の色が全然違うのが分かるでしょうか?


e0227942_23095641.jpg
真岡の井頭公園にもある黄金の蛹。
右側の色が薄いのはまだ蛹に成り立てで、メタリックカラーに光っているのは日にちが経ったもの。
ここで教えていただいた蝶々の幼虫から成虫への変化は、私にとっては凄く驚きに満ちたもの。
虫ってエイリアンっぽいと写真を撮るたびに思っていたけど、やっぱりエイリアンだった。
思わず家に帰って家族に説明してしまうほどインパクトのある内容だったので、もし興味がありましたら是非調べてみてくださいね。


e0227942_23274207.jpg
今回も思うような写真が撮れないまま撮影会終了。
いつまで経っても上達しないのは何故なんでしょう。
2月の撮影会ではもう少し納得できるものが撮れたら良いのだけれど、更に難易度の高い被写体なのよね・・・。



e0227942_23211789.jpg
ぐんま昆虫の森
開園時間 9:30~17:00(冬季~16:30) 月曜休園
桐生市新里町鶴ヶ谷460-1  TEL.0277-74-6441
入園料 大人410円 高校・大学生200円 中学生以下無料
公式サイトはこちら

いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、できれば両方とも応援ポチお願いしますね。
  にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ

by vivian-style | 2015-01-15 23:36 | お出かけ・名所 | Comments(4)
ブログを初めてちょうど3年。
偶然とはいえ、震災直前からの記録がずっと残ることになって感慨深い。
この3年間、記事をアップできなかったのは震災と原発事故で疲弊していた1日だけ。
頑張って続けてこられたのは、読んでくださる皆さんがいてくれたおかげかも。本当にありがとうございます。

e0227942_23182614.jpg
4年目、最初の記事は群馬県の邑楽町(おうらまち)の多々良沼(たたらぬま)公園。
東北自動車道の館林ICから約30分くらい。
この公園はとっても広いので、事前にネットで調べてガバ沼と呼ばれるほうを目指した。
ハクチョウ、結構いるわね。午後3時くらいで太陽は後ろから。


e0227942_23233786.jpg
ハクチョウはいるのだけれど、このロープが残念。ハクチョウが遠いわ。


e0227942_23253360.jpg
見物客が減ったのを見計らって、カモたちがロープを越えてやって来る。


e0227942_23263475.jpg
穀物が落ちているのかな? みんな一心についばんでいる。


e0227942_23274326.jpg
で、目の前のカモに気を取られていたら、ハクチョウが飛び立った。あらら。


e0227942_23285609.jpg
ここでは毎日飛来数を記録しているのね。ずいぶんバラつきのある数字だわ。


e0227942_23303132.jpg
子供達の描いたハクチョウの絵が飾ってあったりして、ここのハクチョウは大切にされているのね。


e0227942_23315793.jpg
ガバ沼のハクチョウ達は飛ぶ気配もないし、仕方がないので帰ろうと多々良沼に沿った道を走っていたらハクチョウ発見。
こちらはロープがないので近づける。これはコブハクチョウ。
この位置だと夕日が逆光で入るから、もっと早くこちらに移動すれば良かったわ。

という訳で、これは次回のための覚書。太陽の位置はとっても大切。

ランキングに参加中。応援ポチお願いしますね~。
  にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 宇都宮情報へ

by vivian-style | 2014-02-03 23:46 | 鳥を愛でる | Comments(2)

誤解している人が多いので書いておきますが、このブログで収入は全く得ていません。むしろ毎月会費を支払っているんですよ。


by vivian