人気ブログランキング |

日々の贈り物(私の宇都宮生活)

aprodite.exblog.jp
ブログトップ
e0227942_21264515.jpg
京都での観光兼撮影を終え、夜ご飯を食べましょうと友人と訪れたのは河原町の路地裏にある楽酒ふらんせさん。
友人も私も初めての訪問だけれど、こちらのお店を選んだ決め手となったのは細い通路に打ち水がしてあったから。
それに、お品書きの価格もリーズナブルだったので。←ここ大切


e0227942_21293052.jpg
靴を脱いでカウンターへ。
この日は気温が上がって暑いくらいだったので、ビールで乾杯~!


e0227942_21395633.jpg
突き出しは万願寺トウガラシとジャコの炒め煮。
これだけでビールがいくらでも飲めてしまいそう。


e0227942_21421025.jpg
おつまみは全て二人でシェア。これは生姜たっぷりのイワシの梅干し煮。


e0227942_21440380.jpg
昔はフレンチをやっていたんですよと女将さん。
若い頃はどんなに美しかったろうと想像せずにはいられないほど今もなお美しい。
聞けば千葉県の木更津出身だそうで。


e0227942_21465713.jpg
そんな女将さんおすすめのだし巻き玉子は九条ネギと紅ショウガ入り。
紅ショウガと玉子がこんなに合うとは思わなかったので、今度家でも再現してみましょう。


e0227942_21492938.jpg
家庭的な味のポテトサラダと


e0227942_21520780.jpg
タコのぶつ切りで〆。
この日は珍しくずっとビールを飲んでいたので、それでお腹がいっぱいになってしまったわ。

さて、明日は宇都宮に戻らないといけないから名残惜しいけれど遅くなる前に帰りましょう。
ごちそうさまでした。

営業時間 11:00~14:00 17:30~21:00
京都市中京区河原町四条上がる2筋目東入  TEL.075-221-8661


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2019-04-27 22:06 | 夜ごはん | Comments(0)
この日は、写真のモデルを頼んだ友人と共に京都へ。

e0227942_22195594.jpg
写真のサイトで見つけた南禅寺の美しい光景をこの目で見たくて。
紅葉の季節には多くの人で賑わうこのお寺も、今なら比較的静か。


e0227942_22213059.jpg
紅葉の代わりに瑞々しい青モミジ。


e0227942_22223392.jpg
そして、ずっと行きたいと思っていた水路閣。
建築当初は不評だったようだけれど、月日が経って今では良い雰囲気。


e0227942_22241206.jpg
モミジとアーチ。レトロな雰囲気ね。


e0227942_22250790.jpg
そして撮りたかった写真。もっと時間をかけたかったな…それが心残り。

南禅寺の公式サイトはこちら


e0227942_22260070.jpg
南禅寺の次に向かったのは山縣有朋の別荘だった無鄰菴(むりんあん)


e0227942_22284445.jpg
立ち入ることのできる母屋と


e0227942_22294174.jpg
洋館。古い調度がそのまま展示されていて、栃木県の矢板市にある山縣有朋記念館を思い出したわ。


e0227942_22312995.jpg
この母屋からじっと庭園を見る人が多くて、癒しの空間。

無鄰菴の公式サイトはこちら


e0227942_22333215.jpg
この界隈で最後に向かったのはモミジで有名な永観堂。


e0227942_22343110.jpg
古いガラスに映る庭の景色。
紅葉したらきっと燃えるような色に染まるんでしょうね。


e0227942_22373327.jpg
壮観な青モミジ。これはこれで美しいと思いませんか?


e0227942_22383569.jpg
因みにこれがモミジの花。シベが小人の足みたいで愛らしい。


e0227942_22394429.jpg
お経を唱える声、鐘の音を聞きながら本堂の辺りを歩く。
厳かな気分。

永観堂の公式サイトはこちら

さて、バスで四条河原町へ戻りましょう。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2019-04-26 22:47 | お出かけ・名所 | Comments(0)
e0227942_22150499.jpg
二条城の近くの住宅地にある御金神社。
その名前の通り金運の神社らしく…もちろんお参りをしましたよ。金運は大切。


e0227942_22170047.jpg
で、向かったのはすぐ隣の閏(うるう)さん。
築100年の京町屋を改装したお店で、友人のおすすめ。


e0227942_22190897.jpg
早めの時間帯で席は選び放題だったので、2階の通りに面したソファ席を選択。
他のお客さんが来る前に写真を撮らせていただきましょう。


e0227942_22205166.jpg
建具は元の町屋のものを残しているのかしら。
床の間に飾られた花は生花だし花器もお洒落。
こういうところにお店の姿勢が出たりするのよね。


e0227942_22224383.jpg
最初はロゼワインで乾杯~!
本当に一日良く歩いて撮影したわ。友人のカメラはバッテリーがなくなってしまって途中でリタイア。
ミラーレスカメラはコンパクトな分、バッテリーが小さめだし液晶画面を多用するのでバッテリーの減りが早いのよね。


e0227942_22252098.jpg
前菜の盛り合わせ二人分。
お皿にぎっしり並ぶ盛り付けはある意味新鮮。


e0227942_22270768.jpg
ジェノベーゼのピザ。
ここのピザは生地を一度揚げてから焼いているのがウリだそうで、とってもクリスピー。


e0227942_22313303.jpg
ピザには赤ワイン。そして


e0227942_22321218.jpg
トリッパのトマト煮込み。ワインが進むわ~。


e0227942_22332852.jpg
最後にデザート盛り合わせを一つ頼んで二人でシェア。
こうすると少しずつ色々食べられて嬉しいのよね。


e0227942_22342419.jpg
〆はコーヒー。
ここは何を食べても美味しかったわ。ごちそうさまでした。

コーヒーで酔いを醒ましたら


e0227942_22345465.jpg
再び阪急電車で大阪へ戻ります。
さて、翌日も別の友人と京都へ行く予定。
どんな景色に出会えるのか楽しみだわ。

DINING+CAFE&BAR 閏 の公式サイトはこちら

いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2019-04-25 22:42 | 夜ごはん | Comments(0)
京都市動物園を後にして、桜の撮影をしましょうとバスで向かったのは世界遺産に登録されている仁和寺。

e0227942_15124522.jpg
ソメイヨシノが見ごろの頃の京都は激混みで大変だけれど、この頃(4月17日)になるとすっかり落ち着いて観光できるのでおススメ。
そして、遅咲きの御室(おむろ)桜が見ごろになるんですよ。


e0227942_15164307.jpg
縁結びを願うおみくじの向こうに見えるのが御室桜。


e0227942_15231242.jpg
平成と令和の節目という事で、今年初めて出現した展望台。


e0227942_15243056.jpg
これは展望台からの眺め。
もう少し高いと良いのかもしれないけれど、そうすると上り下りが大変かしらね。


e0227942_15262867.jpg
こんな風に低いところで広がって咲くので、桜の花に囲まれているよう。


e0227942_15280686.jpg
花をアップにするとこんなに上品で可愛らしいんですよ。


e0227942_15285521.jpg
風が吹くたびにはらはらと散って、さながら雪のよう。


e0227942_15295607.jpg
御室桜のトンネルを抜けて、しだれ桜の下で一休み。
こちらも花色が愛らしいわ。


e0227942_15311027.jpg
さて、友人は良い写真が撮れたかしら?
次はまたマチナカに戻りましょう。


e0227942_15331832.jpg
この時期の京都市内はさほど混雑していないので、路線バスでも快適に移動できます。
このバス一日券は230円区間の市バスと京都バスなら乗り放題。
スマホのGoogleナビに行き先を入れると市バスの番号と停留所と時間が表示されるので、移動がとってもラクでした。
京都市内のコンビニやバスの車内でも購入できますよ。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2019-04-24 22:52 | 花を愛でる | Comments(0)
e0227942_19511255.jpg
この日はカメラを買ったばかりの友人と京都市動物園へ。
動物園で撮影するにはちょっとしたコツが必要です。


e0227942_20290523.jpg
運良くトラがお食事中。
ここの給仕方法はよく考えられていて、あちこちに仕掛けられた小さい段ボールの箱の中に葉っぱに包まれたエサが隠れています。
箱を取るためにお客さんの方へ行き、箱を食い破り、葉っぱの中のエサを選り分ける。
こういう猛獣は頑丈な檻の中に入っているので、檻が気にならないように撮る必要があるんですよ。


e0227942_20350337.jpg
小型の猛禽、ハヤブサ。小型とは言え至近距離で見ると意外に大きい。
でもね、ハヤブサは自由に空を飛んでいる状態を撮りたいわ。
それはそれは速くてカッコいいんです。
ここに展示されている猛禽たちは怪我をして自然界に戻れなくなったコたちだそうで、それもちょっと切ない。


e0227942_20383960.jpg
ハヤブサの檻の近くで桜の蜜を吸うスズメ。
あなたはお気楽ね。


e0227942_20403159.jpg
この季節の動物園が楽しいのは、赤ちゃんが見られるから。
これはゴリラの赤ちゃん。
たまたま、お母さんが赤ちゃんを連れて見せに来てくれました。
ガラスの反射がちょっと邪魔だけれど、しっかり顔が見られてラッキー。


e0227942_20423128.jpg
こちらはマンドリルの親子。微笑ましいわね。


e0227942_20431241.jpg
チンパンジーの親子と若いチンパンジー。
何やら会話が聞こえてくるよう。


e0227942_20450605.jpg
どう見てもおじさん。どんなしぐさをしても、どこかで見たことのあるおじさん。


e0227942_20462522.jpg
こちらを向いてニヤリと笑うイグアナ。


e0227942_20471006.jpg
カメラを構えたら、羽を広げてくれたクジャク。


e0227942_20483872.jpg
デッキに上ると、キリンを上から見下ろすことができるのね。


e0227942_20494353.jpg
いろいろ気になって撮ったヤブイヌは、原始的なイヌ科の動物。


e0227942_20515239.jpg
ここは交通の便も良いしコンパクトで綺麗な動物園なので、ちょっと立ち寄るのに良いかも。
撮影の練習をするのにもぴったりね。

京都市動物園の公式サイトはこちら


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2019-04-23 22:05 | お出かけ・名所 | Comments(2)
e0227942_21384507.jpg
以前、大阪に住んでいた頃に同じマンションだった知り合いがカメラを始めたとのことで連れて行ってもらったのは鶴見緑地。
独学で写真を撮っていると言うので、簡単なレクチャーをしながらの撮影会。
それにしても天気が良すぎて光が強いわ。


e0227942_21420941.jpg
青空に続くネモフィラの青。
ところどころに咲くチューリップの黄色がアクセントになっているわね。


e0227942_21432400.jpg
記念撮影している人がいたので私も撮らせていただいた。
人形大好き! 家族に反対されるから、ウチにはたった一体の赤ちゃん人形しかいないけれど。


e0227942_21451265.jpg
ようやく主役を張れるネモフィラ発見。
地面に這いつくばって撮るので、知らない人が見たら怪しいかも。


e0227942_21464800.jpg
花が綺麗な状態を保っていられるのは、管理してくれている人たちのおかげ。
有り難いわね。


e0227942_21475787.jpg
この公園は広いので、歩きながら被写体を探していきましょう。


e0227942_21495248.jpg
不思議な光景。アオサギが人間にこんなに近寄っているし。
このすぐ近くで鳥撮りさん達が集まっていたので何を撮っているのかと思ったらエナガ団子!
しかも8羽!
フルサイズに100mmでは全然足りないわ。


e0227942_21533647.jpg
風が吹くたびに花びらが散っていく。桜ももう終わりね。


e0227942_21542287.jpg
帰ろうと空を見上げたら日暈(ハロ)が出ていたので撮っておく。
随分と長い時間この公園にいたわね。
少しは参考になったのなら良いのだけれど。

鶴見緑地公園の公式サイトはこちら


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2019-04-22 22:03 | 花を愛でる | Comments(0)
e0227942_21493649.jpg
この日の夕方、万博公園に入ろうとゲートのところまで行ったら、閉園17時、入園は16時半までと。
時刻は17時10分。
さて、どうしましょうと戻る途中に目に入ったのが


e0227942_21513107.jpg
エキスポシティに設置されている大観覧車!
そう言えば、一度も乗ったことがなかったわ。
(この写真は携帯で撮っているので画像が荒いです。カメラで撮るのを忘れてしまって…)


e0227942_21535142.jpg
乗車料金は1000円/名。
さすがに平日のこんな時間に乗る人もいないわ。


e0227942_21550538.jpg
傾いた太陽のおかげで良い影が伸びる。このまま太陽が雲に隠れませんように。


e0227942_21563068.jpg
この観覧車は一周約18分。
一番の特徴はこのシースルーの床かしら。高所恐怖症の人にはキツイかも。


e0227942_21581450.jpg
影は伸びているけれど…期待したようなものではないので諦めて周囲を見回す。


e0227942_21593128.jpg
さっき入れなかった万博公園を上から眺める。
この角度の万博公園は新鮮だわ。


e0227942_22003478.jpg
梅田の高層ビル群も良く見えるわね。


e0227942_22021118.jpg
ガンバ大阪のホーム、吹田スタジアム。
一人でも十分楽しかった約18分間。
後で娘に話したら冷たい目で見られたけれど、負けない。


e0227942_22033063.jpg
噴水の水煙が夕日に照らされて良い感じとシャッターを切った瞬間に、横から走ってきた中学生が目の前で見事に転んだ。
何だか不思議な写真になったので、記念にアップ。


e0227942_22121051.jpg
さて、少し冷えてきたからモノレールに乗って戻りましょう。
明日も良いお天気になりますように。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)



by vivian-style | 2019-04-21 22:14 | お出かけ・名所 | Comments(0)
大阪滞在3日目は雨。
湿った新緑の香りに包まれながら徒歩でエキスポシティへ。

e0227942_23210525.jpg
太陽の塔にご挨拶して


e0227942_23214866.jpg
目的のニフレル。
昔エキスポランドがあった場所だけど、綺麗に整備されて面影もないわね。


e0227942_23235558.jpg
平日で雨のせいか、訪れるお客さんも少なめ。
入館料金は大人1900円。
ここは7つのゾーンに分かれていて、それぞれ趣が異なって楽しめる。


e0227942_23262743.jpg
これは「いろにふれる」のゾーンのイソギンチャク。
暗いこともあって、水槽の中のモノを撮るのは思ったより難しい。


e0227942_23273746.jpg
「わざにふれる」のゾーンのドクターフィッシュの水槽に指を入れてみた。
くすぐったいわ~。
「指は一本だけですよ」って言われているのに、ついいっぱい入れてしまう人も。
外国人も多いから、多言語で注意しないとダメかも。


e0227942_23314072.jpg
「すがたにふれる」ゾーンでは更に照明を落として、造形としての生き物を観察する。
なので、悲しくなるくらい撮りにくい。


e0227942_23362624.jpg
ゾーン自体はこんなに美しいんですけれどね。
これでもカメラの設定でちょっと明るめにしてあるんですよ。


e0227942_23371623.jpg
宙に浮いた球体に様々な映像が浮かび、ずっと見ていたいくらい美しい。


e0227942_23392596.jpg
「みずべにふれる」では、水辺に棲む生き物が。
お昼寝中のカバや


e0227942_23404161.jpg
ご機嫌に歩き回るホワイトタイガーなど。

そして、今回こちらを訪れた最大の目的「うごきにふれる」ゾーンへ。


e0227942_23412684.jpg
広く開放的な空間。この空間が特別なのは・・・


e0227942_23434012.jpg
とにかく動物たちが自由なんですよ。
こんな大きなペリカンが通路に出てきてしまうと、人間のほうが避けなければならないし


e0227942_23443990.jpg
ちょっとよそ見しているとカピバラが傘に近寄って来るし


e0227942_23454441.jpg
観葉植物のプランターではフクロウが脚で穴を掘っているし


e0227942_23464772.jpg
いつの間にかオウギバトに囲まれてしまうし


e0227942_23475895.jpg
ペンギンを見物しているとワオキツネザルが乱入してくるし。


e0227942_23490207.jpg
このゾーンで椅子に座ってずっと動物たちを見ているだけで幸せ。
スタッフさんは大変かもしれないけれど。


e0227942_23513519.jpg
最後は「つながりにふれる」ゾーン。
大きなスクリーンに映し出される映像を見て終了。
途中で軽食をとったとは言え、実に5時間も!この施設に滞在していたわ。
こんな施設がウチの近くにあったら良いのになぁ。

ニフレルの公式サイトはこちら


e0227942_23584715.jpg
帰り道、ガンバ大阪のホームスタジアムをチェック。
このスタジアム建設に向けての様々を思い返すと感慨深いわ。
素敵なスタジアムが出来て本当に良かった。いつかここで観戦できますように。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-05-01 22:21 | お出かけ・名所 | Comments(2)
桜の季節の京都は凄く混んでいるので敬遠しがちだけれど、ソメイヨシノが終わった直後は凄く快適。
この日はとっても頼りになる友人と一緒に京都散策ツアー。(これは4月25日に訪れた時の記事です)

e0227942_18144832.jpg
まず最初は、関東の人には殆ど馴染みのない原谷苑。
ここは花の開花状況によって入苑料が変動する。ピーク時が1500円。私達が訪れたときが800円。
それでも辺りの空気が薄桃色に染まるほどのシダレ桜の競演で見事!


e0227942_18221416.jpg
この広く美しい庭園が、個人のものであるとは俄かに信じがたい。
当初は身内だけでお花見をしていたそうで、やがて評判となり桜・梅・紅葉のシーズン中だけ一般公開しているとか。
因みに梅と紅葉のシーズンは無料だそう。


e0227942_18255197.jpg
駐車場がないし駅からもちょっと遠いのでアクセスはあまり良くないけれど、鳥のさえずりを聞きながら夢のような庭園を歩いていると心が軽くなるような。
観光客も殆どいないただただ静かで美しい場所。

因みに私たちは阪急西院駅からタクシーで訪れました。

原谷苑
京都市北区大北山原谷乾町36  TEL.075-461-2924
開苑時間 9:00~17:00(受付~16:30)


e0227942_18325727.jpg
原谷苑を後にして向かうのは仁和寺。
舗装された約2kmほどの山道を歩く。新緑が気持ちいい。写真は桜だけれども。


e0227942_18362937.jpg
ようやくたどり着いた世界遺産の仁和寺(にんなじ)の東門。


e0227942_18432864.jpg
中はこんなに広い~! 全部はまわりきれないからポイントだけ。


e0227942_18494111.jpg
重要文化財の五重塔は、上層から下層にかけて幅にあまり差が見られない姿が特徴だそう。


e0227942_18513082.jpg
国宝の金堂。
慶長年間造営の御所内裏紫宸殿を寛永年間に移築。
宮殿建築を伝える貴重な建築物だとか。


e0227942_18545487.jpg
これは通称「泣き桜」
京都の春の終わりを彩る遅咲きの桜で、御室桜の中で最後に咲くと案内にある。
しかも、この桜は仁和寺以外では育てられてなく境内にもこの一本しかない珍しい桜と。
そう言われて見れば、どこか儚く一層美しいものに見えてくる。
実際、この枝ぶりは珍しいし花も上品で愛らしい。


e0227942_19001320.jpg
最後に重要文化財の二王門。


e0227942_19021130.jpg
こちらは門の中で睨みを利かせる吽。


e0227942_19042101.jpg
無人の御室仁和寺駅から嵐山へ。
切符はどうするのかと思ったら、均一料金なので乗換えで降りる時に支払うシステム。


e0227942_19070223.jpg
あらぁ・・・嵐電の嵐山駅が随分と変わっていてびっくり! この円柱のライトは?
「キモノフォレスト」という600本の京友禅の光林だそう。


e0227942_19095700.jpg
とりあえず、渡月橋を渡りながらこの景色を見て公園で一休み。


e0227942_19115264.jpg
再び橋を渡って周辺を散策。どこへ行っても緑が綺麗~。そして観光客は少ない。


e0227942_19133418.jpg
有名な竹林を通り抜け


e0227942_19141601.jpg
何となくレトロな町並みを歩き


e0227942_19151522.jpg
途中、稲の絶品黒本わらび餅に舌鼓を打ち


e0227942_19175458.jpg
夕方の嵐電嵐山駅をチェックして大阪へ戻る。
この日、実に13kmも歩いていましたよ。さすがにちょっと足が棒。

ソメイヨシノは終わっていたけれど、八重桜や遅咲きの桜はまだまだ綺麗だったので、新緑も楽しめるこの時期がベストなんじゃないかと思うくらい。
観光客も少ないし。←ここ大切。


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-04-30 22:04 | お出かけ・名所 | Comments(0)
e0227942_00530934.jpg
大阪初日に友人とランチをしようと訪れたのは、私のお気に入りのビル(ハービスエント)のオービカさん。


e0227942_00550461.jpg
他のお客さんが入る前に店内の写真を撮らせてもらいましょう。
昼間なのに雰囲気はまるで夜ね。


e0227942_00562171.jpg
椅子に荷物を置いたら、布をかぶせてくれた。
荷物に布をかぶせるお店は(私は)初めてだけれど、友人によると大阪には何軒かあるらしい。
1.見栄えのため
2.防犯のため
3.汚れ防止のため
・・・本当の理由はどれかしら?


e0227942_00592257.jpg
藁で燻製にした水牛モッツァレラ40gとベビーリーフサラダ。
元々水牛モッツァレラがお気に入りなんだけど、スモークすると一層旨味が引き立つ感じ。
こんなに贅沢に食べられて幸せだわ。


e0227942_01032567.jpg
生ハムペーストにキノコとほうれん草のピザ。
友人とシェアしようとピザとラザニアをそれぞれ頼んだら、スタッフさんが「シェアされますか?」と聞いてくれて、ちゃんと時間差で用意してくれて。
ここのホール担当のスタッフさんは目配りと気配りが素晴らしい。なかなかできることじゃないわ。


e0227942_01064848.jpg
生地はクリスピータイプ。
ピザって、一人で一枚は飽きてしまいそうだけれど、二人でシェアならちょうどいいかも。冷めないし。


e0227942_01085487.jpg
熱々のトラディショナルラザニア。
ミートソースと、ここにも入っている水牛モッツァレラ。


e0227942_01105129.jpg
デザートはパンナコッタと、マグカップにたっぷり入ったコーヒー。
満足なランチタイムだったわ。ごちそうさまでした。


e0227942_01173136.jpg
営業時間 11:00~15:00 17:00~23:00
大阪市北区梅田2-2-22 ハービスPLAZAENT5F  TEL.06-4796-6411


いつも読んでくださってありがとうございます。
励みになっておりますので、応援ポチお願いしますね。


よろしかったら、こちらもポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


by vivian-style | 2017-04-29 22:18 | 平日ランチ | Comments(0)

誤解している人が多いので書いておきますが、このブログで収入は全く得ていません。むしろ毎月会費を支払っているんですよ。


by vivian